calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

everyday ,everynight!

近藤智洋solo live、無事終了いたしました。お越しいただいた皆様、本当にありがとーです。
気が付けば「想苑」は満席&立ち見。地元民はもちろん、横浜、仙台、静岡、札幌、などからもわざわざ足を運んでくれました。本当にありがとー。全国で近藤さんのライブをたくさん目撃している「地方組」(都会組か?)の人達からも、たくさん感謝のお言葉を頂きました。函館まで来てよかったー、ステキな街ですねと。ありがとーです。

近藤さんは「想苑」に漂う凛とした空気や客層やその他もろもろを敏感に感じ取り、それを自分なりに消化したアレンジと選曲だった。全国津々浦々、本当に小さな街や色んな場所で歌ってきた人のみが直感で感じ取れるその場の空気。それを丁寧に歌に乗せて行くことで、ひと時の夜を変えがたい夜へと変えていく力。とりあえず、足を運んでくれた皆さん、女子唐揚げ隊、生キャラメル、これまで土台を築いてくれてた本間君とその仲間、想苑のマスター、言うまでもなく「唐揚げ王子さま」、改めてありがとー。また、お会いしましょー。
003 (4).jpg
唐揚げの旗、褒められると思ったら「暇だなー」と。結構、忙しいんすけど、、。

一夜明けて、昨日。空港が目の前の我が家にて搭乗ギリギリまで「近藤智洋 農作業への航海」の巻。
009 (2).jpg

013 (2).jpg
一緒にトマトの種を撒きました。



019.jpg

020.jpg
昨夜の赤いアコースティックギターを抱えた「王子」から「長靴&一輪車」へ変身。
搭乗、40分前。

021 (2).jpg
近藤さんといえば、やはりこの後ろ姿。歩いて空港へ。

全国の「王子」ファンの乙女の皆様、「王子」にこんなことさせてすんません。写真掲載、ちゃんと許可取ってますんで、、、。

023 (2).jpg
近藤さんが植えてくれたトマト。果たしてちゃんと芽が出て収穫できるかな?
成長記録はこのブログで報告していきます。次回のライブは近藤智洋が植えた「二つのトマト」でも付けようか?近藤さんが植えたトマト、みんな食べたくない?

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

明日は「二つの鼓動が交わる夕べ」in函館

明日は全国的にも最も老舗の部類に入るであろう(もうすぐ50年!)生粋のjazz喫茶「想苑」にて、ロックミュージシャン近藤智洋の弾き語り。さらに「二つの唐揚げ」と「生キャラメル」付きという、十分に訳のわからない夜になる気配。まぁいい、ひとつひとつの濃密な繋がりがこういう形で結実したのだから。

ライブというのは様々な要素が影響しあって一つの空間を作り上げていく。ミュージシャン、曲、楽器、言葉、ひとりひとりのオーディエンス、音響、お店の空気、オーナーの想い、主催者の想い、お酒、food、関わってくれる全ての人達、etc,,.。さてさて、明日はどんな夜になりますやら?では、皆さんと会場でお会いするの楽しみにしております。


近藤智洋ライブ情報


KONDO TOMOHIRO 09年1月25日発売DVD「二つの鼓動が交わる夕べ」予告編

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

無題

仙台に住むイカレポンチな友人「SUSHIPUNK」から「農業ブームっすよ、ギャル農業にAV農業っすよ!」と、リンク先まで貼ってくれているのだが、まったくもって興味が無く見てません。まっ、奴の場合は俺の性格を熟知しているので俺がそんなもん見ないであろう事は百も承知でそうしているのだが、、、。つーかね、パソコン生活も半年近くになるんだけど、おそらくパソコン機能の5%くらいしか使用してないんじゃないだろうか?俺が使うのはメールをチェックする。それに返信する。自分のブログを更新する。天気予報を見る。CDを編集する。種や苗を注文する。CDを注文する。本当に好きなミュージシャンのサイトをたまに見る。本上まなみ関連のサイトや動画を見る。以上。

まず、人のブログっていうものを殆ど見ない。興味がないわけじゃなく、なんだか人のケツの穴を覗いているみたいで嫌なのだ。自分にとってのブログって覗いてくれている人はわかると思うけど、殆ど自分の煩悩の吐き溜めみたいなもんで、書く事で「日々の解毒」をしているようなもんです。もともと、文章を書くのは好きで、書くのも異常に早かったりします。「おー、こんな便利な日々の解毒ができるツールがあるのか」そんな感じ。なので、世界中誰でも見れるということを念頭に置きつつも、誰も相手にしていない自分勝手で超無愛想なブログであると思います。コメント返さないし、、、。まっ、違う視点で見ると俺は公然とケツの穴をさらけ出しているとも言えるのだが、、、。

最初の頃は面白くて、色々なサイトを見学したり覗いたりしましたが、元来このような便利なものにのめり込んだ事など一度もなく、すぐに飽きてしまいました。よって、超最低限の機能で十分ということになります。

色々勉強して情報を収集し、リサーチして実践して吸収することも大事だ。時代感覚を身につけ、戦略的に上手く呼応することも大事だとは思う。そういう時期が人生には必ずあると思う。しかし、そうでない時期というのもあるし、それを必要としない時もあれば、そういうものをシャットアウトしなければならない時期というのもある。自分が今どの時期にあたるのか、自分自身の内と会話してみることも大事だ。

だれかの歌の一節を拝借するなら「新しいものは古くしかならないこの街で」、ブームと呼ばれるものはいつか終わりを告げる。必然性がなければ継続などしない。ギャル農業もAV農業もどういうものなのかはわからない。好きで始めようが、ブームで始めようが、おしゃれで始めようが、思い付きであろうが、強制であろうが、どのようなきっかけで物事を始めようがそれは人それぞれだが、その偶然を必然に変えて行くのは自分自身だし、それなりの覚悟と根性と忍耐がいる。

つー、わけで思いもよらぬ真冬への逆戻りで、緩んでいた精神がビシッと締まりました。

2009_0324_274.jpg

2009_0324_273.jpg
今朝、6:00の風景。

2009_0322_272.jpg

2009_0322_271.jpg
数日前、山の畑へふきのとう採りに行った時の図。

近藤智洋ライブ情報



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

ちょいとだけ忙しく、めまぐるしく、色々ありますがそれはまた後日ということで。最近のフォトです。

005.jpg
「ラ・クッチーナ・ヴェンティトレ」の奥村兄弟よりイタリア土産の種。「畑の隅に植えてもらえませんかー?」ということで快く了承。

015 (2).jpg
温室のストーブ。薪ストーブと併用してます。

023.jpg
昨年開墾した山の畑へ。石ころが多いので石拾い。会長と俺。

022.jpg
ついでにふきのとうがいい感じだったので、ゲット。天ぷらにして、もちろん「オーガニックケルプ」函館産の塩で決まり。


031 (2).jpg
米ぬかにくん炭、それにEMを活性化した液をまぜまぜ。自家製のボカシ肥。素手で作業するが手がスベスベ。恐るべし米ぬか&EMパワー。

近藤智洋ライブ情報




comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

「女子、唐揚げ隊」と「生キャラメル」と「近藤智洋」と。

来週土曜日に行われる近藤智洋さんのライブ。ファンの間では有名な話なのだけれど、近藤さんは無類の「唐揚げ好き」だそうで、ミュージシャン仲間からも「唐揚げ王子」の称号を与えられているそうな。ほー、そうか。じぁ、客が唐揚げ食いながらライブを見るってーのも悪くいないじゃん。今回は新しいアルバム「二つの鼓動」、それを受けてのDVD「二つの鼓動が交わる夕べ」も発売されたばかりだし、んじゃライブで「二つの唐揚げ」付けりゃいいじゃん。

と、いうことで、「女子、唐揚げ隊」を結成しました。会場である「想苑」のマスター、ママさんに忙しい思いをさせても悪いし、かといってどこかのお店に来場者分発注して賄う経費もないし。ならば「有志」で、ということで友人の女性軍に「唐揚げ好き?作るの得意?」と、聞いて回り結成した「女子、唐揚げ隊」。皆さん二つ返事で「作るっうー!」と、言ったはいいけど、一様に「作ってどーすんのよー???」と。そうか、、俺、なんも説明してなかったね。まっ、そんなわけで皆さん快く(そーでもねーかな?)ボランティアでそれぞれの御家庭の味での唐揚げを持ち寄っていただくことになりました。うれしいー!。つーわけで、当日は「二つの唐揚げ」が付きます。引き続き「女子、唐揚げ隊」の隊員は募集しております。応募資格は下記参照。

*「女子、唐揚げ隊」隊員募集!
<応募資格>
・健康な女子。年齢等不問、全身・水着写真不要。
・3/28(土)近藤智洋さんのライブに来れる人、音楽好きな人。
・唐揚げ作りが得意な人、或いはそうでもない人。
・ライブへ行くのに何故にボランティアで唐揚げを作って持って行かなければならないのか?と腹を立て、疑問に思わない人。


それともう一つ。御近所に住む、友人の酪農家「金子牧場」の主。俺の、「こんな感じでさー、ライブを企画してさー、音楽ちゅーもんをさー、もっと日々の生活の中にさー、、、、、」みたいな話を無理やり聞かされた翌日、「自宅で試作している生キャラメル持って、ライブ行きますよ」と。、、、感涙。ちなみにこの男、近藤智洋はおろかrockともほぼ無縁なはず。そういう男が俺の想いに共感してくれて自作の牧場「生キャラメル」を客に振舞うと。しかもそれ、個人的に商品化する予定も無ければ(彼がお乳を提供している某地元乳業メーカーではそのうち商品化予定とか)何かの宣伝のためにやってくるとか、そういうところが一切無い。何故に?との問に「趣味で作ってるもんだし、人をおもてなしするのって楽しいじゃん」と。何だかよくわからないけど、「唐揚げ」も「生キャラメル」もうれしいなー、互いの想いや理想に共感できて、それに対して無償で行動を起こせるっていうのは。っていうか、たぶんそういうところでしか人と人は繋がっていかないのかもしれない。そういえば先日、夜な夜な出来たての「生キャラメル」を持ってきてくれたんだけど、これが旨いんだよ。パクパク、あっという間に食べつくしました。

というわけで、ライブ当日は「二つの唐揚げ」と牧場直送「生キャラメル」が来場者全員に振舞われます。ちなみにこの日は園児の学芸会とか、町内会や婦人会の集まりでもありません。(もちろん、園児も婦人も大歓迎!近藤さん自分の卒園した幼稚園でも園児とママを前にライブしてます!)90年代日本のオルタネイティブロックの最重要バンドの一つ、元PEALOUT、近藤智洋さんのソロライブですので、あしからず。当日券もありますので、ぜひ御来場を。

028 (2).jpg

近藤智洋ライブ情報


KONDO TOMOHIRO 09年1月25日発売DVD「二つの鼓動が交わる夕べ」予告編


comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223