calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

近藤智洋の夕べ

pealout解散以降、近藤智洋が歩いてきた途方もない道程。

きっとただの通過点にしか過ぎないのだろうけど、でも紛れもなくひとつの到達点なのかもしれない。

ボクもパソコンの前にグラスを置いてゆっくり堪能させてもらいます。

皆さんも一旦テレビを消して是非。18:00startの生中継です。

以下、近藤智洋ofiicial site より転載。

※3/21(月・祝)@グレフルのライヴは行う予定です。
 当日の様子はUstreamにて生中継する予定です
(中継がうまくいかない場合は予備チャンネルに切り替えます)
 

2003年3月から続けてきたグレフルでのマンスリーライヴ。
丸8年続いたライヴも9年目に入る今回が最後。
18時から、なるべくたくさんの曲を歌いたいと思ってます。
とはいっても、オリジナルだけで50曲くらいあるし
唄いたいカバー曲もたくさんあるし。。。
頭を悩ませてるところです。

来たくてもグレフルに足を運べない方、
もし環境が許すならば、Ustreamの生中継を観てくださいね。
パソコンが繋がらなかったら、夜の静寂の中、好きな歌を口ずさんでみて。

グレフルに来ることができる方、
夜はまだまだ寒いのであったかい格好をしてきて下さいね。
部屋の電気はしっかり消して。

それぞれの場所から
それぞれの思いを手に持って
良い夜にしましょうね。

近藤智洋

HEATWAVE official web site

山口洋/細海魚「SPEECHLESS」TOUR FINAL詳細

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

満月の夕

お昼に「お月様マニア」のPazar Bazarへ行ってランチを食って店主と話していたら、こんな話をしてくれました。

今晩遅くから満月とのこと。しかも、スーパームーンといって19年ぶりに月と地球が最短距離になるのだとか。大きさも明るさも20~30%アップするそうです。

どうか日本全国を照らしてくれますように。


HEATWAVE official web site

山口洋/細海魚「SPEECHLESS」TOUR FINAL詳細

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ひかりのバトンリレー

一昨日、そこでどんなライブが行われたのか?詳しくはここでは書きません。写真もありません。

あえて言うなら「people have the power」。

ボクは予言者でも霊能者でもありませんが、先日ここで記した通りのライブになりました。

色々と困難な状況の中、足を運んでくれたみなさん、ありがとー。

来てくださった方はそれぞれの職場や周りの人達にそこで起こっていたマジックを伝えて下さい。きっとみなさんの音楽的な趣向や垣根を遥かに超えたものが、そこにあったと思うのです。ですから周りの皆さんにその想いを拡散して下さい。それが「明日へ」「次へ」繋がると思うのです。

いつも尽力してくれる、当社工作員、おりぴー女史、弘前のサイトー・ヒロシ氏、言うまでもなく尋常ではない「ひかり」を放出していたタテさんへ、最大級の感謝。

そして、単に1回のライブで完結することなく、オーディエンスもミュージシャンも「次に繋げる」という「ひかり」のバトンリレーは、一昨日の10回目でより輝きを増したと思います。

とりあえずひとつの節目として、5/1この街の山の頂でその「ひかり」をマックスに持って行きたいと思います。

何故かこの時期にコロラドで過ごしていたという、山口 洋。この尋常ではない男が今何を想い、自らの音楽にどう昇華させるのか?タテさんからしっかりと「ひかりのバトン」を手渡してもらいました。

奇しくも今回の「SPEECHLESS TOUR」の前のツアータイトルが「ひかり」、その前が「ひかりを探しに」だったと記憶しています。(違ってたらスイマセン)

てな訳で、これまで蓄積してきた10回分の「ひかり」を、山口 洋&細海 魚に託します。

役どころに不足なし。

あとの半分はいつも通りオーディエンスが作り上げて下さい。この街の山の頂から尋常ではない「ひかり」を放出したいと思います。

久々にコタロウの図。またボクの寝床を2匹に占領されました。

005.JPG

004.JPG

009.JPG

「SPEECHLESS」特設サイト

山口洋/細海魚「SPEECHLESS」TOUR FINAL詳細

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

Harkitek or ta ayoro(左手に宇宙)

かつてないほど、猛烈な「怒り」に駆られています。

怒りが何も生まないことは学んで来た「つもり」でした。学びが足りないのは認めるとして、怒るべき時に怒らず、「真っ当な怒り」さえも隅に追いやり、もの分かりのいい大人の振る舞いとして、「決まったこと、仕方ないこと」として放置してきたのは、紛れもなくこの俺たちだ。

これまでずっと知らされていない原発のカラクリを、今さら模型で説明されたところで何を理解しろと言うんだ?

早く身を守る方法、避難する方法を正しく報道してくれ。東電、保安官、政府、今さら専門的でマニアックな説明も、帳尻を合わせるような弁明も、もういらない。国民に無駄足を踏ませたとしても、一国も早く非難させる方法を伝えろ。

果たして。

いったいこのご時勢に、どんな言葉を紡ぎ、どんなメロディーを奏で、何を歌うというのか?

音楽には力がある?そんなことは分かってる。細胞レベルで理解している。しかし、安易な応援歌や自己表現やエンターテイメントで救われるほど状況は簡単ではない。モノによっちゃ、心情を逆なでし、勇気と希望と善意の押し付けになるだけだ。

覚悟を決めて生き抜こうとしている人々の魂にフォーカスすること。

今、その温度差を理解していない「覚悟なき表現」は、自粛すべきが正しい選択とオレは思う。

自己の表現に自覚的であればあるほど、或いは「自分は何も分かっちゃいない」ということを分かってるニンゲンであればあるほど、自分の歌・声・曲の無力さを嫌というほど痛感し躊躇するというのは、真っ当な感覚の持ち主であれば当然だ。

こんな状況で歌うべき歌を、いったい誰が持ち合わせているというのか?

扱うべき音楽に熟慮が必要だ。オレも充分に迷った。

でもオレは知っている。言葉や歌を武器に歌ってきたニンゲンが「言葉にいったい何の意味がある?」と歌にした瞬間、歌に「神」が宿ったことを。

受け入れたくない現実、絶望、悲しみ、喪失、怒り、etc,,,。いつでもボクはこのような状況でこそ鳴り響く音楽しか聴いてこなかった。それ故に窮屈だったことも、生きづらいこともあった。

覚悟を持って音楽に向かいあってきたニンゲンが奏でる音。

オレが拘り続けてきた「日々なるサウンドトラック」。それは決して耳障りのいいものではない。目も耳も塞ぎたくなるような現実と向かい合うことでしか照らすことの出来ない「ひかり」。

明日はライブという枠を超えたものになります。もう、何度もやっているから分かるのです。いいライブはその前段階から、いいヴァイブレーションが循環しています。残りの半分はオーディエンスが作りあげるのです。

当社、女子工作員の皆さんも尋常ではないエネルギーを循環させ、スピーチレスなホスピタリティーを持って準備万端です。

明日来られる方はタテタカコの情熱と祈りにフォーカスして下さい。明日、「想苑」は「ひかり」に包まれます。オーディエンスの肉体と精神を経由して空中に「ひかり」を放ちます。それは時空を越えて届くべきところに届くのです。何かしたいけど、何をしていいのか分からない人、明日「想苑」に来てタテタカコの「ひかり」を受け止め、あなたの「ひかり」を放って下さい。

当日券、若干ありますのでお早めに。

タテ タカコ ライブ情報

「SPEECHLESS」特設サイト

山口洋/細海魚「SPEECHLESS」TOUR FINAL詳細

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

祈る

いくつかの用事を足すために街へ。

春の日差しが眩しく、雪解けも進んでいる。あまりにのどかで穏やかな日曜日。
車で走る大森浜の海沿い、海面は静か過ぎるほどに凪。

テレビから流れてくる映像とのギャップに、自分が今この世界のどの位置にいるのか分からなくなる。

でも、たぶんこの温度差こそが、自分という存在を強烈に再認識させる唯一のものかもしれない。

チェーンメール、ツイッターでの拡散、ブログでの情報。どれが正しく、どれが作為に満ちたものなのか?今のオレには判断のしようがない。

現時点でボクができる直接的な行動(ブログ等での情報提供も含む)で、何か有益なものをもたらすことはたぶんない。善意という名のもとに、状況を混乱させ、阻害し、停滞させることだってある。

だから、ただ「祈る」ことに。

東北方面の知人・友人には安否の連絡はしていない。もちろん心配だけど、無闇に電話回線を阻害したくない。奴らは頑張ってるに違いないと思うから。

何か物資を送りたい。でも、僅かな物資のために無闇に人的移動を増幅させたり、交通や救援の妨げをしたくない。

情報を送ってあげたい。でも、オレ自身がどれが正しい情報なのかわからない。これ以上、無闇に情報を氾濫させたくない。

義援金はもう少し先でもいい。たぶん。

いつも通り、ランプ生活での節電ならできる。

そして、ただ「祈る」しかない。

でも、オレのことを信じてくれるならひとつだけ言っておきたい。

原発に関してだけは、8割以上は信じるな。例え無駄足だったとしても、とにかく身を守って欲しい。悲しいかな、我々ニンゲンがウソの塊で生み出した最もサイテーな文明のひとつ。

スリーマイル、チェルノブイリ、福島?頼むから止めてくれ。

しかし今、そのサイテーの文明で生み出した電力が行き渡っていないことで苦しんでいる人もいる。

今、無意味な論争は、サイテーな原発以下の愚かなこと。

とにかく、今日と明日は人命救助、救出。

活動に当たっておられる方々には愛と感謝を。

救出を待っている方々には、勇気と希望を。

絶望と悲しみにくれている人には、ただ寄り添うことを。

ボクはボクの今日という日を限りなく美しく、そして感謝を。

PS:3/16(水)のタテタカコのライブは、現時点では予定通り行なう予定です。タテさんは昨日、長野でのライブを無事に終え、ひたすら北海道に向け北上中とのことです。

タテ タカコ ライブ情報

「SPEECHLESS」特設サイト

山口洋/細海魚「SPEECHLESS」TOUR FINAL詳細

003.JPG

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223