calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

種を蒔くことから始めよう。

今年作付けする予定の種、約半分を注文。

何事もそうですが、種を蒔かないことには実が生りません。

今年も特に何か変わったものを植える予定はなく、初夏から初冬にかけての僅かな間に、多少なりとも皆さんの食卓にお邪魔できればと思っております。

毎年思うのですが、鼻クソ程度の小さな種から(スンマセン貧弱な例えで)よくもまぁ、あんなに実が生るものだと感心します。

自分で撒いた種は自分で刈り取る。種を撒いた以上責任を持って育てて刈り取る。今年もまたその大きなサイクルの中に身を投じてがんばりやす。

んで、僕の唯一の趣味である音楽鑑賞も種蒔きは継続します。こちらも種を撒かないことには実が生りません。かつては豊かな土壌であったとしても、受け継ぐ意思やニンゲンがいなければ砂漠化してしまいます。食文化然り、音楽文化然り、函館の街並み然り。

昨年同様、今年もちょこちょことライブを。とりあえずまだ未定ですが、春に来たいと言ってる方と秋に来たいと言ってる方がいます。うれしー。皆さん、冬は敬遠するのね。俺、冬の方が時間取れるんだけどなー。いずれにしても楽しみです。

最近、友人が送ってきてくれてた藤井一彦氏のソロアルバムをずっと聴いてます。東京時代に何度か観てるんだけど、バンドとはまた違った世界観で、古いブルースのレコードを聴いてるようで素晴らしいっす。彼のギターは折り紙つきだが、アコギもスゲーすよ。歌詞も今の僕にズッポリと。近年は弾き語りのライブもやっているようなので、観たいなー。つーか、観たいなら呼べよ自分。機が熟せばその時はやってくるでしょう、きっと。

知らない人も多いかと思いますがTHE GROOVERSという日本が世界に誇れる3ピースバンドの最高峰であり重鎮。弾き語りの映像は見つかりませんでしたので、本業のバンド映像で。日本にパブロックなるものがもしあるとすれば、彼は間違いなく日本を代表するパブロッカーでしょう。本物のラケンロー、ここにありけり。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

rock'in in the free world

しかし今年は良く降るねー。

冬らしくて好きですけど。

食って、呑んで、寝るというお正月も二日で飽きてしまいました。たまにテレビをつけたけど、やっぱりあんまり良く分からなかった。これでまたテレビを見ない生活がしばらく続くんだろうなー。結局、種のカタログを眺めつつ今年の作付けのことを考えていた。

昨日見たニュースで、首相がホームレスの方が一時的に入居できる施設を視察していました。視察してその現状を感じ、それを政策として打ち出し、法案を提出して、策を講じて、それがそのホームレスの方に行くまでにどれだけの時間を要するのでしょう?その間におばあちゃんは都会の寒空に消えて行きました。

多分、首相は自他共に認めるとてつもないお金持ちなんだと思います。だったらさ、その場で手持ちのお金ドーンと置いてくりゃいいじゃんと思うのです。何かの縁でその日出会ったホームレスの人達の現状見たんでしょ?何か感じたんでしょ?自他共に認めるお金持ちでしょ?

政策として打ち出すのが政治家として正しい態度なのかもしれないけど、その場その日に出会った人達に心動かされて身銭を切る方がよっぽど人間らしくて信頼できるんですけど、人として。

政治家という立場を離れれば出来ること?それはまた随分大変なお立場だ。いや実際大変な仕事だと思うよ。

政治家と呼ばれる人たちは人としての信頼よりも政治家としての信頼を得たいものなのでしょうか?

個人に冷たくて、多数に優しいのが政治だということを聞いたことがあります。それも分かります。でも選挙の時、個人個人と握手してますよね?。あれはマスに優しくするために個に優しくしているようなフリをしているだけですか?

最大公約数の政策を打ち出すのが政治家かもしれません。でも首相もニンゲンならその場で突き動かされたニンゲンとしての何かがあると思うのです。それにイチイチ個人としての反応を示していたら、政治にはならんのかも知れないけど、俺は意外とそうでもないと思うのです。心ある人間なら1回くらいその衝動に任せてやってみりゃいいじゃんって思うんすよ。多分、そんな人間臭くて政治家としてはダメな奴の方が国民の心を意外と動かすと思うのは俺だけですか?どうせギャグにもならないような女性問題とか金の問題とか天下りとかで話題を振りまくより、よっぽど健全だと思うのです。

こういうことを言うと、全国のそういう施設や被災地などを全部まわって全部身銭を切れるのか?不公平ではないか?というオッペケペーな奴もいるけど、そんなのはただ批判したいだけな奴です。

不公平というのは一部の金持ちが搾取できるようなシステムを不公平というのであって、瞬間に心動かされて身銭をきる行為に対してまで不公平というほど、この国の一般庶民は心が腐ってはいないと思うのです。「日本人はまだやれる」という今時の小学生でも騙されないようなアホ臭い掛け声よりもましだと思うのです。

たぶんそういう行為が周りとか官僚とかを少しずつ動かして、個からマスへ、心情からシステムへと成熟して行くのだと思うのは青臭い世間知らずの人間の戯言でしょうか?

同情はいりません、哀れみもいらないでしょう。でも人生の経験を積むと、そういうこともちゃんとわきまえて出来ることもあると思います。そこに多少のおせっかいがあったとしても。

助けて欲しい時に素通りされるほど悲しいものはないっすよ。大きなことはもちろん出来ませんが、俺も自分に出来ることはしようと思いました。

まずは暖かい家があって、3食ごはんが食べれて、家族があって、仕事があって、健康があって、忘れがちなそんな当たり前のことに、たまには感謝を。

そう思うと出来ることはたくさんあるなー、普段やってないだけで。

さて、今年も野獣のオッサン達に遅れを取らないようボチボチ回転数上げていきましょか。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

謹賀新年

今年もどうぞよろしく。

昨夜からの猛吹雪で吹き溜りが凄い。

家の前の小路から幹線道路までが寸断。車が出られましぇん。

今日もまだ吹雪いとるよ。

除雪が入る見通しがなく、孤立しております。

と、いっても何処かに行く予定もないので特に今のところ不自由はしてませんが。

妻はせっせと元旦の朝から雪かき。

僕はせっせと朝から呑んで早急にダウン。

一年の計は元旦にあり。

017.JPG

006.JPG

007.JPG

008.JPG

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ありがとう2009

風呂に入ってアホみたいに体を擦る。

さて、何とか年を越す準備もできたぞ。

こっちは猛吹雪です。

体調不良、生育不良、天候不良の3点攻撃で色々しんどい年だったけど、終わってみれば何てことはない。

今年一年、やれることはやったか?
もっとやれたんじゃないのか?
途中で投げやりにならなかったか?
笑いを忘れなかったか?

たまには自分で自分にOKを出してあげよう。

多くの人の支えで一年乗り切ることが出来ました。

ありがとー。

また来年も懲りずにどうぞよろしく。

では、良いお年を。

001.JPG

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

Life

「今どき手編みのマフラーとかピアスを送るとかいうところに、失われし昭和を感じました」とのご指摘。押忍。ゴメンよ、古い人間で。



ガンに侵されている脱走常習犯。

たぶん、黙っていても年末に脱走するだろうと思っていたのだが、今回は脱走することなく、年末年始の帰宅となった。病室で年を越さずによかった。部屋の掃除や風呂の準備などをする。

胃ろうで御馳走はムリだろうと思っていたら、どうやら病室でも隠れて色々食ってたようだ。さすが。ならば、一緒に食おう。病気を抱えた一人身の男が家で年を越すのは良くない。放って置く優しさも必要だが、あつかましいくらいのおせっかいも必要だ。ニンゲン、食えてなんぼだよ。そんで、元気に年を越そう。


この年末に、海の向こうでは。

vic chesnuttが亡くなったそうだ。45歳。ほぼ同世代だね。

R.E.Mのマイケル・スタイプをはじめ、多くの人たちが彼の音楽を愛した。米国シンガーソングライターの至宝。

ヴィクトリア・ウィリアムスとともに難病で困窮に陥ったミュージシャンの基金も立ち上げた。

死因についてなんてどうだっていい。18歳で半身不随となってからもずっと歌い続けて、多くの人の心を動かしてきた。それだけで十分だし、それが全てだ。

ありがとー。







comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223