calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

妻の奇行、改め妻の偉業

出張販売でお世話になってる「roca」さんのHPがリニューアルされていて、そこに妻が何かに憑依されたかの如く彫り続けたカボチャがupされておりました。迷惑だから止めろという忠告も無視し、結局俺一人であのカボチャひとつ持ってrocaさんへ行く破目に。悲しき中年、41ちゃい。「あのー、、、これうちの妻からなんですけど、、、」で、運悪く、その時はroca女史不在にてroca男子対応。悲しき中年男性二人が言葉少なげにカボチャをやり取りする。
何かの罰ゲームのような、、哀れです。
妻はrocaさんのページを何度も眺めては満足そうな笑み。
中年ってただでさえ悲しいもなのだ。
悲しみの再生産、それが中年の日々ってもんです。

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

2008 火入れ式

いよいよこの季節です。2008火入れ式。我が家の冬はこの薪ストーブとともに過ごします。
暖をとるのはもちろん、湯を沸かし、調理のほとんどもこのストーブで。
ルクルーゼの鍋もフル回転です。
2008_1027_141.jpg

我が家のはノルウェー産JOTULのF400という機種。
大きなガラス窓とオーロラのような青やオレンジの炎がユラユラと揺れるのが特徴です。
家が極小というのもあるけれど、真冬でも半袖・半ズボンで過ごせます。
ヨーロッパでは特別な日にしか使用しないというリンゴの木。燃やすとほのかにリンゴの香りもします。
我が家ではその年の火入れ式とクリスマス、年末年始、来客時にリンゴを使用します。
その他はほとんどが建築廃材。
金持ちセレブのように広葉樹の薪を何万円も出して買うなんてことはしません。(つーかできません)

薪ストーブいいですねー、スローライフですねーなんていう言葉を頂くことがあるが、、、
外面は笑顔で「ええ」と答えてはいるものの、俺はスローライフなんて言葉は死ぬほど嫌いだし第一スローなわけねーだろ、と。
1年分の薪を調達して、切って、割って、2年乾燥させて、まして建築廃材は釘だらけで日々釘抜きして、ストーブのメンテナンスして、
乾燥した薪を運んで火をおこして、、、
よくあるストーブの前で寝転がってるユルユルの図は、そんな果てにあるのです。我が家の場合は。

で、今日は久しぶりに「おぐに牧場」へ。先日の「食芸市」を体調不良で欠席したオグニン。今日も疲れ果てた風貌で出てまいりました。
オグニンと久しぶりに色々と話す。野菜と牛、規模も違うけど、その成り立ちと取り組み、現在抱えている問題とこれからの展望等々において
ほぼ同じと言っていいかも。
色々なアイディアや今後の展望を熱く語る。来年以降はちょっと面白いこと出来そうかも。
今年初のルクルーゼはオグニンの肉でカレー、ということで牛スジと焼肉用に適当に旨いところ見繕ってもらいました。


2008_1027_143.jpg

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

ジャケ買いと食買い

昨日は毎月恒例、工芸舎の「食芸市」へ。その後は、またも事前告知なしで湯の川の「flax」さんへ。どちらも毎回足を運んでくださる皆様、ありがとうです。
野菜に紛れて取り扱いを始めたCDも鎮座させました。何故に野菜の横にCDがあるのかと皆さん不思議そうな眼差しでしたが、早速購入してくれた人もおりました。



思えば音楽が配信などされる遙か昔、アナログもしくはCDの時代、所謂「ジャケ買い」というやつをよくやった。なんだそりゃ?という人のために念のため説明しておくと、アーティストの詳しい素性は良くわからんのだけど、レコード屋を物色していると妙に気になるジャケットに出くわしてしまう。
そのジャケットの醸し出す雰囲気が気になってしょうがない。アルバムタイトルや裏ジャケットに記載されているレーベル、プロデューサー、レコーディングスタジオ等の僅かな情報に目を通し、「これは間違いない」と確信してレジへ。最初のうちはハズすことも多いのだけれど、これも経験を積んで感性が磨かれてくるとほぼハズすことはなくなってくる。
もう雰囲気というか佇まいというか、それだけで自分の好みかどうかわかってしまうのである。もちろん、まれにハズすこともあるけど「許容範囲内」であることがほとんど。

今は店頭なりネット上なり、ほとんど視聴できる状態であるからして、自分のカンに賭けて「冒険買い」することもないのだろう。だから失敗もないし、気にいらないものはシャットアウト。
この感性が養われるまでは随分と高い授業料を払ったような気がする。「ジャケ買い」なんかはまだいいほうで、街のイカレたレコード屋には必ずといっていいほど偏屈なオヤジがいて、
お目当てのものを購入しようとして来店しているにも関わらず、「これがロックの真髄」と言って全く違うものを半ば強制的に買わされていたりした。

で、話は全然飛ぶけど昨今の食の偽装やら食の安全やら、、、
どうにもこうにも釈然としないことがひとつだけ。ネット初心者で偉そうなことは言えないけど、同業者のサイトなんかも見るようになって思うんだけど、皆さん一様に(もちろんすべてではない)食の安全を謳い、情報を事細かに公開されている。きっとそうでもしないと消費者の信用が得られないのだろう。それは事実だと思う。
しかし、、、生産者の顔を大々的に前面に出し(主人公は作り手ではなく野菜そのもののはず、星野ジャパンとか反町ジャパンとか選手不在のチームのよう、、)、栽培履歴や農薬散布も
慣行レベルの○○%まで削減とか、、いわゆる丸裸状態。農産物の生産者に限らず、時代は顔が見えることと情報公開だよとも言われた。(アーティストの顔写真どアップのジャケは大嫌いでした)

さらに消費者のニーズとして情報を公開していればいるほど安全で信用性が高いものと見る傾向。
安全や信用をあらかじめ担保されていないと消費者は買わないってことなのだろうか?
これでは消費者の感性が養われることなど皆無だと思うのだけれど、、、。
情報社会っていうけど、そんなに他人が与えてくれる情報を頼りに生きていける時代なんてそうは続かないと思うのだが、、
ま、時代は続くかも、、、

前途の「ジャケ買い」の話。音楽と食を一緒にするなとお叱りを受けるかもしれんが、、、
安全や信用をあらかじめ担保されたものを購入するのはリスクも少ないし、それが食となればなおさらの事。それは良くわかるのだけど、、、

知らない街でご当地のおいしいもの食べようとした時、これも経験と失敗を積み重ねた上の「感性」に頼ると、ほぼその店構えや門構えでイケテるかどうか判断がつくようになる。
もちろん、るるぶや何とかウォーカーみたいなもんは必要なし。
そんな感じで、ちょっとだけ「ジャケ買い」するように食をセレクトしていくことも大事だと思うのですが、、、

で、俺。街にはイカシた(イカレた)レコード屋はなく、最近はもっぱら通販。
ほぼ視聴してから買ってます。失敗ないし、便利だよねーと言いつつ、あの「ジャケ買い」のワクワク感が懐かしいであります。


2008_1025_130.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

the answer

メールでの問い合わせには1件1件お答えしているのだけど、ちょっと量が多くて回らない部分もあるので一番多いご質問にだけお答えしておきます。

野菜の通販は今年はもう終わりですかー?と、これが一番多いのですが、残念ながらというか、申し訳ないというか今年の通販分はすでに終わりとなっております。
予想以上に根野菜が早くなくなってしまったのと、どうしても野菜BOXは最低でも7,8種は入れてあげたいという想いがあって、今年分は終了とさせていただいております。
尚、来年以降の野菜BOX通販のあり方については冬の間熟慮して、少し形態を変えて行きたいと考えています。詳細が決まりましたらアナウンスしますんでよろしくです。

次に多いっていうか、これはほとんど友人・知人からのリクエストなんだけど、「お前の音盤日記みたいなもんはやらないのかー?」ってゆー問い合わせちゅーか、お叱りちゅーか、、、
これはもう少し色々、整ってからと思っていたのだが、、、
とりあえず、直売スペースでのCD・DVD等は取り扱いをはじめました。出張販売の際にも持って行きます。
まず、邦楽はほとんど無知なので、かかわりを持たせていただいたアーティストに限らせていただいております。現在は近藤智洋(ex:pealout),RIKUO,HEATWAVE(山口洋ソロ含む)のみの取り扱いです。洋楽は追々ってことで、、

で、音盤日記みたいなものはどうしてもそこに割く時間の捻出が難しい部分もあるので、もうひとつページを増やしてそこで不定期にユルユルやっていこうかなと。
多分、音楽のこと書き出すと止まらないような気がするので、ほどほどにします。

最近は20代前半に聞いていた人たちの再発も多かったりするのでその辺りをなんて思ってはいるものの、あれもこれもと、、、
blue aeroplanes書きてーなーとか、go-betweensもグラント・マクレナン亡くなったし何か書かねばなーとか、only ones奇跡の来日行けなかったしヤケクソで書きてーなーとか、lloyd coleとbilly braggなら奴が詳しいし、俺が書くならeddi readerとかmartin stephensonとかか、、、cureやバニーメンなら適当に書けるけどthe waterboysになると何ページ必要なんだとか、、、止まらないからやめときます。




comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

壊れ行くモノ

パソコン、デジカメに始まり農機具、車、その他日用品に至るまで、最近よくモノが壊れます。
誰の言葉だったかはもう忘れたけど「モノに愛着は持つけど、執着はしない」。
モノに執着する人は、壊れたり手放さなくてはならないときにそれを嘆いたり、誰かのせいにしたり、怒り、悲しんだりするのだとか。で、モノに愛着を持っている人はたとえそれが壊れたり手放さなくてはならなくなったときでも、そのモノと一緒に過ごした時間や、恩恵を受けたり楽しませてもらった日々に感謝できるのだとか、、なるほど、、ね。

この言葉、モノをヒトと置き換えてみてもいいかも。
相当、かなりシンプルに生活しているつもりだけどモノやヒトとの出会いや別れがなくなることは決してない。だから「愛着は持つけど、執着はしない」。
ある種の人間にとってはある程度執着されないと、「冷たい奴」と受け取るものもいるようだ。
まっ、人間勝手だよね。俺もある程度執着されたほうが存在意義があるようで、、、
でも、執着されすぎると逃げ出したくなるし、、、。

つーことで最近壊れたパソコンとマグカップの新顔です。

2008_1020_121.jpg

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223