calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

「MY LIFE IS MY MESSAGE」@函館#8

市内及び近郊に定期で配達している「季節の野菜delivery」。

今年も7月下旬位から開始の予定です。

システム的には昨年と殆ど変わりなく行なう予定ですが、詳細は決まり次第アナウンスいたします。

まだ野菜の種類は少ないですが、欲しいというお宅には個別に配達しておりますのご遠慮なくお問合せ下さい。

毎年言ってるけど、アンタの野菜が食いたいという方には、例え葉っぱ一枚でもお届けします。

6/30の「MY LIFE IS MY MESSAGE」@函館。

日々に忙殺されているオレを見かねたのか、ソウルメイトの木下某が、明日地元のFMに出演して(14:00くらいらしい)プロモーションしてくれるのだと。

「何かこれだけは言っておいたほうがいいってことある?」とメールが来たけど、オレは別にないよと。

奴は奴なりに山口洋のパッションとプロジェクトの趣旨を理解し、奴の言葉で伝えてくれればそれでいい、というかそれが大事。

まったく、土曜の夜にワインバーを閉めてまで来てくれるちゅーのは、単なる音楽バカを通り越した本物のバカの成せる技としか言いようがなく。

さらに、昨年札幌に転勤した炎の新聞記者K女史は、遥々津軽海峡を渡り自腹で当の本人に取材に行った模様。

近々、全道版に掲載されるとか。

誰も何も言わなくても、誰かの発する情熱はこうして勝手に伝染していくのでした。感謝max。

PS:我々有志で作った支援グッズ、「海藻ふりかけ~マシュルームといなきび風味~」。

おかげさまで、売れ行き好調でございます。

我が家では採りたてのカブをスライスして、オリーブオイルとこのふりかけを和えます。

絶品極まり。

引き続きどうぞ夜露死苦!

MLMMfurikake.jpg

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

「MY LIFE IS MY MESSAGE」@函館#7

一ヶ月近くかかって、ようやく植え付け作業も残り僅か。

全く何処まで根(魂)詰めれば気が済むのかちゅーくらいに詰めました。

いや、本当に。

まだまだ行けるぜ、オレ。

これで雨が多かろうが、低温だろうが、台風でやられようが、鹿に荒らされようが、そりゃがっかりはするだろうけど、何の悔いもない。

レタスに続き、カブ、ルッコラ、ラディシュなどなど収穫中。

どうぞよろしく。

引き続き、6/30の「MY LIFE IS MY MESSAGE」@函館。

下の図は、出来の悪い弟分の「Pazar Bazar」店主が作成して送ってくれました。

ちなみに我が家は、函館空港のすぐそば。

Flash44.jpg

Flash55.jpg

相馬市、或いは南相馬市という場所が、福島第一原発からどのような距離にあるのか、そして対岸に大間原発の問題を抱える我々函館市民にとって、それがどのような場所に位置するのか視覚的に捉えることができます。

つまり、南相馬市から来てくれる2人は僕らと同じ場所に住んでいると考えるのは少々飛躍した考えでしょうか?

相馬、南相馬といっても、それぞれの場所でそれぞれ全く異なる事情があるようです。

それらいくつもの要因で、街やコミュニティは分断され、場合によっては家族がズタズタに引き裂かれ崩壊したりするそうです。

メディアを介してでしか見聞きすることの出来ない僕は、「被災地」とか「福島」という大きなくくりで全体像を把握して、「わかったつもり」になってしまいがちです。

「森」全体を見渡すと、1本の「木」を見失いがちです。

逆に1本の「木」を深く見つめることで、「森」全体を把握する、或いはイマジンするということも可能です。

多分、両方の視点が必要なのだと思います。

そして、出来る限り頭でっかちな「知識」ではなく、五感を通じた自らの「経験」に基づいた視点が求められているのだと思います。

例えば今回、南相馬から来てくれるお2人は、それぞれ一本の「木」です。

原発や瓦礫の受け入れの是非に関しても、メディアなどを通じて得た「知識」などで、すでにそれぞれ自分の中では答えが決まっているとい人もたくさんいると思いますが、この1本の「木」を見つめるという眼差しを持つのと持たないのとでは、何かが決定的に違うと思うのです。

昨年12月に、たった2日間相馬を訪れた時に僕が一番感じたのはそのことでした。

6/30日は、直接現地に足を運ぶことが出来ず、それでも僕らが生きているこの世界をもっとマシなもにしたいという人達の一端を担う機会になればと思っています。

PS:我々有志による支援グッズ「海藻ふりかけ~マッシュルームといなきび風味~」、週末からの販売にもかかわらず、既に僕が把握しているだけで50個程度売れているそうです。感謝max。北海道一のダメ男、通称「札幌ジーパンセンター」ボタニカルガーデンでも取り扱いを始めたそうです。最近、ヤツのお店は移転して、名前も「アントニオ猪木」みたいな名前になったそうです。年に数回、僕も店主に任せて洋服を購入します。僕のファションに意義申し立てがある場合は直接ヤツに言ってください。linkから覗いてみてちょ。

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

日々、振り幅激しく激烈で、言いたかないけど時間が足りんのです。

鍛えられるけど。

先ほど、いつもプチマルシェをやらせてもらっている「tombolo」の隣にある高級お蕎麦屋さん「久留葉」のご主人に「ちょっと話があるから来てくれ」と呼び出されました。

ご主人は身長180cmはあろうかという巨体で、しかもスキンヘッドで、その眼光はサバンナの肉食動物のように鋭く、街ですれ違ったならこのオレでも間違いなく避けて通りそうな風貌をしております。

何か筋の通らない屁理屈でも言おうもんなら、即座にブチのめされそうな、、、。

店に到着して「まあ、あがって」と奥の個室に通され二人きり。

人に威圧感は与えても、人から与えれれることはめっぽう少なくなったオレが、久しぶりにケツの穴を閉めて臨んだのです。

「ところでさ、無理を承知で頼みたいことがあるんだけど」と言って語られたその言葉。

即座にオレは自分の畑の面積とか栽培能力とかその他もろもろの理由が頭をよぎったけれど、100%オレのことを信頼してくれて突きつけられたその難題に、いかなる自己都合の理由をつけても「NO」と言う訳にはいかず、「やらせて頂きます」と。

言ったからにはやるしかない訳で、でもこんなふうに信頼されて突きつけられてるということで、まだ見ぬ景色を見ることが出来るんだろうと。

たくさん色んなお話をさせてもらったけれど、互いに共感できることがたくさんあって嬉しかったワン。

って、そのハードルは相当高いんだけど。

でも俄然、燃えてきたぜー。

さ、晩メシを食って雑務に取り掛かって寝るぞーといきたいところだけど、先ほど埼玉にある入間のミュージックカフェ「SO-SO」の酒井さんから電話が鳴って、「今、フェリー乗ってるんすよー、ジョンB一行で明日札幌なんですが、今晩函館泊なので会いましょう」と。

もちろん行きますとも、例え明日が5時起きで、今晩が何時になろうとも。

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

「MY LIFE IS MY MESSAGE」@函館#6

ドジョウの首相であれ、誰であれ、結局のところ僕を突き動かすのは「人」の発するヴァイブレーションな訳で。

今日も、それらいくつものヴァイブレーションに突き動かされ、地味な作業をモーレツにこなした。

家族以外に、そのあまりに馬鹿げた徹底振りを見られていないというのが何よりの救い。ブツブツと独り言を言いながら、「まったくこんなこと、バカじゃ出来ねーけど、バカじゃなきゃ出来ねーぜ」と言ったら、何故か当社婦人部はえらく感銘を受けていた。要はそれって、全員バカってことだろ。

果たしてそれが、野菜の出来や収量にどう反映されるのかはわからない。そこまでやらんでも、結果はたいして変わらないのかもしれないが、そう思った瞬間に全ての芯がブレてしまう。

メシを食う時間もままならずヘロヘロになっているところに、昨日も差し入れを、そして今晩も先ほど帰宅したら玄関先に「ククム」から極上の賄い料理が置いてあった。感涙。

「ククム」のメシは、僕が今まで口にした料理の中では、断トツに一番旨いと断言する。

店の成り立ちから料理、ホスピタリティーに至るお店の全てに、必然性と本質がさりげなくあるべき場所にあるところ。

パティ・スミス好きの娘さんと、ターシャ・チューダ似のお母さん。

いつもありがとーワン。

さて、今日も6/30「MY LIFE IS MY MESSAGE」@函館に関するもろもろ。

仲間の一人が、また主体的に考え行動してくれました。

僕ら生産者にだって出来ることはあるはず、行動で示しながら継続的にやっていきましょうということで、「オーガニックェルプ」の吉川隊長が入魂の商品開発。

そんなこんなで出来たものがこれ。

MLMMfurikake.jpg

「海藻ふりかけ」~マッシュルームといなきび風味~ ¥500

函館の海藻3種類にマッシュルームといなきびをプラス。
北海道産の素材だけで作ったやさしい味わいの無添加・無化学調味料のふりかけです。
毎日の食卓やお弁当などでご飯にふりかけて食べるのはもちろん、お茶漬、浅漬けの隠し味、マヨネーズに混ぜて、タルタルソース風にしてフライや温野菜を食べたり、クリームパスタなどにお使いいただけます。

本品の売上のうち製造にかかる必要最低経費を差し引いた金額は、HEATWAVEの山口洋氏をはじめとして多くの賛同者で運営されているプロジェクト「MY LIFE IS MY MESSAGE」における被災地・福島県相馬市の復興支援のために役立てられます。

原材料表示
■名 称:ふりかけ(海藻加工品)
■原材料名:海水塩、マコンブ、フノリ、ガゴメ(いずれも函館産)、マッシュルーム(帯広産)、いなきび(東川産)
■内容量:欄外記載 
■賞味期限:欄外記載
■保存方法:高温多湿を避けて保存
※開封後はお早めにお召し上がりください。
■製造者名:合同会社オーガニックケルプ
北海道函館市桔梗5ー5ー21TEL0138ー86ー5585
※本品はさまざまな粒度の素材をブレンドしていますので、
よく振ってからお召し上がりください。

6/30のライブ会場でももちろん販売しますが、プロジェクトの趣旨や商品に賛同していただけるいくつかのお店でも販売開始しています。ラベルは札幌版と函館版があるそうです。

現在の取扱店は下記の通り。
【函館】
・Pazar Bazar
・天然酵母パンtombolo
・元町「工芸舎」
・cafe&B&B「ククム」
・オーガニックケルプ(函館)
【札幌】
・串焼・酒肴 晴れる屋
札幌市中央区南3条西1丁目7-3 パーキングとわビル3F

これからまだ増えていきそうなので、随時紹介します。

これからの季節は、「オーガニックケルプ」の海藻や函館椴法華産釜焚き海水塩をベースに、ウチの野菜や信用のおける道産品の食材を使用して、様々な加工品をリリースしていく予定です。

もちろんこれらも、販売価格から製造にかかるコストを引いた分を「MY LIFE IS MY MESSAGE」へ託す予定。

プロジェクトの趣旨や僕らの商品に賛同してお取り扱いしていただけるところがあれば、ご連絡を。業種は問いません。僕らはもちろん、取り扱い店舗においても儲けはありませんので、あしからず。

今日もまたモーレツだったのは、ドジョウだけでなく、こういう人の行動に突き動かされたからに他ならず。

重ねてありがとーワン。

どうでもいいけど、北海道産のマッシュルームがあるなんて知らなかったよ。

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

「MY LIFE IS MY MESSAGE」@函館#5

6/30の「MY LIFE IS MY MESSAGE」@函館。

このプロジェクトの趣旨やそこに向かう僕らのスタンスを、仲間の生産者や飲食店に投げかけ、それぞれ主体的に出来ることを考えてもらう。

結果、殆どの生産者がほぼ無償で食材を提供してくれたり、当日は土曜日という飲食店にとっては店を閉める理由など何処にもないにもかかわらず、現場に足を運んで汗を流してくれる。

中には当初参加を表明してが、退散していく人たちもいた。

理由は簡単。

イベントの趣旨を主体的に考えることなく、ただ何かを言われるの待ち、自分の現場と損得勘定を天秤に掛けた瞬間、そういうことになる。

昨夜もそんな一件があったけれど、僕は落胆も何もない。

人は人それぞれ。こうして人に投げかけてみることでしか、人の考えや気持ちや理解や尊重は生まれない。

昨夜は大人気ない言い合いもした。僕の本意が何処まで伝わったかは不明だけれど、僕が言いたかったことはただひとつ。

バケツに溜まった水がすぐに腐り始めるように、どんな素晴らしい理念や信念も、それを循環させて流さなければ腐敗する。

川の如く支流や本流と交わりながら、いつしか海へ流れ着く事を想像すること。そして、自分が開かなければ何も生まれないこと。

このクソ忙しい時期に参加を表明してくれる生産者や飲食店は、自分の現場をおろそかにしたり、放棄してくるのではない。

僕の知る限り、彼らは日々全力で自分の現場に精魂を注ぎ込み、どう見ても許容量を遥かに越えていて、金銭的な余裕も時間もないと推測する(失礼)。

それでも参加を表明するということは、彼らはそれぞれにこの世の中をもっとマシなものにするためには、まだまだ自分に出来ることがあるはずだという、ニンゲンとしての仕事があるという思いからだろう。

人の想いや行動を受け止め、それを誰かに強制される事もなくなく主体的に考え行動する。

自らのハードルを上げると言うことは、こういう人とのかかわりの中で有機的に循環していくということ。

「MY LIFE IS MY MESSAGE」というプロジェクトは、そういうことなんだろうと僕は勝手に理解している。

3.11以降、僕のなかで一番大きく変わったことと言えば、自分の現場で全力で最善を尽くす、それは当たり前にやるということ。そして、それをいかなる理由や言い訳にもせず、全力で物事に取り組んでいる人に少しでも力を貸し、シフトすること。

言葉にするほど簡単じゃないことは、そうする度に心がポキポキ折れることが証明済みだけど、未来を創造するにはそれしかないだろうと。

メシもままならず、睡眠と排泄以外に激しく動き回るオレに、妻が一言「こんなに忙しい人っているんだろうか?」と。

そりゃ、たくさんいるだろう。たくさん知ってるし。オレの場合は、性分と要領の悪さが主な原因なんだけど、南相馬から送られてくる彼らの現状を知る度に、こうして日々パソコンに向かい、拙い文章を書く時間があるだけマシってもんだと思う。

昨夜もそんなこんなで遅くに帰宅して、ドジョウの首相の会見を見る。

メディアを通して僕の中で勝手に培われたこれまでの彼の人間性を僕なりに一度リセットして、一人のニンゲンの発する言葉として受け止めてみようとした。

しかし、そのツラ構えと発する言葉からは、ニンゲンへの眼差しというものを感じることができなかった。

友人から、先日本屋へ行ったら、「怒りと上手に付き合う10の法則」と「怒らないで生きるハッピーライフ」なる本が、まるで僕を指差し、あざ笑うかのように並んでいたのだと。

僕は、「真っ当な怒り」や「正しく怒る」ことだけは忘れず、それらをどのように咀嚼して心の真ん中に「愛」を持てるのか?日々自問自答するしかないと。

ドジョウの首相から学んだことがあるとすれば、そういうことだと。

本日の地味っーな作業が、いつにも増してモーレツだったのは言うまでもなく。

PS:明日は1日、離れた畑での作業なので、直売所は閉めてます。あしからず。

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223