calendar
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

旬を食す。

どんどん緑が濃くなっていく今日この頃。本日も山の畑でタラの芽を大量ゲットしてまいりました。旬のものを食べるということはとても理にかなっていると思う。それが当たり前だった時代は遙か昔。この時代に旬の食材を食べることはむしろ贅沢な行為なのかもしれん。行者ニンニクもタラの芽も本当に期間は僅かである。食卓に並ぶのはまた来年。山わさびも野生のミツバ(香りが全然違いますねー)も美味しいなー。自然の恵みはほんとにありがたい。

近年、意識しているわけではないが、振り返ると旬のもの意外はあまり口にしなくなってきている。例えば、ウチでトマトが取れなくなる11月からは冷凍及び保存したものと外食時を除けばトマトを買って口にした覚えがない。もちろんピーマン、ナス、その他の夏野菜すべて。冬はサツマイモ、ジャガイモ、カボチャ、ニンジン、玉ねぎ、豆類、大根などなど、ほぼ毎日そんなもんばっかり食っていた。栄養失調にもならないし、ビタミン欠乏症とも言われない。例えば真冬にイタリアンレストランに行って「ナスとフレシュトマトのパスタ」とか食いません。つーか、冬になぜそれがメニューにあるのかと不思議。体というのは不思議なもんで、先日大量のサニーレタスや葉っぱものを畑に植え付けていたら無性に体がそれを求めているのがわかる。「サラダ食いてー」そろそろ体がそういうものを欲しがってきているのだ。今日もバジルの種蒔きをしていたら種から香るバジルの匂いに、夏を感じたのだった。

確か、前もここに記したと思うけど、自然に生きるって事は何も田舎で農的暮らしをして、色んなことに負荷をかけないで生きることだけではない。大都会であろうが田舎であろうが会社員であろうが派遣社員であろうが、そんなことは全く関係ないと思う。今置かれているそれぞれの現場で深く己に立ち返れば、それぞれの場所でその人らしく自然に生きることはできるはず。


ビニールハウスを使って少しでも早く出荷したほうがいいんじゃないのと?色々、御指導・御鞭撻をいただきますが、やはりまったく持ってそういうことには興味がなく、まっ、夏野菜はお盆前あたりから最盛期でいいんじゃない?と。北海道の真冬のスーパーでも普通にトマトやキュウリが山積みされているし、たぶん多くの人は特にそれを不自然とは感じないのかもしれない。いつ、何を食おうが個人の自由だが、真冬にトマトが並んだり真夏にカボチャが並んだりする時代はいつか終わりを告げると思う。つーか、それが出来なければ先に人間が滅びるような気がするのは俺だけか?また来年、元気で山へタラの芽採りに行けたらいいなー。

2009_0509_390.jpg

2009_0508_388.jpg

2009_0508_389.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

「おぐに牧場の牛肉を食す会」お花見編

昨日は函館公園にてお花見をしながら「おぐに牧場の牛肉を食す会」。函館公園は洗練されていなくて、僕らが子供の頃にあった遊具とかがそんままあったりします。が、肝心の桜。今が満開で見ごろのはずがほぼ全滅。聞くところによると鳥の被害でまったく咲かなかったそうです。奇跡的に図書館前の1本だけが咲いていて、その前でお花見することができました。

こうしてお花見をするのって何年振りだろう?何にしても楽しかった。肉のお味は今さら言うまでもなく、こうしてたくさんの人とお花見をしながら楽しめるのが一番。夜も更けみんなそれぞれ退散していって、公園内の電飾も10時に落とされ、公園内には人っこひとりいなくなってしまった。警備のおじさんに「もうそろそろ」と言われるまで某新聞社記者O氏と月明かりで飲む。
奴はいつも酒に飲まれて俺に絡んでくるのだが、何故か俺は奴のことが大好きなのだった。奴は農業に関する知識も豊富でオマケに大の音楽好きときたもんだ。花見とかでラジカセ持ってきて音楽をかけるような奴はあんまり好かんのだが、奴は大量のCDを持ち込んできていた。周囲の人達と雰囲気に十分配慮した音量と選曲は、悪くはなかった。

んで、「そろそろ帰るかー」といって立ち上がった瞬間、「あら?」、、、、。一気に酔いがまわって来て帰りの車中、妻の運転する車でほぼ死体と化していた俺。家に着いてからの記憶もほぼ曖昧です。朝起きたら枕元に「寝ゲロ」用の洗面器がありましたが、何とか未使用にて済みました。聞けばほぼ要介護状態でベットまで運搬されてたようです。でも、ちゃんと5時に目覚めました。

「おぐに牧場の牛肉を食す会」。また、夏くらいにやるかもです。その時はウチの野菜とセットでできればと考えておりますです。近場でキャンプしながらとかの案もあるようなので、詳細が決まりましたらまたアナウンスします。今回、これなかった人もまた次回の機会に。


2009_0506_362.jpg
最強牛肉とおぐに牧場専用ハーブソルト

2009_0506_364.jpg
焼肉マイスター「オグニン」。お互いバリバリ体育会系の出でウマがあいます。

2009_0506_373.jpg
鋳物のグリル。これで焼くと格段に旨い。

2009_0506_368.jpg

2009_0506_377.jpg
子供たちも七輪で自分たちで焼きます。ちゃんと生産者である「おぐにおじちゃん」に「お肉下さい」と言ってから焼きます。

2009_0506_365.jpg
唯一咲いていた図書館前の桜。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

作業報告

急ピッチで作業は進みます。ジャガイモ3種、本日で植え付け終了。タマネギ植え付け終了。ニンジン4回に分けて植え付けしますが1回目終了。エダマメ4種、早生の茶豆・黒豆植え付け終了。トマト・パプリカ・カボチャ・その他もろもろの苗、温室にて順調。レタス順調に成長。インゲン、花豆、トラ豆、その他豆類の畑つくりetc,,,,。先週の雪がウソのように暑いっす。日焼け全開っす。

2009_0503_341.jpg
アスパラ旨いっす。ウチで食う分しか植えてません。すんません。

2009_0503_345.jpg
ジューンベリーのつぼみ。もうすぐ花が咲きます。

2009_0504_346.jpg

2009_0504_348.jpg
相変わらず昼メシは外で。行者ニンニクをどっさり入れます。北海道道民、家庭での保有率高しのジンギスカン鍋。

2009_0504_351.jpg
友人が生まれたばかりの子ヤギを連れて遊びに来る。鳥を飼うべきかヤギを飼うべきか、悩み続けて早3年。

2009_0505_358.jpg
山の畑へ。恒例の山菜取り。フキ、どっさりあります。

2009_0505_353.jpg

2009_0505_357.jpg

2009_0505_355.jpg
大好きなタラの芽。これ、嫌いな人っているんのかしら?大好きっす。

2009_0505_359.jpg
もちろん夕食に並びます。タラの芽の天ぷら、函館産オーガニックケルプノの塩をつけて。行者ニンニク入り餃子。たまにはエビス。
終わります。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

5月っす。

めまぐるしく忙しいっす。猫の手も借りたいところですが、うちの草取り要員1号は札幌へ遊びに行くとのことであてにならず。とりあえず写真だけでも。


2009_0429_320.jpg
3月中旬に種を蒔いたレタス。ようやく植えつけます。

2009_0429_321.jpg
近藤智洋さんが種を蒔いてくれたミニトマト。約1ヶ月ちょとでここまで成長。植え付けは今月下旬です。

2009_0429_324.jpg
山口 洋「live at cafe milton」直売所に並んでます。最近のヘヴィーローテーションです。

2009_0429_327.jpg

2009_0502_337.jpg
天気の良い日は外で昼めし。ホットサンドとか、アナゴの蒲焼のせご飯に豚汁とか。


2009_0502_339.jpg
山菜の宝庫、山の畑へ。行者ニンニクがそろそろ終わり。次はこれ、大好物のタラの芽。


2009_0502_331.jpg
貧乏故、大型機械がない我が家。いつも見かねた叔父が手伝ってくれます。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

おぐに牧場

newsにupしておきましたが、「おぐに牧場の牛肉を食す会」っていうのを企画、っていうか発足しました。今回は花見にあわせて美味しい牛肉食べようってことで、今後もこの会は不定期で続けると思います。たぶんまだ未定だけど「山田農場チーズ工房のチーズを食す会」とか「海藻専門店オーガニックケルプの海藻天国ミネラル友の会」とか「panの森の野菜地獄day」とか、色々あるかも知れません。色々検討中です。まっ、簡単にいうと美味しいものを食べながらお酒を飲んで、皆でワイワイやりましょうということです。地産地消とかいう御立派なスローガンがあるわけでもありません。あえて言うなら「食う、飲む、喋る、歌う、踊る」。そんな会なので、是非御参加を。

道外の人はあまり知らないと思うけど、北海道には昔から牛肉を食べるという習慣があまりなかったようです。(北海道民でもこのことを知らない人が多いようですが)確かに花見といえばジンギスカン、焼肉といえばジンギスカンのことだった。(今はそうでもないと思うけど)思えば18まで函館で暮らしていた訳だが、家庭で牛肉を食ったという記憶がない。その反動もあってか、上京してから食ったステーキの旨さにカンドーしたもんである。そんな「牛肉マイナー地域」において、どこにも属さず生産から販売まで自力で行うのが「おぐに牧場」。彼の生産する肉は六本木にある有名なフレンチレストランにも入っているが、それは旨いものを生産したから自然にそうなっただけで、彼の一番の目標は地元の人にもっと気軽に美味しい牛肉を食べて欲しいということ。ならばその想いに1票、ということで今回の会を結成しました。彼にとって「安心・安全」は当たり前で、今さら声を大にしてアピールするようなもんではないはずだ。「安心・安全でもまずけりゃ0点」それが彼のキーワード。俺も牛肉はあまり食べないほうだけど、彼の肉は段違いに旨いです。俺が一番好きな食べ方はオーガニックケルプ産の「おぐに牧場専用ハーブソルト」。これを焼いたあとにつけて食べるのが一番の旨い。


てなわけで、旨い牛肉を食べながらイケメンカウボーイ「オグニン」のアメリカ時代の話でも聞きに来ませんかー?

まったくの余談ですが、4月も今日で終わり。気がつけば我が家は今月1度もテレビをつけませんでした。でも、クサナギ君の事くらいは知ってます。負けるなツヨシ君。「パンツを脱いで何が悪い?」いいとは断言できないが、悪くはないと俺は思うよ。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223