calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

days

雪中訓練、富良野遠征より無事帰還。

何と、高校3年生以来、30年ぶり。

毎年重要なレースがあったので、小学4年生から毎年行ってはいたのだが、さすがに30年の月日は浦島太郎状態でした。

にしても、大寒波に合わせての極寒地富良野、片道8時間の冬道はシビレました。


DSC05921.JPG
ザッツ・北海道な道中。

DSC05926.JPG
さすがに冬眠してるだろ。

DSC05927.JPG
三笠から桂沢湖の激しい峠を越えて富良野入り。

DSC05928.JPG
遠い。

DSC05930.JPG
朝6時、冷え込みが厳しく、街は雲海に包まれる。

DSC05953.JPG
8:30の始発、101人乗りのロープウェイに乗り込み出勤。

DSC05937.JPG
富良野名物「プレミアムゾーン」、通称「熊落とし」。

DSC05938.JPG
見れば分かりますちゅーくらいの、デンジャーゾーン。

DSC05971.JPG
その稜線。

DSC05973.JPG
北海道のへそ、富良野の街一望。

DSC05964.JPG
無事生還。

DSC05945.JPG
夜の街へ。

DSC05948.JPG
小路は昭和の香りぷんぷんで、いい感じ。

DSC05949.JPG
夜の街をパトロール。

DSC05955.JPG
宿からは、ザッツ・富良野な風景。

DSC05954.JPG
今回もよく走ってくれました。

DSC05962.JPG
ありがとー富良野、また来るよ。

RIKUO Live at 「伝承ホール」発売記念ツアー ライブ情報



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

メンテナンス中

目の前に色んなことがてんこ盛り。

とてもじゃないが咀嚼不能。

なので、もろもろメンテナンス中。

来週からの富良野遠征に向けてこちらもメンテナンス。

DSC05920.JPG

左から、made in オースリア、made in ジャーマニー、made in フランス、made in オーストリア。

考えてみれば、なんとスキー歴46年。ほんと、奥が深いというか、終わりがないというか。

RIKUO Live at 「伝承ホール」発売記念ツアー ライブ情報



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

高村副総裁の弁。

「後藤さんが3度にわたる日本政府の警告にもかかわらず、テロリストの支配地域に入ったということは、どんなに使命感が高かったとしても蛮勇と言わざるをえない。個人で責任を取りえないこともあることを肝に銘じてほしい」

ここにきて、殺された人の非難かよ。

あのなー、個人で責任を負えない部分の責任を負うのが国とか政府とか公的機関なんじゃねーのか?

アンタのロジックじゃ、生活保護も社会保障も公的扶助も、国は知りませんと言っているのと同じだよ。まっ、実際今の政府はそう言っているのと同じだけどね。

あんたらの仕事ってなんだよ。クソが。

あんたらだって、本当は分かっているんだろ?本当の意味でテロに屈しなかったのは後藤さんだってことを。

圧倒的支持を得て再選した安倍内閣。

選んだのは俺らで、こういうニンゲンを生み出しているのも俺ら。

例え反対票を投じ、奴らに一票投じていなかったとしても、誰もが無実ではない。

真っ当な怒りさえも隅に追いやってしまったなら、オレもアンタも同罪だ。

さあ、さっさと終わらせて、さっさと始めようぜ。


本当の意味で勇ましい言葉や態度っていうのはこういうことだよ、オレにとっては。
誤解してもらっちゃ困るが、彼らはヒーローでも何でもなく、ただのダブリンの田舎もんの少年で、つまりオレらと同じ地平にいるってことさ。

RIKUO Live at 「伝承ホール」発売記念ツアー ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

どうにもこうにも、心がワサワサするという日がある。

一昨日は、まさしくそういう日で、そういう日に限ってやるべきミッションがあったりする。

憎しみからは何も生まれない。その言葉に異論はない。ささやかな経験から、それはそう思う。

しかし、大切な人が、突然誰かに命を奪われたという当事者の経験はなく、憎しみや怒りが芽生えないという確信が持てない。

国家の威厳のために、テロとの戦い、屈しないという勇ましい言葉が躍る。

安倍某の涙の意味が分からない。

大切な人が、突然誰かに命が奪われないよう、憎しみや怒りが芽生えないよう、そんな世界にするために、今、一人のニンゲンに何が出来るのか?

こんな時に音楽は有効か?ライブをやるべきか?なんて議論はいらない。

とりあえず、今日そこにいる人々と、可能な限りいいヴァイブレーションを生み出すために全力を尽くす。

近藤智洋は、昨年とはまるで違う進化を、2年ぶりの高橋研さんはよりシンプルにより力強く深化していた。

オーディエンスは、総立ちで笑顔になっていた。

それでいい。

研さん、近藤さん、集まってくれたみなさん、ありがとー。



DSC05857.JPG

DSC05874.JPG

DSC05918.JPG

RIKUO Live at 「伝承ホール」発売記念ツアー ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

明日は、今年初のライブでござりまするよ。

僕らは出来るだけ、音楽ファンとかマニアとか呼ばれる人達ではなく、広く様々な方に足を運んでもらいたいといつも思っております。

明日の会場「ククム」は、ロケーションも素晴らしく、何より食べ物が本当に美味しいのです。本当に美味しいんだよ。全部が。

ライブって行ってみたいけど、知らなし、何か敷居が、、、なんて思っている方は、普段はやっていない特別な「ククムの夜営業」に美味しいごはんを食べに来るつもりでどうぞ。傍らには極上の音楽もありまっせー、みたない感じ。

若干、当日券も出せそうなので、是非にー。

高橋 研&近藤智洋“ふたつの風、ふたつの唄〜白い大地編〜” ライブ情報

RIKUO Live at 「伝承ホール」発売記念ツアー ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223