calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

I don't like monday

昨日は今年初のroca出張販売。たくさん来てくれてありがとー。みなさん、今年の不作と血圧を気にかけてくれて何だか恐縮です。20日の山口洋ライブの時に販売する「真夏の夜のラケンロールプレート」、rocaさんは2種類のパンが付くそうです。それにおぐに牧場のローストビーフ、山田農場のチーズ、panの森夏野菜のカポナータとマッシュポテト、これで¥1000。皆さん恐ろしく手間隙のかかっている食材。そういえばrocaさんでオシッコしたくてトイレを借りたときに裏の冷蔵庫の上にCDがあったのでちょっと拝見して、俺はマジでずっこけた。敢えてここでは記さないけど、店のテイストとroca夫妻のイメージからは1万光年くらいかけ離れたそのCD。人間をある種のイメージや形で括ってみてしまうのは本当に危険だ。roca、サイコー。

夜は友人の誕生日を祝うため本町にある激ウマなお店へ。何ともありがたいお店の名前なのですぐに分かります。狭いお店は平日でもいつも超満員。いい食材使ってあり得ない位お安い価格で超上手い。どうやったらそんなことが可能なのか?聞けば睡眠は2時間程度とか。頑張り過ぎだよ。血圧が高かった間中、断酒していたが昨日は解禁。今朝起きてすぐの血圧、150/110。ダメじゃん、俺。


20日は山口洋のライブ、そんで22日は湯の川いさり火祭りの花火大会で、とある場所に出張予定。詳細は後日。同じく22日の夜は3月に来てくれた近藤智洋さんが今回は別の場所でライブ。今回はウチの企画ではありませんがお時間のある人はこちらも是非。俺もとある場所から花火を後にして抜け出す予定。詳細は近藤智洋さんのweb参照。ウチのlinkから行けます。そんで詳細はまだ先ですが、3月に引き続き「想苑」での近藤智洋ワンマン11月に決まりました!先日その件で、近藤さんから連絡を頂いて、「ブログ読んだけど、体調大丈夫?あんまり無理しないでね」って言われたけど、年間160本もライブをやってアルバム作るやらDVD作るやらソロと平行してバンドやったりしている人に「無理しないでね」って言われる俺は果たして正しいのか間違っているのか、訳が分からなくなってしまった。23日も出張販売の予定です。

濃いぃー、1週間になりそうだなー。今日からまた断酒します。

追伸、ご迷惑をおかけしているweb shopですがNEWSのほうに詳細を記しております。
よろしくお願いします。

HEATWAVE 30YEARS ANNIVERSARY 山口 洋(HEATWAVE) on the road again,vol5ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

終戦記念日

終戦記念日。文字通り戦いが終わった日。

遠くの国で起こっている争いごとには「どうして譲り合えないんだろう?なんて愚かで、無益な。」と、いつも思う。心を痛めつつも対岸の火事にはいくらでも無責任にそう言える。しかし、ふと自分の足元をみると、俺の半径5メートル以内にだって争いごとや憎しみや妬みはゴロゴロしている。他人から見れば「どうして譲りあえない?なんて愚かで無益な」っていうことを日々の中で繰り返している。

一部のアホな権力者が戦争を引き起こしているともいえるけど、本当にそうだろうか?個々の中に恐れや憎しみや妬みがあると、いつの間にか国家レベルにおいても国がそういう意思を持ってしまうのかもしれない。

遠くを見つめながら近くを想う。そこの間に横たわる大河のような距離感を埋めるのは人間のイマジネーションと自分の中の恐れや憎しみや妬みを排除することでしかない。そしてそれは多分、忍耐力が伴う日々の実践の中にしかない。故に、いつだってアホになって踊り、笑いを忘れてはならないのだと思う。



HEATWAVE 30YEARS ANNIVERSARY 山口 洋(HEATWAVE) on the road again,vol5ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

god only knows

ライブの時に必ず数件お問い合わせがあるのが、「子供いるんですけど、連れて行っても大丈夫でしょうかー?」と。たぶん「想苑」という場所が醸し出す凛とした空気と「超大人な空間」っていうことで、嫌煙される方がいるのだろう。ちゃんとアナウンスしていなかったので、次回からはちゃんとアナウンスします。基本的に老若男女誰でもオッケー、お客さんを限定してはおりません。さすがに幼児とかは預けるなり家で子守りをしていたほうが子供のためかとは思いますが、それ以外であれば全く問題ないす。かつてまだ俺が虫かごを持って、白いタイツを履いて純粋無垢だった頃、母親に連れてきてもらった「想苑」の記憶。もちろんジャズなんて分かるわけない年齢だったけど、自分の好きな場所へ子供を連れて行ってくれたことは、後々の自分に大ききく影響しているように思う。確かに子供からお年寄りまで躍らせる民謡や唱歌や伝統音楽とは違う。しかし、山口洋の強烈なパッションは間違いなく子供たちの心臓のど真ん中に突き刺さるだろう。こういう大人がいるということで、子供達のささやかな希望となってくれればと思う。

小学生以下:無料(1ドリンク500円のみ)
中高生:1500円(+1ドリンク500円)となっております。

モーレツに忙しくなってくると、頭の中がウニャウニャしてくる性分です。そんな時はこの曲のタイトルのように考えるようにしている。この男の器用・天才ぶりはイマイチ好きになれなかったけど、ある日突然ビビっときたりする。すごいねこの人は。



HEATWAVE 30YEARS ANNIVERSARY 山口 洋(HEATWAVE) on the road again,vol5ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

お墓参り

昨夜から続く激しい雨で、作業は中止。

入院中の身内が「墓参りに行かせろ」と病院の看護師に直談判したようで、連絡が入る。1泊のみの外泊許可をもらい、雨の中、抗がん剤でヘロヘロの体を支えながら墓地へ。いつの頃からか、お墓や神社仏閣、教会のような場所へ行くと心がすっーと、落ち着くようになった。30を過ぎた頃からだろうか?特にお墓はそう感じる。多分、日々の中でどうしようもないことが増えて来た時に、「祈る」ということを覚え始めた頃からだと思う。と同時に、関係のあるいくつかの墓前を回ると今の自分の置かれている立場とか、血とか、上手くいっていることとねじれてしまっていることがはっきりとみえてくる。自分が避けてきたこと、逃げてきたこと、後回しにしてきたこと、やるべきときにやらなかったこと、それらに対してもっともらしい言い訳が多すぎたこと、etc。結局のところ、自分の心の中の平和を日々の中で実践するしかないのだと、自分に言い聞かせてみる。

もう一人の重傷者「海藻専門店オーガニックケルプ」の吉川隊長を見舞う。昨日、手術を終えたとのことで元気そうだった。みんなで立ち上げた「saved 吉川!実行委員会」から集めた義援金も本日お渡ししてきました。賛同していただいた皆さんには後日、書面にてご報告いたします。これから長い長いリハビリ生活らしいけど、ピンチヒッターで塩釜を任せられる人間も見つかったとのことでひと安心。「旨いもん食って、酒飲みたい」と嘆いていた。

夏野菜も予想していた以上の不作でげんなり気味ですが、お盆を過ぎると北海道は急速に秋らしくなってくる。夏祭りのあとや海辺に人がいなくなったあの何とも言えない切ない感じが好きだ。そんな景色を横目に秋・冬野菜で何とか挽回できるようにがんばろー。

本日の就寝前の1曲。お二人とも大好きなソングライター。ホント、いい歌書くよなー。



HEATWAVE 30YEARS ANNIVERSARY 山口 洋(HEATWAVE) on the road again,vol5ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

2009年に鳴らす「london calling」

血圧のほうは、まだ不安定なときもありますが、130/80台とほぼ正常値に戻りました。ドクターからは3種類の薬を処方されていたのだが、薬の説明書とその薬の効能を徹底的に調べて(性格しつこいので)、自己の判断で1種類しか飲んでいませんでした。それが良かったのか悪かったのかは知る由もありませんが、基本的に薬は最小限にしておきたいです。つーか、風邪すらひかないので普段薬を飲むことなんてないんだけど。何にしても、体調不良というのは気分までブルーになるもので、健康管理は大事ですな。と、いうわけで体調も戻ったことだし、また美味しいお酒を呑もうっと。

で、回復した体に喝を入れるべく我らがボス、つーか俺のボスの映像でも見ようとyoutubeを検索。あー、またそのネタですか、と言われてもいいんです。生活必需品ですから。今年はグラストンベリーや欧州の主要フェスに出ずっぱりのようです。もちろん殆どが大トリなんだろうけど。フェスとは無縁な俺の生活。行きたいよー、聖地グラストンベリー。

しかし、何故にこの男はこれほどまでに愛されるのか?しかも若い世代からのリスペクトが絶えないとか。簡単に言うと彼の音楽にはいつも「約束」とか「包容力」とか「愛」とか「希望」とかがあった。それはいつも形のない実態が曖昧なもので、でもだからこそそこにリアルな生の証を常に追い求めてきた。だからヒリヒリするような、血が滾る説得力がある。他でもないボス自身が人間をリスペクトしてやまないから愛されるんだろうな、きっと。話が飛躍し過ぎかもしれないけど、日本でのボスの不人気はそのまま今の日本社会のダメな部分と比例しているような気さえする。

各地で「london calling」をカバーしているようだ。俺にとってジョー・ストラマーとボスは同じコインの表と裏のようなもの。亡くなってしまったジョー本人以外でこの曲を説得力を持って歌いきるのは多分ボスしかいない。個として生きながら「連帯」を呼びかけたジョーと、路地裏でもがき苦しむものへの「友情」を歌い続けてきたボス。どちらも市井の人々の生活に光を与え続けてくれる頼れる兄貴。斜めに構える時期もそりゃあるでしょう(未だに俺も)。しかしいつまでも熱く身を焦がすのはかっこ悪いことではない。やっぱり今一度、ニンゲンを信じてみようと思う。

ところで確か今年で還暦じゃなかったか?ボス。ちなみにこんなステージをやってのける60才の血圧ってどのくらいなんだろう?










comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223