calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

さあ、キレイな魂に逢いに行こう。

ふへー、今日も暑かったすー。

2010_0818_786.jpg

2010_0818_789.jpg
今日もせっせと芋掘り地獄。つーか、芋を掘っているのか雑草を抜いているのか良く分からんかったですけど。

暑い中、直売所まで足を運んでくれた皆さん、本当にありがとーねー。皆さんの笑顔が俺の活力であり、当社婦人部のモチベーションでもあります。本当だよ、ありがとー。

俺はたくさんの友人にも恵まれているし、お客さんにも支えてもらっている。そんなキレイな魂に接して過ごしている時間は至福の時間だ。

けれど、どうしようもなく悪意に満ちた意地クソ悪い人間が回りにいる。原因を招いた半分は俺にあったとしても、大人なやり口とは程遠く、稚拙極まりない。つーか、事実無根の虚言癖だな。俺には名誉のカケラもないけど名誉棄損。

もう、まともな手段で戦う気すらおきません。現実から逃げたいわけじゃないけど、そういうことに時間すら裂きたくない。

きっとね、会社とか組織とか兄弟とか親戚とかでも大なり小なりそういうことはあるよね。社会ってそういうもんだと思って、修行のつもりで向かい合って来たけど、もう面倒くさいの。修行もしたくいないし、関わりたくない。意地クソ悪い人間と関わると、もの凄い無駄なエネルギーを使って、こっちまでそっちに引っ張られてしまう。

愛に限界はないと思うけど、俺はまずもっと身近なところからやり直さなければ、このような人に愛を持って接する事が出来ないっす。そんな意味では修行は続けます。

自分達の価値観や想いを共有できる人達だけと付き合うのって居心地いいし、ある意味楽チン。そこに安住することの危険性をいつも恐れて、どんなに意地クソ悪い人間とでも真剣に向かい合ってきた。向かい合い方が間違ってたのかもしれないし、暑苦し過ぎたのかもしれない。でも、もういい。全て学んだなんて思ってもいないけど、俺は自分の澱んだ魂を磨いて、綺麗な魂に逢いに行きたい。

この曲が今日の話の内容と合っているかどうかはわかりません。曲の本質は多分違うことを意味しているかもしれませんが、音楽のいいところは聴き手の勝手な解釈が許されることだ。つまりは自由ってことだな。

おそらくはこの強面の大人たちは、俺なんかが想像もつかないくらいたくさんの人達と会って、色んな思いをしてきたのだろう。それでもその目の中に「ズルさ」の微塵も感じない。苫小牧のライブハウス「アミダ様」のツルさんもそういう目をしてた。俺はまだまともに鏡を見るのが怖い。

「Honest以外にいったい何の取り柄がある?」



明日も直売所&配達よろしくねん。枝豆、旨いでござるよ。

「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

Spiral

詳しい経緯は書きませんが、最近、俺の背中から「背油」が出ました。あり得ないほどの異臭を放ってます。断っておきますが、オレ自身が臭いわけではありません。出てきた「背油」が臭いのです。詳しく聞きたい人はお逢いした時にでも聞いて下さい。それなりに「オレ的伝説」を作ってまいりましたが、またひとつ伝説を作りました。我ながら笑えます。

そんな日々ですが、みなさん如何お過ごしで?

ウチには様々な人たちがやってくる。飲食店のシェフ、オーナー、イベントの打診、健康食品会社、加工品会社、サプリメントの押し売り、etc。基本的に全てお話は聞くようにしている。

多分、今年の春くらいのお話。

はるばる札幌から、ウチの野菜を使わせていただきたいとやってきたお二人がいた。大雑把に言って、人は「見たまんまな人」と「見かけによらない人」、両方いると俺は思う。

いきなりやってきたこのお二人、札幌のブライダル&レストランの取締役統括本部長と料理顧問という肩書き。普段、こういう人とお付き合いする機会は殆どない。それが、俺の人格形成に決定的に欠落している「何か」であることも認めよう。

まっ、肩書きなどはどうでもよく、出来損ないの俺の中には常に「差別」や「偏見の目」というのがあるのだ。

だってこのお二人、「〆鯖」とか「コハダ」みたいにキラキラしたスーツと、高級時計に高級そうな眼鏡かけてたんだもん。見た目で言えば俺がもっとも信頼しないタイプだったんだもん。

ところがどっこい、よーく話をしていると互いに想い描いている景色が非常に良く似ていたりするのだった。

料理顧問のお方は、「今、畑で摂れている野菜を週1回、送って下さい。内容は全てお任せします」と。

フツー、飲食関係の方は「これがありますか?あれがありますか?あれが出来たら教えてください」というやり取りの中から、自分の想い描く料理に見合った食材をチョイスするものだと思うのだが、このお方、そうではない。旬のものを届けてもらってそこから料理を決めていくのだという。言葉にすればそれだけのことだけど、それがどんなことか想像してみるといい。

まだ、彼の作った料理を食ったことがないからテキトーなことは言えないけど、恐らくは料理人としてのエゴを全く感じさせない料理なんだと思う。「私が作りました」という料理ではなく「私が作らせて頂きました」という料理なんだと勝手に想像する。それくらいの違いは俺も分かる年頃になった。早く食ってみたい。多分、繊細な味なんだと思うけど、彼の風貌は繊細というよりは体格も風貌もかなり強面だ。聞けば極真空手のツワモノだとか。押忍、失礼いたしました。人は見かけによらない。

彼はフレンチのシェフだが、本当の意味での「創作料理」なのかもしれないね。言ってる意味分かりますよね?

生産者や食材に対するリスペクトの気持ちはフランスでの修行時代に植えつけられたらしく、それはそれは理不尽極まりない日々の連続だったようだ。その理不尽さが後に、自分を支えている生産者や食材に対する敬意へと変わっていったのだという。

同じことは俺の現場でも言えることで、この10年で「自然の力で作らせてもらっている」ということをようやく学びつつある。

それぞれに魂を込めたものが螺旋状に絡んでいくこと。
俺が想い描く1つの理想がここにはある。やがてそれは美しく盛り付けされ、ギャルソンに手渡され、エンドユーザーに食され、喜びや感動を呼び、翌日にはただのウンコになって排泄されるのだ。素晴らしい。

安全だとか、体に優しいとか、体に良いとか、どんな栄養素かなんて話はあとから勝手に付いてくるもんだ。先にそれを持ち出されると、俺なんかは何かの脅迫観念を植え付けられている気分になってしまう。人々がしっかりと魂のバトンリレーを行なっていれば、安全や優しさは勝手に内包されてくるのだ。たとえそれが「〆鯖」のスーツであろうが、強面であろうが、クセ毛のモジャモジャだろうが、背中から「背油」をだそうが。

昨日、この料理顧問の方と和食担当料理長、カメラマン、デザイナー御一行がはるばるお見えになった。いつもの俺なら、やんわりキツーク、丁重にお断りするところだが、銀色の反射板みたいなのを当てられパシャパシャとグラビアアイドルのような気分を味わった。不自然な笑みを返すのが精一杯だったけど。

大雑把に言って、人は「見たまんまな人」と「見かけによらない人」、両方いると俺は思う。

自分に鑑みて、よーく考えてみよっと。

アナウンスを二つ。
newsにも告知してますが、8/21(土)は湯の川の雑貨屋さん「Flax」さんでの出張販売です。あと、web shop「季節のやさい箱」vol,2も予約受付中です。どちらもよろぴく。

今日も配達でお届けしたみなさん、ありがとー。

「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」



GIANT SAND、めちゃカッコイイのでついでにもう1曲。タイトルもええねー。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

My Philosophy

昨日は、恒例の元町「工芸舎」での食芸市へ来てくれたみなさん、ありがとーでした。今月から月2回の開催ですので次回は8/28(土)です。

昨日の夜はそのままオーガニックケルプのアジトにて、友人の誕生日も兼ねてBBQ。「おぐに牧場」の肉をしこたま仕入れ、ウチから野菜を持ち込み、吉川隊長の完璧な仕切りと旨すぎる料理の数々で、ホスピタリティー地獄へ落ちていく。お一人会費¥1500って、あり得ないお値打ち価格で楽しませてもらいました。

今日は雨。

休息、雑用、遅い墓参り、お見舞い、人生初の旨すぎたラーメン、久々の昼寝、終戦の日etc。

やせ細り、寝たきりのがん患者を見舞って思ったのだ。生きていくのも死んでいくのも本当に楽ではない。

明日から俺が出来ることと言えば、相変わらず泥まみれで汗を流し、楽しむことを学び、ギャグを忘れず、周りの人達と共有できない「何か」を共有し、自分の想い描く道を進むだけ。

日々に虹を想い描くとはロマンや空想の話ではない。この毎日の現実に対する自身への真剣さのリトマス試験紙のようなものだと思う。

外では虫が鳴いてるよ。もう、秋の気配。エダマメ、採れ始めたよ、直売所までどうぞ。次回の配達、通販にも入れるよ。

007.JPG

008.JPG



「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

無題

今日も直売所とか配達とか、ありがとー。

明日は元町「工芸舎」での「食芸市」、今月から月2回の開催です。新じゃがとか持っていきます。オーガニックケルプで加工されたウチの「干しナス」「シシリアンルージュのドライトマト」「「キュウリのピクルス」などなどもある予定。

気軽に遊びに来てください。

「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

A Hard Rain's A Gonna Fall

ここ数年、一度に降る雨の量が尋常じゃないっす。

これだけ降ると当然、多少の被害はあります。

どしゃ降りの中、発送分とか配達分とかだけは収穫。発送分を持って「ゆうパック」の窓口へ。「台風の影響で指定日に届かない可能性もあります」と。

と、いうことでお詫びですが、「季節のやさい箱」をご注文された方で、本日発送分の方は指定日に届かない可能性がありますのでご了承下さい。



「近藤智洋ライブ情報」

「 季節の野菜 delivery 」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223