calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

days

という訳で、今シーズンの雪中訓練も、無事ケガなく終了。

5月までシーズンがある北海道だけど、さすがにそれは無理っす。

マテリアルをしっかりメンテナンスして、雪道を走破してくれた相棒「ディスコⅡ」にも。山々にも感謝しつつ、また来シーズン。

たくさん、学ばせてもらいました。

DSC06001.JPG
今シーズンラストは、キロロにて。

DSC06000.JPG
ニュースで知っている人も多いと思うけど、ここ最近、キロロにて遭難事故多発。今日も上空にはヘリが旋回していた。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

THE WATERBOYS 大特集 その4







20代のころ、「この音楽すきだなー」と思うと、かなりの確率でそれはアイルランド、又はスコットランドのものでした。ただし、その時点では伝統的なアイリッシュの音楽にのめり込むまでには至りませんでした。そんな折に、マイク・スコットがアイルランドはダブリン、ゴールウェイに渡り、88年に発表された「FISHERMAN’S BLUES」(邦題はついてませんが、漁師節ってところかな)は、物凄い衝撃でした。

そこから、のめり込みましたね。日本でもにわかアイリッシュブームみたいのもあったと思う。メアリー・ブラック、ドロレス・ケーンといった大御所が次々と来日。僕もほぼ全部観に行きました。ドロレス・ケーンのライブは確か原宿で、ゲストが山口 洋で、皮パンにグレッチをブチかましていたのだが、客層がなんというかそのー、お芸術鑑賞しに来ましたみたいな人が多くって、オイラもかなり面食らった記憶がある。

ほぼ同時期に、U2が「ヨシュア・ツリー」「RATTLE AND HUM」というアルバムで、「ロックンロールミュージック巡礼の旅」に出かけたのとはまた別のルートで掘り下げて行ったのが、この「FISHERMAN’S BLUES」だと思います。

一番上は、その、タイトル曲。

真ん中の映像はアルバムの中で唯一ロッキンなナンバーだけど、マイク・スコット特有の張り詰めた緊張感とトラッドとの融合が素晴らしくスリリング。

最後はアイルランドの詩人、W・Bイエッーツの詩に曲を付けたもの。この曲が一番好き。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

という訳で、雪中訓練も終盤。

先日の低気圧でかなりの降雪はあったものの、その後の暖気と、微妙な寒気で、雪はメチャクチャ滑りずらい。

トップはガスって、他のエリアにはアクセスできず。

DSC05987 (640x480).jpg
雪崩危険度もmax状態なので、空いているゲートは僅か。

DSC05988 (640x480).jpg
さすがにこのコンディションでゲートを出るのは、変わりもんの突撃隊のみ。

DSC05990 (640x480).jpg
雪はたんまりあるのだが。

DSC05993 (640x480).jpg
遠くに見える、通称「モイワボウル」は亀裂だらけ。雪崩危険度max。

DSC05991 (640x480).jpg
森の谷底から、何やら不気味な雄叫びが聞こえて来たと思ったら、外国人のケガ人の声だった。
相当ダメージ受けていそう。

今の人達は知らんと思うけど、オイラがガキの頃、オッサン達に口が酸っぱくなるほど言われた言葉、「ケガと弁当自分持ち」。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

今日という日は、4年経とうが5年経とうが、毎年やって来るのですね。

でも、考えてみれば、10年前の某月某日、某所で起こっていても不思議ではなかったし、数年後の某月某日、某所で起こることもあるということですね。

つまり、毎日が今日であり、今日という日が毎日だってことなのかもしれません。

ならば、今日という日を強く刻むことも大切ですが、これからの毎日毎日を例え1ミリでも刻むことも大切ですね。

みんな、それぞれの半径5㍍を生きること、それぞれの死活問題をクリアすることで精一杯の毎日かもしれませんが、少しでもこの世界に何が出来るのか?例え1ミリでも、毎日それを刻んでいきたいと思います。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

THE WATERBOYS 大特集 その3

雪中訓練、地元編。

シーズン後半にして、初地元。

DSC05985 (640x480).jpg
天気はピーカンで、景色は最高なんだけど。

DSC05986 (640x480).jpg
距離は長いが、斜度がないということで、ひたすら練習。

で、本日の、THE WATERBOYS特集。

大傑作にして代表作「THIS IS THE SEA」から遡って、83年の1st、84年の2ndアルバムから。初期2作は、「THIS IS THE SEA」を生み出すための助走的な感じ。この2枚での助走距離、スピード、深み、高みを極めてたのが「THIS IS THE SEA」という訳です。

割と最近の映像から。マイク・スコットのギター、決して上手くはないけど、本当に感情というか心臓からシールド出てるんちゃうん?みたいな感じで、高揚しマックス。


1stから代表曲、83年の映像。これも擦り切れるまで観た。


2ndアルバムのタイトル「A PAGAN PLACE」の邦題は「異教徒の大地」。


この当時、彼らの音楽は「BIG MUSIC」と呼ばれていた。聴けばわかるでよ。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223