calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

days

風邪→歯痛の激痛→眩暈→胸痛→血圧上昇→病院受診→心電図→点滴施行→入院回避

トホホな日々ですが、それでもこなさなければならないこと山積み。

皆さん、お体はお大事に。

「RIKUO ライブ情報」

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

暴風雨の中で作業してたら風邪ひきましたワン。

002.JPG
レタス、もろもろ。

010.JPG
トマト、もろもろ。

011.JPG
移植もろもろ。

005.JPG
小屋にて雨宿り。時既に遅く、悪寒に襲われる。

「RIKUO ライブ情報」

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

MY LIFE IS MY MESSAGE@函館#2

高知の友人から函館の桜が咲いたことを知らされるダメな函館人は、ハイ僕です。

合間を縫って今日もライブのプロモに小1時間ほどかけて、大沼という町へ行ったはいいけど、到着して車の後部座席を開けたら、ブツ一式の入った箱を忘れてきたでござるよ。あー、こりゃこりゃ。

1ヵ月後にはリクオ、2ヶ月後には山口 洋のライブです。

山口 洋のライブは、すでに告知している通り、彼らが福島県相馬市をピンポイントで支援しているプロジェクト「MY LIFE IS MY MESSAGE」の一環として行なわれます。

人によっては、面白い企画だとか、知ってもらうには様々なコンテンツがあって良いと思うとか、色々なリアクションが返ってくる。

そもそも、ライブとトークライブをセットでやろうなんて発想はオレの中には全くと言っていいほどなかった訳で、しかもそういう類の組み合わせを誰よりも毛嫌いしていたのも紛れもない事実で。

得てしてそういう類のものは、企画者のエゴが対象へのリスペクトを上回っていて、ましてや今回のようなテーマに関して言えば、ミュージシャンやオーディエンスに対して多大なリスクを負わせる危険性も大いにあるなかで、それでもこうした形にしたのにはそれなりの覚悟が必要だった訳で。

今回の企画を決めるにあたっては、当のミュージシャンとの綿密な打ち合わせどころか、事前に連絡を取り合ったことは一度もなく、僕の独断と南相馬から来る二人の承諾だけを得て決めた、所謂、事後承諾。

決してオレは無礼をしているつもりはなく、事後承諾でも許されるであろうという甘えに準じた訳でもない。

昨年12月に相馬を訪れる前と後では、僕の中では何かが決定的に変わり、人並みの葛藤と自問自答を繰り返し、それでも音楽の力とそこに住む人々の肉声をこの街に届けることは、今必要だろうと。

その橋渡しを僕が出来るのであれば、色んなリスクが伴おうと、それは責任とともに自分に課せられた使命だろうと。

結果、様々なリスクが伴おうと、こういう形でしかその使命を果たす以外に方法は見つからなかった。

それは何より、今起きていること(もちろん、被災地とか相馬とか南相馬とか函館とか日本とかいう一元的な括りでは語りきれないことも多々)は、明日の僕のことであり、次の世代の未来にかかわることで、そこを避けて通ることはニンゲンとして生きることの放棄に繋がるのではという極めて僕の個人的な想いと言っていいのかもしれいない。

断片的に聞こえて来る相馬や南相馬の実情と、この街に住む僕の日々との温度差は決定的です。時間の経過ともに体感温度が低下していく自分や周りとの違和感もまた然り。

南相馬から来て話をしてくれる2人は、ほぼ僕と同世代。少しずつ連絡を密にしながら、どんな形やどんな進め方をしたら、僕個人も来てくれた方も自分の事としてリアリティを持ち、その現実から希望を持ち帰ってもらえるのか日々模索中です。

ひとつだけ言えることは、たぶん講演会、勉強会、シンポジウムのような形にはならないと思います。僕らが知りたいことを質問として用意し、それに答えてもらうというよりは、南相馬の2人が伝えたいこと、想い、迷い、葛藤などに、日々温度差を感じながら体感温度が低下していくこの街で暮らしている僕たちが何処までフォーカスできるのか?そんな進め方が出来ればと考えています。

函館は大間原発の30km圏内(18km~23km)。その距離感は南相馬の現状に置き換えるとリアリティがあるので、より自分達の事として考えられるような形を模索中です。

自分が知りたいことよりも、相手が話したいことを聞く。話し手が、聞かれたから答えるのではなく、自然に話すことができる聞き手であること。人は誰でも伝えたい言葉を持っているハズ。

質問や知りたいことを用意して、それに即して聞いて良く分かったつもりになっても、それはせいぜい聞き漏らしがなかったということで、話し手が伝えたいことを自分の事として考えられるかどうかとは別のような気がする。

何にせよ、喋りのプロでもなんでもない二人がはるばる函館までやってきて、毎日放射能を浴びながら体も心も被爆している日々を人前で吐き出すと言うことの意味を深く受け止める必要が僕にはあると。改めて。

とは言っても、甚だ役不足の僕が進行役ってところで、堅苦しい場にはなろうハズもなく。

そこにはいつものライブよりも更にグレードアップした食いもんとか飲みもんとかが並ぶ予定で、それらは地元の生産者や飲食店が、ほぼ無償で提供してくれて(詳細は近日発表)、その売り上げは南相馬から来る二人の経費や「MY LIFE MY MESSAGE」のプロジェクトへという形になりますので、思う存分、食って飲んで楽しんでもらえれば。

言うまでもなく、これら全てのことは音楽とそこから派生した人々のヴァイブレーションが生み出したもので、この日もいつものように、真ん中には音楽があることは変わりません。

来てくれた方ひとりひとりが尊重され、それぞれに何か「実感」出来るものを持ち帰ってもらえるような、そんな一日になればと思い、日々奮闘中でござりまする。

僕は自分がリスペクトしている人や影響を受けた人から意図的に距離を置こうという「クセ」みたいなものがあって、あまりブログとかもマメにチェックしたりしません。

今日、当の山口 洋のブログに今の相馬に関する記述がありました。

下の「HEATWAVE」のタグをクリックして入ると見れますので、是非御一読を。

そして先日、南相馬から来てくれる「ガイガー柚原」さんと、高野さんからのメールには、こう記してありました。

「僕らは笑う準備はできている」と。



「RIKUO ライブ情報」

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

poor old dirt farmer

今、やらなくてはいけない作業と、春の訪れが遅くてずれ込んでしまった作業とが重なって、ヒーヒー言っておりますワン。

疲労困憊の中、昨夜はいつもお世話になってるというか、迷惑をかけているお店「Pazar Bazar」の2周年企画、「おぐに牧場の肉を食べよう会」に。

色んな人種の人達と、ひたすら肉を食い尽くすした夜。楽しかったワン。

今日も時間の合間を縫って、6月の2本のライブのプロモーションへあちこちと。

行く先々で、「おたく、いつも思うんだけど、ライブのチラシだけ持って来て、なんで自分のところのショップカート持ってこないの?」と。

まったく頭になかったでござるよ。

まっ、自分のところは、良くも悪くも誰かが勝手に宣伝してくれてるだろうから、それでいいとオレは思っているんだけど。

明日も頑張るワン。゙


001.JPG

002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

「RIKUO ライブ情報」

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site




偉大なバンド、その名もTHE BANDのlevon helmが亡くなったそうだ。ありがとー。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

どうしてこうも時間が足りないのか。

高倉健ほどにかっこよく不器用ならまだしも、単なる不器用に加え、色んなことに首を突っ込み過ぎなのは誰かに言われるまでもなく、それでもまだ何かに突き動かされる衝動がある限りはニンゲンとして大丈夫なんだろうと言い聞かせてみるしかなく。

まことしやかに囁かれる4号機の危機を耳にする度に、いったい僕らはどんな世界に、どんな時代に生きているんだろうと。

僕の半径5㍍だけが、明日も降水確率0%だという保障は何処にもなく、みんな等しく首の皮一枚で繋がっているのだとしたら、結局のところは、首を突っ込みすぎだろうが、時間がなかろうが、迷いながらでも未来を創造する以外に路はなく。

運を天に任せるしかないほどの危機状況。あまりに重たい言葉だけど、ひとりひとりの英知が生み出した世界が今あるようでしかないのなら、それを変えるのもまたニンゲンの英知でしかないのかもしれない。





「RIKUO ライブ情報」

山口 洋 ライブ情報

MY LIFE IS MY MESSAGE特設サイト

HEATWAVE official web site

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223