calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

change myself

12年前の長野オリンピックの年。

俺はその年の冬、会場のひとつである長野県志賀高原で過ごしていた。

その前の年に立てた本当にささやかで個人的な「自己再生」のための一環として。

翌年、俺はそのささやかな「自己再生」を果たすことができた。20代の後悔を30代に引きずるのだけは嫌だった。文字通り何もない状態からだったけど、強い意志と日々の鍛錬だけは怠らなかった。持っていた金と時間はすべてそれに費やした。その世界ではとっくに終わっている過去の人間だった俺にも、俺が本気で取り組むと支えてくれる人達がポツポツと現れた。

あの2年間がなければ今の俺は確実にいない。何の後ろ盾がなくなったとしても、強い意志と本気を出せば必ず再生できることを学んだ。そして周りの人に感謝できるようになったのもこの頃からだ。

何かを始めるのに遅すぎることなんてない。後ろ盾がなくなれば、様々な「知恵」も浮かんでくる。逆に後ろ盾という担保があると、余計な「知識」だけが膨らんで真ん中はどんどん空洞になっていく。後ろ盾のない中で得た「知恵」こそ、その人のオリジナリティーだと思う。

365日本気で生きるのは磨り減ってしまう。でも、一度くらい本気を出して取り組めば、確実に何かが変わる。


年明け早々にパイレーツのギター、ミック・グリーンが亡くなったそうだ。イケてないファッションに冴えないルックス。でも演奏はキレキレ、メチャカッコイイ。日本でもミッシェルガン・エレファントが多大なるリスペクトを寄せてるから若い人も知ってるかな?気合一発、本気度丸出しのマシンガン・ギター。ミッシェルファンの人は一緒に演奏している映像もあるので検索してちょ。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

life is action

今日も朝からノルディック複合や男子モーグルで熱くなる。

どうしたって目頭が熱くなるね。昨日の女子モーグルも凄かった。

本当にいいものを見せてもらってます。

音楽でも本でも映画でもスポーツでも食でもなんでもいいけど、いいものを見せてもらって感動したその直後の自分の行動が一番大事なのだ。

誰の言葉だったかはもう忘れたけど、あるミュージシャンがお客として、とあるミュージシャンのライブに行ったのだと。1曲目で完全にノックアウトされたそのミュージシャンは1曲目を終えたところで会場を出て自宅に戻り、自分の曲作りに励んだのだと。

すごく良くわかる話。

皆さんだったらどうですか?俺だったらチケット代の元を取ろうとか、最後まで楽しもうとか、次の日もその余韻に浸って良かったなーとか言ってそう。

それも決して悪いわけではないと思うけど、何かに感化されたら素早く「行動」に移してみる。できれば直後、次の日の朝一番も大事。これを、ぐーたらと何やかんややるべきことを先延ばしすると、ロクな結果にならない。

何でもいい、自分の置かれている環境で自分のやるべきこと今すぐやってみよう。



明日は男子ダウンヒル。映像はW杯のクラシックレースのひとつオーストリア、キッツビエール、屈指の難コース。max140k。誰が勝つかな?個人的にはスイスの気合入りまくりディディエ・クーシュの果敢な滑りが好きだ。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

中年アスリートに思う

オリンピックっすよ。オリンピック。

チョー個人的な理由で、オリンピックは夏よりも冬が好きです。

しかし多くの人にとって冬のオリンピックは夏に比べて「他人事」のような感覚ではないでしょうか?

これは夏のスポーツと比べて冬のスポーツは圧倒的に原体験が少なく、故にその感覚が理解できず、感情移入しずらい部分でもあると思います。

例えば夏のスポーツは子供の頃や学生時代に遊びとか授業とかで一度くらいは体験したり、或いは中年になってからでも「趣味」として継続できるものが多い。故に、夏のオリンピックともなると、国民皆解説者&総監督と化す。

一方、冬。例えばスキージャンプ。中年になって趣味でジャンプを始めました、なーんて話はほぼありえない。ジャンプをするということはすなわち競技者であるということ。そしてその感覚は我々には未体験の感覚であるが故、感情移入がしにくいのだと思う。

もうひとつ、冬の特徴として「自然条件に大きく左右される」ということもある。一定条件のもとでは強いものが勝つ確率が高いが、不確定要素の多い条件の中でトップに君臨し続けるというのはとても難しいことだ。それに加えてスキーなどは毎年凄まじいマテリアルの進化と技術の追いかけっこ、そしてルールの改正など。逆に言えば様々な条件が重なれば思わぬ伏兵が勝者となることもしばしば。

科学的なトレーニングの進化によって、アスリートとしての寿命も格段に伸びているし、怪我からの復帰も珍しくない。

自分のささやかな経験からも思う。オリンピックレベルの超一流アスリートだけでなく、国体レベルや社会人レベルでも言える事だが、身体的な能力のピークと、メンタル面で成熟した年齢とのピークが、なかなかうまく噛み合わないことが多い。

30歳も後半になってくるとさすがに色んなことがあるわけで、一人の人間としても成熟しつつある年齢にある。所謂、メンタル部分での強さを兼ね備えてきているわけだが、一方でこの年齢では身体機能のピークを過ぎている場合も多い。そんな中でマテリアルや技術の変遷を乗り越え、長年に渡り世界を相手に戦う「中年アスリート」は、ただただ賞賛に値すると俺は思う。

中年アスリートの目や顔つきや言葉から発せられるものからは、若い選手にありがちな「ビッグマウス」とはまた違う「確かな自信」が感じられる。

そんな意味でジャンプの葛西選手と岡部選手は是非頑張って欲しいなあ。そして僕の一番の注目はアルペンの皆川選手、何度でも這い上がってきたその底力を見せて欲しい。

屈託のない若い選手ももちろん魅力だが、中年アスリートの様々な想いが凝縮された4年に一度の大勝負。応援してます。

ちなみにこれ、雪じゃなくてスケートリンク並みの氷です。





comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

back home

薪を運んだりとか野暮用で、週に1度くらいは実家に行くのだが滅多に上がりこむ事はない。殆ど玄関先で用を済ませて終わり。

久しぶりに、多分半年振りくらいに上がり込んで、まったりする。

当たり前のことだけど、自分が生まれ育った環境が今の自分を形成している。良くも悪くも。

2010_0211_541.jpg

2010_0211_542.jpg

2010_0211_543.jpg

2010_0211_544.jpg

2010_0211_545.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

鳴り止まないlondon calling

年に何度か頭の中で「london calling」が鳴り止まない日がある。

健康な肉体と精神がある限り、どんな仕事であれ自分で稼いで、食っていく。基本的なことだと俺は思う。

自分で自分を食わせていくことの出来ない人間が、どんなご立派な精神論を唱えたところで空虚でござんすよ。

ささやかなる仕事も果たせない人間が、何がエコで何が地球環境か?もっともらしい大義名分に摩り替えないでくれ。どんなに無添加のものを食おうが無農薬の野菜を食おうが、決定的に生命力に欠けてるのだよ。どんな仕事でも何でもいい、とりあえず我慢して続けなよ。自分が苦しくなるって?組織や集団なんて日々理不尽な事だらけだ。だったら自分で独立するしかない。後ろ盾がなくなったら、いかなる理由も通用しなくなるけどね。

でもね、生業として独立しても、人間は一人では生きてはいけないのよ。夫婦二人だって理不尽な事だらけだ。他者の理解とは自分一人の想念の中で完結するものではない。それは自分ひとりで「許したつもり」、「理解したつもり」になっているだけ。組織であろうが集団であろうが夫婦であろうが、結局のところ自分とは違う他者に身を置いて向かい合い、そこでサヴァイブして行くしかない。

俺は物事を継続しない奴の話など聞かん。だから逆もまた然り。どんなにくだらない事でも継続した人間の強さと説得力には叶わない。不倫だって最後まで貫けば純愛に変わるんだよ。

結局、意思の弱いものはもっともらしい言い訳や、新しい生き方とか価値感みたいなものを持ち出すのだ。

俺は自分のじいちゃんばあちゃんがそうであったように、、たくさんの子供を育てるためだけに、あるいは日々食べていくためにただ黙々と月明かりの下で畑仕事をしてきた、そんな人間になりたい。

すべてのニセ者達に引退勧告とサヨウナラ。日々黙々と働く本気印の皆さんこんにちは。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223