calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

女子呑み

先日の「男呑み」に引き続き、昨夜から今日にかけて、我が家では「プチ女子呑み」。

僕はこう見えて(どう見えてんだ?)実は性格はすこぶる「女」です。ホントです。

昔から女子の中にフツーに溶け込んでいました。女子からも「男とは思えない」と言われていました。

なので、大人数の女子の中でも違和感なく会話に入れます。ていうか、単に男よりも女が好きなだけかと思いますが。

この三日でどんだけしゃべって呑んだんだ?あれだけあったお酒のストックも底を突きました。

まるで冬眠している動物のように、散々脂肪を溜め込んでいるのがよーく分かります。

明日は少し脂肪を燃焼させます。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

男呑み

昨日の夜は、おぐに牧場のオグニンとオーガニックケルプの吉川隊長と、我が家で「男呑み」。

新年会も兼ねて今年のそれぞれの展望などを話す。毎度、作戦会議と称して単なるアホ話の飲み会で終わってしまうので、この日は少しマジメモードで。

それぞれに生産しているものが違うけれど、取り組み方は非常に良く似ている。そして抱えている問題とそれに対するビジョンもよーく似ている。

あーだ、こーだと話し出すと止まらない。みんな今年も少しずつ色々挑戦していくようだ。そしてタイミングが合えばその都度連帯していく。(連携ではない)

楽しいことは向こう側からはやってこない。抱えている問題は意思と行動が伴わなければ、変わらない。深夜2時、そのことを確認して満場一致でお開きとなる。

オグニンがいいこと言ってたよ。「情報過多は無知と一緒」。えらくカンドーしました。


昨日から今日にかけて、こちらは吹雪。

黙って家にいればいいものを、昨夜の話の経過から、やはりこのご時世まともな仕事をしている人のところで金を使うべきだとの見解に基づき「唐草館」のランチへ。

いつ来ても満足度100点。こんな猛吹雪に山の麓までランチに行きたくなるお店。お金を使って感謝の気持ちが沸いてくるお店。

帰り際、オーナー夫妻としばらく話し込む。

何だか昨夜の話の延長みたいで笑えた。

今年もお目に叶う野菜を作れるように頑張ろうっと。

2010_0116_511.jpg

2010_0116_512.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

無題

病院へ行ってきました。

昨年からありとあらゆる検査を行なってきましたが、結局のところ何処にも異常が見つからず。

安心といえば安心。

しかし、高血圧ということにかわりないので、引き続き「内服薬、継続の刑」に処された。

とにかく、体調不良つーのは本当にしんどい。幸い、このところは調子がいいので、そろそろ全快(全開)と行きたいところだが、ここでまた調子こいて若かりし頃と同じ感覚で突き進んでしまうと、全壊してしまうので、気をつけます。

本日、とっても冷えましたです。今夜も冷え込みそう。

皆さま、お体お大事に。

2010_0114_508.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

Don't be afraid of the light that shines within you

どうにもこうにも冴えない日々が続いてる中で、こんな音楽に出会う。

アイリッシュのシンガー、luka bloom。デビュー当時から好きだったんだけど、新しいアルバムに収録されているこの曲。

英語力はゼロですが、「あなたの中に輝く光を恐れることはない」とでも訳すのでしょうか?いずれにしても彼の深くて強い眼差しと、オーディエンスの表情があまりにも素晴らしくて、とてつもなく救われる。

ブログを見ているであろう友人はいいのだが、見てないであろう友人に映像を送りつけよう。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

無題

色んな人に色んな本を薦められるんだけど、この10年くらい小説とかの文芸誌は一冊たりとも買ってません。CDと本は借りるものではなく買うものだと思っているので、買ってないってことはこの10年読んでないってこと。何の自慢にもなりませんが、、、。

ちなみに俺、こう見えて(どう見えてんだ?)一応文学部の出です。一応というのは、体育会だった故に単に籍を置いていたというのが実態っす。

20代までは多分人並み以上に読んでました。それがこの10年ぱったりと。

何事も過去の反動の振り幅が極端な性格です。

理由はいくつかありますが、あまり活字を読みたいと思わなくなったことが大きいかと。

何故、そうなったのか?

どうしても小説や文芸誌の類は読んだ後に様々な想いや考えが廻る。良くも悪くも後を引く。そして肉体的ではない。たぶん、当時の俺はそれが悪いほうに作用していて、それに気付いていた。だから他人の言葉や考えをシャットアウトして、ひたすら自分の直感だけを信じて「即行動」に移してきたのが30代だった。今思うと30代の始めの頃は文学だけでなく音楽からも、人からも距離を置いていたように思う。

東京時代に部屋を占拠していたCDや本は8割くらい処分してきた。確かあれは30歳くらい。

処分せずに残っている本は、処分できない理由があって残ったものだと思うけど、どういう判断基準で残したのかなんてもう覚えていない。

冬の間に時間が出来ると、ウチの妻がそれらの本を読み漁っています。

当時の俺が何を考えていたのか探りを入れてんのかなー?

音楽は再び日々の生活の処方箋となり、人との関係も再構築。

でも、今もって活字に向かう気持ちが沸いて来ないのは不思議。その時はまたその時ってことで。

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223