calendar
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

じゃんじゃん植えます。

3月下旬から4月上旬にかけて種蒔きした苗ちゃん達。トマト、ナス、ピーマン、パプリカ、キュウリ、カボチャ、ズッキーニ、etc,,,種類も品種も多くて自分でも分けがわからなくなってます。来週から順次植えつけていきます。よく、家庭菜園をやってる方々から、えー、そんなに遅くてもいいんですかー?と質問されますが。このあたりの路地植えであれば目安は5月の第4週から6月の中旬くらいで大丈夫です。ホームセンターあたりではゴールデンウィークに一斉に苗が並んで皆さん購入しますが、その時期の植え付けは明らかにまだ早いです。でも、それを過ぎると取り扱う苗もだんだん少なくなってきているようです。量が多くなければ、4月に入ってから自分で種蒔きするのをオススメします。日当たりの良いベランダで保温をすれば簡単に発芽させられますよー。そうすると5月下旬から6月中旬の植え付けに十分間に合いますぜ!

NEWSにもUPしておきましたが、近藤智洋さんの新しいアルバム「二つの鼓動を弾き語る」をウチでも取り扱わせていただくことになりました。3月に来てくれたときに一緒に種蒔きをしてくれたミニトマトも来週以降植えつける予定です。で、せっかくなのでアルバム購入してくれた方には近藤智洋作「ミニトマト」をお付けします。収穫はまだ先なので、引換券をお渡しするので、お楽しみに。下記の写真のように立派な苗に成長しました。

つーか、明日札幌で近藤さんのライブじゃん。しかもバンドじゃん。雨なら行くぞー、と思っていたら明日には雨上がるじゃん。ついてねーなー。自分の現場でがんばりやす。

2009_0520_401.jpg

2009_0523_402.jpg

KONDO TOMOHIRO “A New Morning” PV


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

消費者と呼ばないで。

我が街、函館も先日「給付金」なるものが支給されたそうです。つーか、払った税金が帰ってきただけなんだと思うけど。

環境やエネルギーなんかに関しては、やれ節約しろ、無駄にするな、「もったいない」ということを見直そうと、まー御立派なことをおっしゃるが、一方で金やるから消費しろ、何でもいいから是非使って消費を刺激してほしいだの、いったいどっちなのよ?俺みたいなひねくれもんは、おーし分かった、んじゃディーゼル車でもレンタルして満タンに入れて、何の用もないのに市内をグルグル走り回ってCO2撒き散らしてガソリンでも消費してやろうか?これも立派な消費活動だろ?といいたくなるのだが、、、、。

もちろんそんなことをしても何の役にも立たないので、しないけど。でも、いつの時代からかこの国はこのような何も役に立たないような消費活動、あるいは経済活動に多くの金と時間と人を費やしてきたのだと思うけど。もちろん俺も少なからずそれに加担はしている。だからそういうことはもうやめている。色んなことをよーく見渡して、熟慮して、さっと判断して、「これはいらん、これは無駄」と思うもには極力加担しないようにしている。

この給付金で命拾いする人もいれば、そんな微々たる金、と思う人もいるだろう。我が家はフツーに生活費で消えていく。いずれにしてもたぶん一瞬だ。多くの人はそれを感じていて、だから反対した。もっと恒久的なものに使ったほうがいいのでは?でも、もらえるものはもらうという感覚。俺も含めて貧弱なんだよ、決定的に「心」が。汚職事件を起こしても、やっぱり御利益があると思ってまた1票を入れて当選させてまう感覚とどこか似ているような気がする。

結局のところ、一人ひとりの心のありようが政治にも反映されているだけであって、変わるべき、見直すべきものは自分自身でしかないのだ。面倒くさくて、嫌な自分とも向かい合わなくてはいけないけど。終わります。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

愛のカンチョー

昨日は元町「工芸舎」にて3回目となるワークショップ。僕の当番は先月だったのですが、急遽ピンチヒッターとして先月に引き続き登場しました。回を追うごとに参加者も増えて、きのうは20名くらいいたのかな?昨日の参加者は「山田農場チーズ工房」の山田クンのお話を目当てにやってきた人達で、僕も急遽代役だったのでなーんもネタを用意せず何だかテキトーな内容になってしまいました。

山田クンとはしばらく会っていなかったのでとても楽しみにしておりました。ちょうど僕が行ったらチーズを切り分けていたところだったので、後から「愛のカンチョー」をお見舞いしました。彼も笑顔でそれに答えてくれます。そんな彼が俺は大好きです。二人でずーっと、「微生物談義」をしてました。今度はゆっくり飲みながらまた会おうぜー。

昨日は飲食関係の方も何名か来て頂いてたようで、こうして我々の食材に興味を持って頂けるのはうれしい限りっす。それぞれまた色んな繋がりが出来ていくものと思われます。3回に渡るワークショップもこれで終了し、来月からは毎月恒例の産直市「工芸舎の食芸市」が再開される予定ですので、よろしくです。

2009_0517_398.jpg
「工芸舎」のすぐ近くの「八幡坂」。函館を代表する景色のひとつ。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

お詫びと訂正

NEWSにもUPしてますが、今週5/17(日)に行われるワークショップ、都合により厚沢部の「清和の丘農園」がキャンセルとなりました。代役として前回に引き続き、俺が参戦することになりました。ただし、ウチも農作業が山ほどあるため雨天時の場合のみ参戦します。(予報はしっかり雨みたいですが)前回の「生ごみ減らし隊」が結構好評だったので、前回これなかった方はこの機会に是非どうぞ。「山田農場チーズ工房」は予定通り行います。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

forever young

年を重ねるということは、すなわち着々と死に向かって歩いているということであって、時としてそれはネガティブな要素を含んではいるのだが、、、、

最近「アンチ・エイジング」という言葉を知って、椅子から転げ落ちそうになるくらいショックでございました。美容や医療の世界で使われる言葉のようで、簡単に言うと「いつまでも若さを保つ」と言うことらしいのですが、バカな俺はそのまま直訳して「老いることに抗う」と、そのまま理解してしまいました。

人生をジグソーパズルに例えるなら、どれ一つとして同じパーツはなく、どれが欠けても完成しない。年を重ねて重くのしかかってくる様々な厄介ごとも、完成させるためには大事なパーツだったりする。頭では分かっているのだが、日々それに直面していると、それらのパーツを根こそぎ無視して放棄したくなるときもあるのだが、そうすると必ず収まりがつかず、さらに歪な形で自分に倍返しで帰ってくる。

そういった「負」の要素も(自分が撒いた種も含めて)一つのパーツと捉えて「受容」する事は、この10年で何とかできるようにはなった。が、「受容」し、次に「行動」し、その結果に「我慢、辛抱」し、またそれを「受容」するということはなかなか難しい。ある種の「あきらめ」や「むなしさ」が常に付きまとう。かといってそこには必ず「他者」が存在しているのであって、こちらがその「受容」の態度を放棄した瞬間に一気にまた炎が燃え盛ってしまう。「受容」の中には少なからず期待感があるだけに、裏切られ続けることに疲弊してしまうことが稀にある。

自分自身が「老いることに抗う」と、たぶんこのようなことがもっともっとややこしさを増して降りかかってくるのだろう。
つー、わけで、本日をもって42ちゃい。随分来たなー。予想だにしないことが次々起こるが、あらゆることは行動した結果なのだとしたらそれもまた人生。わからんもんだ。

誕生日とは祝ってもらうもんではないそうだ。自分が生まれてきた事や生んでくれたことに感謝する日なのだそうだ。はっはー、なるほど。それを母親から直々に言われる俺もどうかと思うが、、、。感謝の言葉はおろか、「プリン焼いて、チューリップ摘んだから取りに来なさい」と言われても何故か自分では行けず、妻に取りに行かせるダメダメ42ちゃい。ちゃんと感謝してますです。それと妻以外からのたくさんの贈り物、ありがとーっす。
2009_0513_392.jpg

俺の中では「アンチ・エイジング」と対極の「forever young」。levon helmの猫背なドラミングが好きっす。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223