calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

blood sister

ウチのような極めてローカルな日々の生活も、ネットというツールを通すことで様々な繋がりが生まれます。web shopも四国・九州からご注文頂いたり、HPに辿り着く経緯も様々なようです。未だにパソコンはワープロの延長でしかなく、その使いこなしに全く進歩がありません。これ以上の興味が沸くこともなく、未だ好きになれない部分も多くあります。言葉にしてしまえば簡単なことですが、何事も良い部分に焦点を当てると、肯定的に捉えることが出来るようになるのかもしれません。

年に何度か音信の途絶えていた友人から連絡をもらう事がある。どんなふうにしてこのサイトまで辿り着くのかは知りません。

彼女と出会ったのは俺がまだ大学生の19歳くらいの時だろうか?彼女はまだ高校生だったような気がする。今から24年くらい前の話。出会った場所は何処かのライブ会場か、何処かの路上だと思うけど、それが何処なのかはもう覚えていない。ショートカットで子ザル(失礼!)のような子だった。

個人的に合って遊んだりした記憶はあまりないけど、音楽の趣味が似ていたせいか、広い東京でもいたるところで遭遇して言葉を交わすようになった。

それから随分と時は流れて、あまり遭遇することもなく音信が途絶えていたある日のこと。渋谷スクランブル交差点の雑踏でばったりと遭遇したのは1996年くらいのことだろうか?久しぶりの再会で、そのまま互いの予定をチャラにして何処かの喫茶店で互いの近況なんかを話したのだと思うけど、例によってオレはただ自分の想いを捲し立てるだけで、何を話したかなんて覚えていない。「じゃ、また元気で」と言って挨拶したのは、互いに「また、すぐに何処かの道の上で再会するだろう」という程度のものだったと思う。

以来、彼女とは一度も会っていないし連絡もとっていない。何年か前にアイルランドをずっーと旅していたり、何処かの国の男性と結婚してオーストラリアで暮らしているという話を共通の友人から聞いた。きっと、オレには想像もつかない旅路を歩んでいたのだろう。

今もあまり変わらないけど、当時のオレはあまりに無軌道な想いを完全に持て余していて、行き場のない負の感情が他者や自分に牙を向いて、随分と周りの人を傷つけたり不義理の数々をやらかしてきた。当時のことを想い出すだけで、未だに負い目を感じることが多い。

オレだけではなく、みんな「不器用極まりない社会不適応者」ばかりだった。だけど、当時出会った人達の事を忘れたことはないし、自分の道を歩いて、互いに遠く離れることで愛が生まれることも知った。

若かった俺たちは本当の意味で「誰かと繋がっていたかった」だけなのに、「譲れないもの」が多すぎたのだ。

今朝早く、パソコンを開いたら彼女から突然メールが届いていた。メールを開いた瞬間にあの当時の「無軌道極まりない日々」がフラッシュバックして、少しだけウルっとした。

俺たちは多分、「ほんの小さな火を絶やさないこと」、それだけを拠り所にして生きてきたはずだ。

互いに想い描いていたもの、いつかそれが回線を通して交わる事だってある。

ちょっとだけパソコンに感謝しようかな。

いつかまた逢えるといいね。生きていて良かったよ。野菜送るんで、食ってくれ。

以下、承諾なしでの抜粋許せ。



浜野さん

昔々、○○や○○のライブ会場等でお会いしていた○○です、といってわかるでしょうか?浜野さんのブログ、いつも楽しく、そして懐かしいロッケンロールに涙しながら読んでます。特に最近のマイク・ピータースの話、20年前?にタイムスリップしました。私も五反田行きましたもん。

私の浜野さんとの思い出・・・いつだったんでしょうね、渋谷の交差点でバッタリ会ってお茶した時に、音楽の話はもちろん、Findhornの話を聞いたのを思い出します。その後、スコットランド人に会うとFindhornって知ってる?行ってみたいんだよね~」と話してます(笑)。今度、アイルランドに行くときには立ち寄りたいと思ってるんですが何時になることやら。

で、ここからが本題です(笑)。現在、オーストラリアに住んでいるのですが、土曜から日本に三週間程行くことになっているので、ブログ読んで笑ってるだけじゃなく、お野菜を注文をしたくてメールさせて頂きました。

今から注文して、9日頃に那須の実家に届くように送って頂くことは可能でしょうか?もしそれが難しいようなら、いつ頃注文するとこの辺りに届くよということを教えて頂けますか?ぜひ、浜野さんの野菜、食べてみたいです。ドライトマトも。

私も少しずつですが自家製?羊糞&鶏糞とワームジュースで野菜を育て始めているところです。まだ土作りの状態ですが、自分で食べるものを作れるのって幸せだなぁって感じる一方、それってほんとに大変なことなんだなぁと良くわかります。これが商売となるとほんとに大変だろうなって思います。

現在ほぼベジタリアンの私&子供2人、野菜大好きっていうか、野菜ばっかり食べてます。浜野さんのお野菜、日本滞在中にぜひ食べたいなぁぁああと思っております。

○○より



「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」







comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

日に日に暑くなっていくのは気のせいでしょうか?

9/1と言うよりは8/32みたいな感じです。

遅くなりましたが週末の工芸舎での「食芸市」、日曜日の野外ライブでの出張販売、ともにありがとーでした。野外でのライブは久しぶりだったので気持ちよかったなー。会場もなかなかいい感じでした。

今週末土曜日は茶房「櫻の下」さんでのミニマルシェ。天然酵母パンのtomboroさんは人手不足により今回は欠席です。

日曜日は「女子の聖域」、湯の川の雑貨屋さん「Flax」さんでの出張販売です。

夏野菜、何処も相当早く終わりそうです。(既に終わってしまった農家さんもたくさんいるようです)残り少ない夏野菜で体を冷やして下さい。

では、駄文も早々に「コタロウ」の散歩とお遊びに出かけますので、失礼します。

004.JPG

006.JPG

017.JPG

「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

my life as a dog

皆さまにご報告です。

人生とは予期せぬことだらけ、シナリオ通りには行きません。

昨日、わたくし43ちゃいにして初めて一児の親となりました。これからは父親としての自覚を持ち、愛情を持って子育てに精進してまいりたいと思います。

子育て2日目にして早くも「親バカ」ならぬ、「バカ親」ぶりを発揮しております。足の短さや涙目で何かを訴えるところ、寂しん坊で甘えん坊、誰かと居たいのに誰かと居ると一人になりたくなるという勝手気ままなところまで、オレに良く似ています。

と、いうことでこれからは家族3人仲良く楽しく暮らして行きたいと思いますので、どうぞよろしく。

023.JPG
息子の「孤太郎」、推定6歳です。

一人暮らしの老人が飼っていたというウェルシュコーギー。保健所で処分される寸前のところ、心ある人が引き取ったそうです。たまたま遊びに行ったら思いっきり目が合ってしまい、「情」に流されやすいオレに、見事なまでの「情」で訴えられて我が家で引き取ることに。名前は老人が「コタロウ」と呼んでいたらしく、おそらくは「小太郎」だったと思われますが、「孤独を愛し、生きなさい」「弧を描きなさい」(字は違いますが)という「バカ親」の願いも込めて「孤太郎」としました。

人懐っこいので昼間は直売所でも遊ばせてます。可愛がってください。つーかオレ、溺愛必死です。

てか、オマエ「ヒト年齢」でいくとオレと同世代くらいか?てーことは俺たちホモか?オレにそっちの趣味はないのだが、、、。

先日しつこいくらいにウェールズの至宝「THE ALARM」を取り上げたせいかどうかしらないけど、ウェルシュコーギーがやってきたのはただの偶然か、こじつけか?

012.JPG

028.JPG

「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

長引く低空飛行の原因

本日の元町「工芸舎」での「食芸市」、来てくれた皆さんありがとー。tomboroのパンは早々に完売して、ウチの野菜で作ったオーガニックケルプの干しナスやドライトマトも好評でした。日没直前に直売所へ来てくれた女子2名もありがとーねー。また、遊びに来てね。

世の野菜の値段を殆ど参考にしてない俺ですが、夜、妻とともにスーパーに行って野菜の値段を見てびっくり。パプリカ1個198円、あちゃー。他の野菜も言うまでもなく、、、。オレ、完全に値段の付け方見誤ってるのね。「panの森、長引く低空飛行の原因ここにあり」と言った表情で、財務大臣の顔色が変わっていくのをオレは見逃さなかった。

今さら便乗値上げなんてしないけど、明らかに世間の「フツー」を知らな過ぎだな、オレ。しかも、同じ業種で。他と比べるのはあまりに無意味だし、たぶんこれからも参考にしないけど、自分達がしっかりと利益を出して食えるような値段設定しないとね。毎年同じ過ちを繰り返していると、また某人に説教されてしまうなー。

007.JPG

005.JPG
パプリカ、例年より3週間ほど早いです。秋には畑から野菜が消えてしまうのかなー?

よっしゃ、オレも「青の翼」を手に入れて永遠の低空飛行から浮上するぞー。

踊ってる人、江頭2:50ではありません。念のため。

「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

true life

おす。

今日も常連さん、お久しぶりのお宅、はじめましての人、ありがとー。

最近、「何気にオレ、女子に人気あるんじゃねーの?」とか思っていたら、何のことはない、単に配達で野菜をお渡しする人たちがほぼ全員女子だってことだけで、考えてみたらそんなのは当たり前だよね。配達の行く先々でほぼ全員男子だったら、オレの血圧こんなに安定している訳ないし、生きる気力失くすもん。

まっ、これまでもオレは「大いなる勘違い」だけで生きてきたようなもんだし、いつだって著しく欠けているのは「自己を冷静に見つめる客観性」でございます。

明日は元町「工芸舎」での「食芸市」です。加熱調理用トマトなど「季節の野菜delivery」には入れられなかった野菜も沢山あるので気軽に遊びに来て下さい。tonboroのパンもオーガニックケルプの商品もお楽しみに。

んで、明後日はライブだよライブ。野外だよ野外。飲食も出来るぞ。ウチも野菜の出張販売と「3種の野菜おつまみプレート」考えてます。

んで、どんな音楽だったけ?予備知識ゼロだけど、何の問題もない。当日行って知ればいいだけの話だ。オレは情熱を込めて企画している友人夫妻の想いに応えるだけ。オレは友人であろうが知らない人であろうが「お付き合い」で物は買わないし食わない。出来る限り情熱を込めている人、それを感じ取れるところに金を使おうと思っている。

て、ことでライブの詳しいことはlinkの「Pazar Bazar」で確認してちょ。



今夜、新宿でどんなライブだったのかなー?21年前の興奮は今も静かに息づいているよ。「true life」かー。変わらぬ情熱と素晴らしい曲をありがとー。

「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223