calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

days

DSC06275 (640x480).jpg
例によって、日の出とともにご出勤。

DSC06293 (640x480).jpg
留寿都~喜茂別~中山峠~定山渓経由で札幌国際へ。

DSC06295 (640x480).jpg
ナント高校生以来、石狩湾を望む絶景なり。本日も膝パウいただきました。

DSC06270 (640x480).jpg
もはや恒例、お外で自炊ランチ。本日もマイナス15度なり。




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

DSC06278 (640x480).jpg
貧乏な日本人はまるで相手にされていない感maxのニセコには宿泊せず

DSC06279 (640x480).jpg
夜明けと共に宿を出ます

DSC06288 (640x480).jpg
小1時間の雪道ドライブ

DSC06289 (640x480).jpg
貧乏だが、ガッツはある。連日山には一番乗り

DSC06291 (640x480).jpg
ルスツ(漢字で書くと留寿都)アゲイン

DSC06272 (640x480).jpg
40センチほどの降雪で山はリセット、deep powder again!

DSC06273 (640x480).jpg
本日も外で自炊ランチ、言うまでもなくそんなバカは誰一人いない。しかしカップラーメンがこれほど旨かったとは、、、得難い経験







comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

DSC06260 (640x480).jpg

DSC06262 (640x480).jpg
go to RUSUTSU

DSC06266 (640x480).jpg

DSC06265 (640x480).jpg
deep powder day

DSC06267 (640x480).jpg
何を血迷ったか?

DSC06297 (640x480).jpg
マイナス15度の極寒の地で、外で自炊。そんなアホは誰一人いなかった。










comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

北海道らしい、寒波な毎日。

今年の営農計画、種の発注、そんでもってマテリアルのメンテナンスをして、1週間の冬山雪中訓練へ。

今回は何も決めず、ニセコ、キロロ、ルスツ、札幌国際周辺を、その日の気分・山のコンディションで決めて行こうと。

何にせよ、期間中は寒波真っ只中。

色々、鍛えてもらいます。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

オレって、人より10年遅いんじゃなかろうか?

これまでも、そんな風に思ったことが何度かある。

昨年、丸々一年かけて体で覚えたこと、それは「自分以外の人間は紛れもなく全員他人である」ということ。

そのことを実感として、何人かの人々に伝えると、ほぼ全員に失笑された。

そしてほぼ全員がこういうのだ、「まあまあ、みんなそれぞれ、色々考え方とかあるし」と。

あのねー、俺だってそれぞれ、色々ある、そのくらいのことは「頭」では理解しとるちゅーの。

オレが言いたいのはさー、「まあまあ、みんなそれぞれ、色々考え方とかあるし」と言ってのける、そんな「アナタ」自身の考えはどないやねん?一度も、その言葉も態度も聞いてないし、見たことないよ、オレは。

自分は「決して」返り血を浴びない安全な場所から、薄っぺらで安易な「受容」や他者への「理解」を示すかのようなその態度、それってただその場をうまくやり過ごすだけで、何も生まないじゃん。ただ単に、本能的自己防衛じゃないの?ってことが、どうにもこうにもオレには理解不能だったのだ。

我々大人たちの、そのような態度の拡大再生産で、今ある世界は今あるようでしかない。

しかし、ようやく理解できたような気がするよ、そのような人間もいるのだということを、体で。

かようにそのような人間は、自分自身に都合が悪いことが起こると、とことん尻尾を巻いて逃げ回るってことも。

今年で40代も最後。まだまだ知らない未経験なことばかり、いいことばかりではないが、人生は楽しいねー。

で、こちらもあまりに遅すぎた佐野元春ファン。脳天直撃の最新作から、遡りながら購入しております。彼の音楽は10代の頃から当然身近にはあったけど、何故か心の深い琴線には触れなかったのです。40代最後にひょんなことから最新作「blood moon」が目の前に現れ、ぜーんぶ持っていかれました。





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223