calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

不自然な自然体男が目指す「不自然農法」

月並みですが、一年は早いっす。

つーことは1ヶ月も、一日も早い。だから一年は早いということになる。

人生もあっというまだ。

何処がゴールで、何が答えなのか?未だにさっぱり分からんし、分かろうともしていない。いつの頃からか、そんな無意味な自問自答は時間の無駄だと思うようになって、出来るだけ瞬間に力を注ぐようにした。そしたら余計に時間が早く過ぎていくように感じた。なんだかねー。

稀にこの人は本当に自然体なんだなー、と思う人がいる。かなり少ないけど。

フツーでは考えられないくらい時間も労力も集中力もお金も注いでいて、抱えている事象も多岐に渡っているのに、全く無理がない。形で言えば限りなく球体に近い感じ。

一方のオレ。

自然体を目指すのに必死で頑張らなければならず、既にその時点で不自然全開。かといって、がむしゃらにやるにしても「ぐーたら」な自分を踏み台としなければ奮起できず。形で言えば何だろうねー、意味不明なミステリーサークルか?

いっそ、panの森「不自然農法」に切り替えようか?なかなかいいかもしれないぞ。マジで。ネコも杓子も自然農法だの大地に根ざしてだの自然と調和してだの。

もちろんオレもそういうことは目指している。でもそれは、オレがこの自然界の中であまりにも不自然な存在であると思うからそこを目指している訳であって。

人間が他の生命体と同様に、この自然界と一体であるということはすごく理解できる。かつてはそうだったのかもしれないし、今も多分そうだ。これからだって。

でも、ずーっと大昔。まだ竪穴式とか狩とかの時代の人間も、自然界の中では自分達があまりに不自然な存在であるということに気付いていたのではないだろうか?

だから山の神や自然の神や獲物に感謝したり、様々な儀式があったんだろうなーと想像するんだけど。

自分達の存在が不自然であるがゆえに生まれてくる自然への崇拝や尊敬や謙虚な気持ち。忘れちゃいけませんな。

今年の悪天候とか不作とかetc,,,。色々学んだなー。

不自然な俺が、どうにも抗うことの出来ない自然のサイクルを感じながら、出来るだけ自然な野菜を作る。

出来るだけシンプルに作っているが、やはりこれからは「不自然農法」かもよ。

そんなこんなで、来年は皆さんの手に渡る時には甚だしく「不自然」な状態で手に渡っているかもしれません。ヒッヒッヒッ。

ウチはアクの強そうな味になるかと思いきや、有機野菜マニアに言わせると繊細な味なんだそうだ。

人生、自分の思うとおりになります。しかし、同じだけ思うとおりにならないこともあります。

Are you happy?


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

聖なる夜に

皆さん、クリスマスはどうでしたか?僕は心穏やかにのんびりと過ごしました。サンタさんは来ましたか?

今年は僕のところへも来ました。枕元にありましたよ。ウチの薪ストーブの煙突から来たのかなー?駄々をこねないで、ちゃんとお利口さんにしていると、40過ぎてもサンタさんは来てくれるようです。

にしても、、、聖なる夜に、これはないだろうと思いました。
024.JPG

つくづく結婚してて良かったなー、と。ボランティア精神溢れる妻でよかったです。

ふと、こんなストーリーを想い描いた。
仮にだ、、、。
俺が独身で、想いを寄せる彼女がいたとしよう。彼女もまんざらではない様子。で、聖なる夜に俺は「勝負」に出ると決め込んで、彼女もそれにうっすらと気付いていている。二人の期は熟しきっている。お互い既に「そうなること」を望んでいる。キャー。

その前に、ギラついていると思われるといけないので、どこかで食事をしよう。自分の野菜を仕入れているところがいい。何度も言うが、今日は聖なる夜だ。

「これはね、僕が作ったジャガイモのニョッキだよ。」
「うそ~?美味しい~」
「これはね、僕の友達で山田クンが作ってるチーズ、食べてごらん。」
「おいしー。」
「このお肉もね僕の友達で小国さんが作ってるんだ。食べてごらん。」
「すごく、美味しい~。幸せだわ。」

忘れてはいけない、今宵は聖なる夜。俺は彼女の手編みのマフラーをもらい、俺はピアスを贈る。

多分、この時点で俺の血圧は臨界点に達しているはず。

冷静に忘れてはいけない、今宵は「勝負」の夜。

さんざんムードも盛り上がり、いざ結ばれる「その時」が来たとしよう。

世の男性諸君に問いたい。キミならその時どうする?キミの上半身は今夜、こんなブザマな姿だ。
025.JPG

本上まなみのような天使の彼女にどう説明する?

「ゴメン、ボクはサイボーグだったんだ」とギャグにするか?

それとも「今日来るときに、国道沿いのパーキングで強い光を見たんだ。そうしたら身長50センチくらいの宇宙人4人に運ばれて、こんな電極をつけられてしまったんだ」と言おうか?

世の男性諸君、キミならどうする?

正直に高血圧を自白すればいいだけの話なのか?キミにそれは出来るか?俺には出来ない。

それとも、今さらクールに決め込んで「ゴメン、今日はそんな気分になれないんだ」と言うのか?女の子からそういうことを言われたことは何度もあるが、男の口からそういうことを言ってもいいものなのか?

さあ、乙女心を全く理解できていない無頓着な同志達よ、キミならどうする?

天使が舞い降りるか、手のひらからすり抜けていくのか?

嗚呼、神よ、聖なる夜よ!どうか僕の血圧を下げておくれ。


スンマセン、大掃除中の妻の目線が、冷たいのを通り越してフリーズしかかっているので、この辺でやめときます。聖なる妄想にお付き合いいただき、ありがとーです。

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

聖者達と天使達

これまでに、色々なクリスマスを過ごしてきた。

冬山で全裸ではしゃぎまわったりしたこともあったし、辛気臭い部屋で燃えカス以下になって一人くすぶっていたこともあったし、教会で厳かな時を過ごした事もあった。ホント、今思えば色んな場所で色んな人と。どれも楽しかった。

しかし、さすがに24時間ホルター心電図を付けてのクリスマスは想像したことはなかった。沖縄に雪が降るくらい確率としてはないと思っていたのだが。

厄年とは文字通り厄介な年なのだなーと。しゃーない。自分が生きてきた殆ど全ての要素が凝縮されて「今」という時があるのだから、2009年のクリスマスに24時間ホルター心電図をつけるような生き方をしてきたと思うしかない。

まぁいいや。我が家には今夜、そんなことを忘れさせてくれるだけの極上の食い物が出揃ったわけだし、感謝して美味しくいただこう。

と、言う訳で今宵はこんな感じ。

・我が家のルッコラとパンチェッタのサラダ。。
(ルッコラは雪の下から掘り起こしました。山田クンちで飼っていた豚ちゃん1頭が先日、ベーコンになっちっゃいましたので、分けていただきました。)

・レバーペーストのバケット。
(市内のノイ・フランクさんで購入したレバーペースト)

・山田農場のフレシュチーズ
(これにパキスタンの高地で採取された極上のハチミツと我が家のレッドカラントのジャムをのせました)

・魚介の自家製トマトソースパスタ
(テキトーな魚介類と夏の間にストックして冷凍していた我が家のトマトソース。加工用の品種で作ったものなので美味しい)

・おぐに牧場のサーロインステーキ
(トリはもちろんこれ。オグニンの極上サーロイン。昨日、わざわざ電話をくれて、ちゃんとウチの分を寄せておいてくれた。その心使いが嬉しい。オグニンの肉が旨い理由はそういうところにあるんだよな、きっと。これを常温に戻し、両面軽く火を通し、鋳物のステーキプレートに乗せて、それを薪ストーブの置き火の中へ投入。しばし、グリル。シンプルにオーガニックケルプの函館産の塩で食す。)

・紫イモのタルト
(我が家の紫サツマイモを使ったタルト。スイーツ担当はウチの会長。聖域なので申すことなし。)

何もかも旨い。すいません、旨すぎて。勝手な想像力と勝手な感情移入で美味しさはさらに倍増っす。

こうして自分のところの野菜や加工品や仲間の生産者の食材で殆ど賄うことができました。ありがたやー。

皆さんのまわりが穏やかで平和な夜でありますように。

今年のベストトラックはやはりこれです。どうぞ。


001.JPG

003.JPG

005.JPG

009.JPG

015.JPG

017.JPG

021.JPG

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

give me tomorrow

give me tomorrow

森田健作の青春ドラマか、或いは安っぽい人生応援ソングでしか聞けないような、そんな青臭いコトバ。

しかし、2010年になろうとしている今、青臭いとも恥とも稚拙とも感じさせず、絶対的な確信と信念と美学を持って、歩みを止めない人。そんな人はほぼ無条件に信頼できます。


前作「street of NY」で遅ればせながら知った彼。

mike scott,ian mcnabb,jackie leven,van morrison,bruce springsteenといった「俺的絶対信頼度100%」の系譜に見事仲間入り。まっ、俺が言わんでも映像みればお分かりの通りU2のボノ、ルー・リード、グレアム・パーカー、ルシンダ・ウィリアムス、スティーブ・ヴァンサントなどなど、それはそれは大御所の皆さんが賛辞を寄せているわけで、知らない俺がバカでした。

昨日は半日かかって血液検査だのオシッコの検査だの。なんでもなくてホッとしたけど。明日は24時間のホルター心電図とエコーだと。もはや敗北感どころではなく、全面降伏しております。

give me tomorrow





2009_1223_505.jpg

2009_1223_506.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

無題

今夜もしんしんと降ってます。ここ数年にしては珍しく雪が多いです。

今日は「山田農場チーズ工房」や、元町「工芸舎」やその他お世話になってるところへ野暮用でお出かけ。

2009_1220_500.jpg
山田クンちはすっかり冬篭りの装い。ちびっ子も薪運びの仕事を手伝ってたよ。豚ちゃんどうしてる?と聞くと、あーもうベーコンになっちゃいましたー、と。で、そのベーコンをいただきました。クリスマスに食べようっと。

さて薪ストーブの前でゴロゴロとしながら、種苗会社から送られてきた種のカタログでも眺めよう。
2009_1220_501.jpg

2009_1220_503.jpg
これも今年よく聴いたアルバム。陳腐な説明は無用ですな。このアルバムは彼が所有する「納屋」でレコーディングしたみたいで、音が最高にいい。

ん~、俺もいつかイカシタ「納屋」を建てたい。もちろん薪ストーブは必須。今度は赤のホウロウにしようかな?そこでゴキゲンな音楽とお酒と食い物と、そんでライブとかも出来るようにしたい。実家には使用していないグランドピアノもあるしそれを持ち込もう。2FはB&Bとかもいいな。

さてと、先立つものは金か、想いか、行動か?

まずは血圧の安定だな。



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223