ホームニュースパンの森とは野菜の通信販売直売所イベント情報ウェブログフォトギャラリーリンク

 
 
 
  panの森の最新ニュースをお知らせします。
 

>>
過去のニュース  
 

 
 
 
 
2010/10/26

 今年4本目のライブを締めくくってくれるのは、なんとこのお二人の共演・競演・響演・叫演・狂演となりました。

 山口 洋は7月に続き今年2回目の来函。おおはた雄一は「想苑」初登場。

 ツアータイトル「とつぜん、二人で北にいきたくなったのだ」。そのまんまやんってツッコミはなしで、山形・弘前・函館、3箇所のみの公演です。

 約一回り世代の違うソングライターがどう響きあうのか?超絶ギターの二人は何処まで昇りつめるのか?「光を描く人」と「光に焦がれる人」は何を奏でるのか?

 音楽の奇跡?そんなもんあるん?と思われる方、どうぞ「たかが空気の振動」が奏でる奇跡を目撃して下さい。アナタの心臓と股間を直撃しますぜ。


山口 洋(HEATWAVE)×おおはた雄一
       「とつぜん二人で、北に行きたくなったのだ」

2010/12/26(日)函館・喫茶「想苑」
 (函館市青柳町3-15 0138-23-3763)

 Open/18:00 Start/19:00
 Adv/Door ¥3,500(+1drink ¥500)

Info:チケットメール予約 pan-farm@nifty.com
panの森: http://panwithin-farm.com
 (お申込みメールには、お名前枚数連絡先 をご記入下さい)


【おおはた雄一:profile】
 1975年茨城県生まれ
 ブルースやフォークミュージックをルーツとするシンガー/ソングライター、ギタリスト。
 2004年、1stアルバムを発表。代表曲「おだやかな暮らし」は、クラムボンや坂本美雨など多くのアーティストにカウ゛ァーされている。自身の活動に加え、映画音楽(’09「女の子ものがたり」)、プロデュース(ともさかりえ)や楽曲提供(原田郁子、持田香織など)、CM音楽(JR企業CFなど)で多くの作品に参加。2010年、盟友ジェシー・ハリス&リチャード・ジュリアンとの共同制作のアルバム『光を描く人』(コロムビア)を発表。夏にはSUMMER SONIC 2010への出演や、ユニット『オオハタハラダナガヅミ』としてRISING SUN ROCK FESにも出演。日本各地、そしてニューヨーク、ソウルへとライヴの場もますます広がっている。

   おおはた雄一 official web site → こちらから


【山口 洋(HEATWAVE):profile】
 1979年福岡にて、HEATWAVE結成。
 数枚の自主制作盤を経て、90年『柱』でEPICソニーよりデビュー。以後、EPICソニーで5枚、96年移籍したポリドールで3枚のアルバムをリリース。2001年にはベストアルバム『LONG LONG WAY』(ポリドール)、5枚組ライヴアルバム『NO REGRETS』をリリースする。 幾度かのメンバーチェンジを経て、2003年、現メンバーが集い、現在はオリジナルメンバーの山口洋と渡辺圭一(浅井健一率いるJUDEのメンバーとしても活躍)、国内外のテクノ/アンビエントシーンでも注目を集める細海魚、伝説のバンド“ルースターズ”のオリジナルメンバーであり、ROCK'N'ROLL GYPSIESなど多岐に活躍している池畑潤二の4人で活動中。
 2004年、5年ぶりのオリジナルアルバム『LONG WAY FOR NOTHING』をリリース。そして、超先行予約販売によってアルバム制作を進める画期的なシステムを導入した「2006 NEW ALBUM PROJECT」。このプロジェクトにより生み出された渾身のニューアルバム『land of music』を2007年の幕開け共にリリース。
 阿蘇の山中でレコーディングされた初のソロ・アコースティックアルバム「made in ASO」、宮城県白石市にあるcafe miltonで行なわれた「Live at cafe milton」など、ソロとしての作品も発表。市井の人々の生活に光を当てたソングライティングと人間への深い眼差し、そしてその比類なきギタープレイから生み出される楽曲の数々は世代やジャンルを超えた多くのミュージシャンからも絶大なる支持を集めている。ドロレス・ケーン、ドーナル・ラニー、シャロン・シャノン、キーラ、リアム・オ・メンリなどアイルランドを代表するミュージシャンとの共演も数多い。
 昨年はバンド結成30周年、今年はデビュー20周年を迎え、EPIC SONY時代のアルバムがリマスタリングされ、BOX SETとしてもリリースされた。

   HEATWAVE official web site → こちらから

 
 
 
 
 
 
 
2010/10/19

         『 tombolo の オープンサンドと野菜の日 』
             別冊:カボチャ地獄day


 好評につき、今月2回目の開催です。

 今回は「別冊:カボチャ地獄day」と称して、カボチャのスープなどを使ったプレートにするそうです。

 また、現在「オーガニックケルプ」で思案されている、ウチのカボチャと函館椴法華産の海水塩、海藻などを練りこんだ「カボチャのディップ」が、この日解禁・発売予定です。こちらも是非お楽しみに。

 お店はカフェスペースも併設しているので、当日は通常のパンの販売のほか、店内でのお召し上がりも出来ますので気軽に遊びに来て下さい。


日時: 2010 / 10 / 31 (日) 10:00 〜 雨天決行
場所: 天然酵母パン 「tombolo」
tombolo web site ← こちらから

 
 
 
 
 
 
 
2010/10/04

           函館元町 「工芸舎」 の 「食芸市」

   2010/10/09(土) 11:00 〜 (売り切れ次第終了、雨天決行)

 今年から月 2 回の開催となった元町 「工芸舎」 での 「食芸市」も今月で最後となります。それぞれの事情でなかなか参加出来なかった「おぐに牧場」も「山田農場チーズ工房」もこの日はやってきます。肉もチーズも食えますよー。

 もちろん「tomboro」のパンも「オーガニックケルプ」も、ついでにウチも行きます。秋の味覚を是非どうぞ。

 
 
 
 
 
 
 
2010/10/04

        『 tombolo の オープンサンドと野菜の日 』

 先月から互いの単なる「思いつき」で始めた「tombolo のオープンサンドと野菜の日」。沢山のお客さんに来ていただいて、大好評でした。

 野菜の出回る時期に毎月やろうということで、今月もやります。

 オープンサンドってなんじゃらほい?と言う方に簡単に説明すると、その場で切り分けたパンに色々な食材をササッと乗せて気軽に食べる「ライブ感」のある食べ方でございます。

 元町にある「天然酵母パン tombolo」さんで毎月「パンと野菜」を一緒に販売することになりました。

 お店はカフェスペースも併設しているので、当日は通常のパンの販売のほかに季節の野菜を使った「オープンサンド」が食べれます。歩きながらも食れるので、元町散策がてら是非遊びに来て下さい。

 今回のメニューはまだ僕も聞いてませんが、季節感を出していこうと言うことなので「サツマイモ」や「カボチャ」「ニンジン」などを使ったものが期待できそうです。


日時: 2010/10/11 (祝・月) 10:00 〜 雨天決行
場所: 天然酵母パン 「tombolo」
tombolo web site ← こちらから