calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

people have the power

4月から数えてかれこれ5ヶ月近く、いまだテレビのスイッチを一度も入れていない。自己最長不倒更新中。唯一観ていた筑紫さんのニュースも彼がブラウン管に登場しなくなってから観なくなってしまった。おまけに我が家は新聞もとっていない。甚だ世の情勢には疎い。

いつの間にか選挙とな。

若い頃は全く感じなかったけれど、年を重ねると生活の中にやたらと「行政」というのが身近に絡んでくる。結婚、離婚(してないけど)、子育て(いないけど)、土地の購入、家のローン、贈与だ、相続だ、登記だ、登記抹消だ、介護保険だ、施設だ、後期高齢者だ、司法書士だ、弁護士だ、法務局だ、税務署だ、裁判所だ、、、。これが住む場所や地域によっては住民を真っ二つに、やれ新幹線だ、高速道路だ、公共事業だ、ダムだ、原発だ、いや反対だ、ゴミ処理場だ、と。

この数年でようやく普通の大人並に様々な行政に関わることになった。登記というのも司法書士とかにやってもらうもんだとばっかり思っていたら、殆ど自分で出来るものばかり。この2,3年で実に様々な登記を自分でやった。何故か抵当権の解除つーのもやったぞ。おかげで殆どお金をかけずに済んだ。

もちろん上手くいっている制度もあるだろうが、「いったいこれは誰のための制度なん?」というのもたくさんある。それらはいつの間にか知らない間に勝手に出来た感があるが、すべて法案を通して出来ているのであって、その法案を作っていらっしゃるのが我々が選んだ「センセイ」と呼ばれる人たち。

別に「イタリアンか?フレンチか?」みたいな贅沢な選択をしたいわけじゃないけど、「ボロ雑巾か?穴の開いた靴下か?」みたいなことを迫られたって、どうすりゃいいんだって思うよ。

各党の政策を良く知ることももちろん大事だと思うけど、その前にこの国で現在起こっていることを今一度よーく知る必要性がある。特に俺の場合は。政党や立候補している人にも、今起こっている現実を素通りしてただ政党名を声を枯らして連呼したところで、俺にはただのうるさい耳障りの環境破壊政党にしか思えんよ。

93年くらいだったかに所謂「55年体制」というのが終わってからというもの、俺にとっての選挙はいつも消去法で、消去法でいくと誰もいなくなってしまう。その中でももっとも「ましな奴」を選ぶという、なんとも悲しい選択が続いている。物事を決定するときに確信を持って決められず、消去法で決めていい結果が望める訳もないと思うのだが。

ボロ雑巾を終わらせるためには、とりあえず穴の開いた靴下でもいいから履かせてみるべきか?それともまだ汚れの少ない靴下に自分の理想を委ねるべきか?

ミゾユウの経済危機、派遣切り、雇用・失業問題、介護・医療・障害者福祉、子育て、少子高齢化、将軍様に日米安保、基地問題にオキナワ、テロとの戦い、エネルギー・原発・環境破壊・地球温暖化、公共事業、天下り、政治とカネ、高速道路に新幹線。食糧問題に農業政策。魂の劣化、ココロの劣化、国家の再生、地域の再生、家族の再生、自分の再生。

わが国は世界第2位の経済大国らしい。しかし、首都圏のど真ん中に「派遣村」ができたり、年収200万以下の「働く貧困層」が1032万人とか聞くと、何処かで何かが狂っているとかしか思えん。

センセイ方へ。
どうか当選した暁には「国民の民意を得て選ばれた、国民は良識ある判断を下した」などと驕った記者会見だけは止めてくれ。「選ばれたのではなく、他を消去したら私が残っただけです。ですから一生懸命頑張ります」一度くらいそういう記者会見を聞いてみたい。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

無題

カメラを持ち歩くという習慣がないので、最近ブログ用の写真もすっかり忘れておりました。

いくつかアナウンスを。
29日(土)は元町「工芸舎」での「食芸市」。いつものメンバーでやります。「海藻専門店オーガニックケルプ」の吉川隊長はまだ入院加療中。

同じ日の夜は先週強風で中止となった「湯の川いさり火祭り」の花火大会。体力があれば、先週のリベンジで「Flax」さんの前に現れます。

30日(日)も出張販売ありますかー?とのお問い合わせが数件。行きたい気持ちは山々ですが作業も停滞気味なので、日曜日は直売所まで来ていただければ、これ幸い。ちなみに晴れの日は平日も直売所は空けてますので是非。

web shop「季節のやさい箱」vol,1。本日で予約受付終了です。本当にたくさんのご注文ありがとーございました。お礼のメールもたくさん頂き、多分全員に返信させていただいたつもりですが、届いていない方がいらっしゃいましたらごめんなさい。市内への配達希望の方もたくさんいらして、意外と自由にセレクトするよりも箱の方がいいというお客さんが多いことを知りました。「うちは家族が少ないので、配達は気の毒でー」ということを良く言われますが、セレクトでも箱でも毎日配達はしておりますので、少量でもお気軽に。vol,2の予約も間もなく開始しますので、newsまたはweb shopのページをチェックしておいて下さい。友人等への贈り物としても是非どうぞ。


019.JPG
「季節のやさい箱」vol,1

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

goodbye blue sky

函館はすっかり秋風です。

今日は空も海もとても青かった。

いつもは畑の隅に捨てるほどあるズッキーニや有り余るほどのカボチャやサツマイモ。食いきれないほどのオクラ。翌年の春まで食べきれないニンジン、タマネギ。今年はそのどれもが無残な状況。

どこまでも青い空を見上げながら、なんとも言われぬ虚無感に襲われる。自然に抗うことが出来ないことを実感する。

夜、友人の「木下酒店」へ一人で出かける。先日のライブの話やオヤジのくだらないシモネタで癒される。

いつだってアホになれる自分がいる限り大丈夫。先日、ヒロシが歌っていた新曲の一節。「あきらめるのは死んでからにすればいい」。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

thanks a lot

20日の山口 洋ソロライブ、お越しいただいた皆さん本当にありがとーでした。ライブの詳細は上手く文章に出来そうにないので、本人のダイヤリーを参照していただくのが一番と思ったのですが、我が家で寝っ転がってる写真とか食いもんの話ばかりでライブの詳細には一切触れておらず。んー、ヒロシ兄らしいねー。確かにガツガツ食ってる姿を今まで一度も見たことないけど、今回ばかりは「そこまで食うか?」ちゅーくらい食ってたな。

で、ライブ。会場である「想苑」に不足なんてあるわけがない。お客さんもたくさん来てくれた。信頼のおける仲間の食材で仕事後の空腹感も埋められた。ヒロシ・ヤマグチのミュージシャンシップは言うに及ばず。あとはそれらの要素がどのように作用して転がるのか?上手く言えないけれど、人間、覚悟を決めて本気を出して継続すれば何らかの形にはなるんだということを改めて実感したライブだった。

生後間もない赤ん坊もいた。親達が困り果てている悪ガキ中学生3人はイヤイヤ親に連れてこられていたようだが、「本気印」の不良中年を目の当たりにして、直立不動で口をあんぐり開けていた。同世代の人間にはリアルな現実と、それでも前進することの素晴らしさを感じさせてくれる夜だった。

何しても、いろんな形で協力してくれたみなさん、ありがとーでした。

明けて翌日。前日のヒロシ・ヤマグチと同じ便で近藤智洋氏現る。翌日のライブのため前乗り。友人たちも加わり明け方まで我が家で宴。ミュージシャンが我が家に二人。結局ギターを取り出して歌い続ける懲りないおじさん達。

さらに翌日、ヒロシ・ヤマグチを札幌行きの汽車に乗せ、近藤さんを会場まで送り届け、仕事に復帰し、仕事を抜け出し近藤さんのライブへ。ドラムの高橋さんも交えてロッキンな近藤さんを観る。俺と近藤さんとヤマグチさんの共通言語、THE WATERBOYSの「FISHERMAN'S BLUES」のカバーが聴けて大満足。

イベント、出張販売、「季節のやさい箱」の発送などなど、濃いー日々は続きます。今の僕の願いは一日だけでいいのでひたすら寝たいです。 

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

life goes on

明後日は山口 洋(HEATWAVE)のライブでござんす。会場は「想苑」、確か今年で開店50年、何の不足もありません。地元の生産者の仲間の協力を得てちょっとだけ美味しいものもご用意いたします。

ファンの方はもちろんのこと、聴いたことない人にも是非是非来ていただければと思います。「しょせん、アコギの弾き語りしょ?」まぁ、そう言わず百聞は一見にしかず。

最近、血圧が高めで精神的・肉体的にお疲れ気味の40歳前後の働き盛りのアナタ、最近、涙腺が決壊気味あるいは涙腺が錆付いて泣くことさせ忘れてしまったキミ、もう1回くらい人を信じてみようと思っているけど踏み切れない人、つまらない大人にはなりたくないと思っている少年少女、すっかりつまらない大人になったけど愛と希望だけは忘れたくないと思っているお父さん。そんな方々に良く効きます。副作用は個人差がありますのであしからず。

HEATWAVE 30YEARS ANNIVERSARY 山口 洋(HEATWAVE) on the road again,vol5ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223