calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

These days

今週は亡くなったニンゲンの遺品整理をしていた。

諸先輩方からお話は伺ってはいたものの、色んな想いが去来する作業である。出来るだけ故人の想いに寄り添ってやろうとするのだが、果たしてそれがその通りなのかと言えば、誰にもそれは分からない訳で、、、。彼は一人もんだったから、誰も引き取り手がいない。俺は彼が一番大事にしていた植木の七つ道具と、いつも着ていた野良着だけを引き受けた。この作業、オレが先に逝かない限りあと最低2回、お二人分はオレの役目として残っている。

昔から人との距離感が掴めずに疲弊するところがあったけど、最近はもう「性分」として割り切って、誰かと必要以上に濃密な時間を過ごすのもそんなに悪くないと思うようになった。っていうかそう思うようにしている。面倒くさいけど、テキトーなところで線を引いたニンゲンには見えない違う景色があると思う。そう考えると、あとお二人分なんて言ってるけど、それでは済まなくなりそうだな。

面倒臭いけど、これからも大切な人達と濃密な時間を過ごして行くだろう。見たこともない景色は、まだまだ限りなくある。



「おおはた雄一×山口 洋 ライブ情報」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

無限会社 「荒地音楽出版」

そういえば、ここでちゃんと告知していませんでしたが、おおはた雄一×山口 洋のライブがあります。

今年の締めくくりとしては何の不足もありません。年末で色々なイベントが市内でもあるかと思いますが、何処よりも熱く「股間直撃&心臓鷲掴みの刑」に処されることをお約束しますので、どうぞ足を運んで下さい。

こうしてライブを企画するのも何回目だろう?荒地を開墾するように色々な手を打ってきた。やってくるミュージシャンはもちろんプロ。キャリアも実力もあり、首都圏ではそれなりの規模のハコを埋めるし、周りも皆プロ集団。

一方こちらはイベンターでもプロモーターでもないド素人。しかも、いざ行動してみるとこの街には砂漠化した荒野しかなかった。継続性のない打ち上げ花火のようなことが嫌いなので、結局は一人一人のところへ出向き、心のドアをノックし続けるしか方法はなかった。正直、途中で投げ出したくなった時もあったし、責任持てないから辞めようと思った時もあったけど、その度に奮起させられるのは毎年やってきてはパワーをくれるミュージシャンのハンパではない心意気と、それを待ってくれているオーディエンスと、いつも無償でお手伝いしてくれる友人達とかetc、、、。

もはやウチは単なる「チケット予約受付コーナー」にしか過ぎず、「オレにも手伝わせろー」とか「ワタシがチラシ配るー」とかいう輩が、勝手にお手伝いや支援を申し出てくれる。来るものは拒まず、去るものは追わず。

とりあえず、荒地は耕した。来年以降はこういう人達と「連帯」(連携ではありません)して、「開墾」から「種蒔き」の時期に突入したいと思っておりますワン。

大した教訓ではありませんが、「暑苦しいほどのパッションと、ある種のしつこさは人を動かす」というのが実感でございます。

そう言えば秋くらいの話。直売所に置いてあったサツマイモの横に、某メジャーレーベルからリリースされているとある女性シンガーのサンプル盤が置いてあった。友人が置いていったもので、函館で何とかライブを実現させたいので協力して欲しいとのお話。もちろん喜んで。

何処かで聞いたことのある名前で、何のことはない、ウチで企画したミュージシャン全員と共演したりしていた。あは。

こうしてひとつひとつ、必然性のある繋がりを実らせていこうと思う。

「おおはた雄一×山口 洋 ライブ情報」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ひとまず感謝。

色々とゴタゴタしている中で、「季節の野菜delivery」も、「季節のやさい箱」の通販も、「出張販売」も、いつの間にやら終わってしまいました。

ご利用してくれた皆さんに改めて感謝いたします。ありがとー。

文字通り、皆さんの支えでメシを食って生き延びております。稼いだ金で僕も誰かの「生」の一端を支えれるようなお金の使い方をしたいと思います。

今日も大沼からわざわざカリフラワー欲しさにCO2を撒き散らして来てくれた人もいて、地球に優しくないけどオレに優しい人に逢えて嬉しかったっす。種類は少ないですが、天気の良い日は直売所を開けていますので、近くに来たら遊びに来て下さい。

で、今年は「オーガニックケルプ」で様々な加工品を作ってもらいましたが、それらをセットにしたものを通販と配達で販売できればと思っています。年末にかけて自宅に人が集まる機会も多いと思うので重宝するかと思います。贈り物としても利用できるようにしたいと思いますので、詳細はしばしお待ちを。

2010_1111_817.jpg
携帯でぼやけてますが、こちらは最近商品化した「カボチャのディップ」。大人気でございまして、第一弾は完売。第二弾の仕込みに入っている模様です。ラム酒やシナモンも入って濃厚な味に仕立ててあります。もちろんベースとなる味付けは函館の海水塩・海藻入り。そのままパンに塗って食べてもよし、ニンジンやセロリ、カリフラワーなど野菜スティックに付けて食べてもよし。

2010_1111_822.jpg
だいぶ寒くなってきましたが、最近ストーブ前の特等席は「コタロウ」に占領されてます。

「おおはた雄一×山口 洋 ライブ情報」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

That's was the river,This is the sea

今年もまた、春から一度もテレビを付けることなく経過中。

先日、とある場所でテレビを見た時の映像。

大海原のど真ん中で、落ち葉ほどにも満たない二隻の船が小競り合いをしていた。その映像がネット上に漏洩して、この国の危機管理が問われているのだとか。

歴史も所有権も利権も分かる。オレにだって似たようなものはある。けれど、あの大海原で、落ち葉ほどにも満たない二隻の船が小競り合いをしている滑稽な姿、その主人公である我々「ニンゲン」に対する危機感はないのだろうか?あの二隻が小競り合いをするには、あの大海原はあまりにも土俵がでかすぎると思うのだが。

仮にあの島が何処かの国のものになったとしたら、日本国民のオレにどれほどの損益があって、わが国のものになったとしたらどれほど恩恵と利益がオレに返ってくるのか?全くイメージしようがありません。国際政治学者とかエコノミストの方、ちゃんと試算して提示してくれ。

小さなことを見つめ過ぎると喧嘩になってしまう。それぞれの塔に登り、遠くを見渡してみると、あまりにでかい土俵でくだらない争いをしている恥ずかしい自分の姿にハッとさせられる。

それはそのまま今の自分と重なっていたりするのです。うっ~、ワン。



「おおはた雄一×山口 洋 ライブ情報」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

昨日も今日も、暖かかったっす。

ユルユルとやるつもりが、モーレツな勢いで「うりゃー」と後片付けに没頭。一枚脱いでまた一枚。しまいには半袖で作業。カリフラワーがいろんなところへ旅立っていきました。

「ハチャメチャ男」の初七日。この間に起こった摩訶不思議な出来事の数々は、そっと自分の中に閉まっておこうと思う。



「おおはた雄一×山口 洋 ライブ情報」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223