calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

「MY LIFE IS MY MESSAGE 2014」@函館 Passion&Action for FUTURE!

たぶん僕の場合、すべての原動力は、ある種の「危機感」や「切迫感」や「使命感」みたいなものだったりする。良くも悪くも。

そもそも、自らの中に宿していない気分やムードだけの「危機感」、「切迫感」、「使命感」など続くはずもない。だから続けていくことは難しい。

決して誰かのために割く時間とお金と精神的余裕があるわけではない。いくつもの言い訳を作り、もっともらしく「自分の半径5㍍」を美しくすることに終始することで得られる居心地の良さ、そして悪さ。

世の中には他人事では済まされないことがあり、それが僕なりの「危機感」や「切迫感」や「使命感」になっている。性分と言えばそれまで。

これまで続けてきたライブシリーズも、僕なりの「危機感」、「切迫感」、「使命感」が背中を押している。単に「好き」とか安易な「リスペクト」という言葉では済まされなものが、たぶん僕の中にはある。

僕らのライブシリーズ、通称「無限会社 荒地音楽出版」にかかわる連中。言ってしまえば、音楽とかロックとかに精通しているニンゲンはほぼ皆無だ。自らの仕事の中で、同じく「危機感」や「切迫感」や「使命感」を抱えた者が、それを「音楽」という場所にフォーカスした時に、その現状は決して「他人事」ではなかったのだ。だから、無償で汗を流し、続けられる。

「危機感」や「切迫感」や「使命感」を超えたところにある景色が何なのか?それは続けることでしか見えてこない。

昨年、頓挫した企画。たくさんのニンゲンがかかわり、そして通り過ぎて行った。その人々言動に相当凹んだけど、僕の中の「危機感」や「切迫感」や「使命感」が枯渇したわけではない。諦めず温めて来て、形を変えて実現する。準備が出来ていれば、その時は必ず向こうからやってくるのだ。

あとは背中と態度で、それが何なのかを見せるだけ。

というわけで、本日解禁の下記ライブ情報です。

明後日の近藤智洋、3月のタテタカコともども、よろしくです。

サブタイトルの「Passion&Action」for FUTURE!って言葉を生み落すだけでもかなり迷走したけど、でもそのまんますよ。

チケット予約など詳しくは「link」にある「MY LIFE IS MY MESSAGE」、「HEATWAVE」、「仲井戸CHABO麗市」のサイトから覗いてみてください。

どーぞ、よろしくー。

山口洋(HEATWAVE)×仲井戸"CHABO"麗市
MY LIFE IS MY MESSAGE 2014 Passion&Action for Future!
2014年6月29日(日)
函館:金森ホール
開場15:30/開演17:00
前売 ¥6000( 全自由席入場整理番号付 ロックンロールプレート食事付)
備考:ドリンクはCash on deliveryで、当日券は¥500アップ

主   催:無限会社 荒地音楽出版
企   画:MY LIFE IS MY MESSAGE
制   作:セブンス・マザー
特別 協賛:金森赤レンガ倉庫 金森ホール

近藤 智洋 ライブ情報

「タテタカコ ライブ情報」

「山口 洋(HEATWAVE)×仲井戸CHABO麗市 MY LIFE IS MY MESSAGE」
Passion&Action for FUTURE! ライブ情報

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

さて、今週末は今年最初のライブ。

数えて25回目だとか。

良くも悪くも、音楽がよりカジュアルに身近になったことで、その反面、何が本物で何がそうでないのか、見えにくくなってきていると思う。野菜も然り、ほぼ全てにおいて。

続けていくことでしか見えてこないものがある。そして、続けていくことでしか起こりえないこともある。

物事を必要以上に劇的に捉える必要はない。ただ、特別な「何か」や「ミラクル」は、そうして続けていくことでしか自らの手に手繰り寄せることはできない。

近藤智洋の「今」を象徴する「独白のブルーズ」という曲は、函館で生まれた。

来月のタテタカコのライブは、函館でライブ録音されたCDを引っさげて来てくれる。

小さなことだけど、関わってきた者としては、本当にうれしいことだ。

近日中にはアナウンスできると思うけど、昨年頓挫してひどく疲弊した企画が形を変えて(つーか本来の形かな?)実現する。

自称「音楽好き」とか「ロック好き」という人達に、ことごとく失望してきたのは、そこに「passion」も「action」も見ることが出来なかったから。

いつも言ってるけど、僕らオーディエンスにだって、功と罪はあることを忘れてはいけない。

僕らが企画するライブは、いつもその問いを投げかけ続けていきたい、そう思っている。

近藤 智洋 ライブ情報

「タテタカコ ライブ情報」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

ご無沙汰してます。

ひとつの仕事に区切りをつけて、雪山へ逃亡してました。

今回も、僕を待っていてくれたニセコは快晴。

DSC05325.JPG
ザ、羊蹄山。

DSC05324.JPG
ゴンドラなう。

DSC05326.JPG

DSC05327.JPG
いいネーミングのゲートやね。

近藤 智洋 ライブ情報

「タテタカコ ライブ情報」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

毎日いい感じに冷え込んで降ってはいるものの、一転して雪山から雑務三昧の日々。

メシ、排泄、睡眠を何とか確保する毎日。しかも、畑とは直接なんのカンケーもない雑務だらけ。

しかし、誰かの情熱に突き動かされて動き回るちゅーのは、僕にとっては一番大切なことなのです。結果、それが作物に反映されるのですよ。本当に。

でも、さすがにこんだけいいコンディションなのに雪山に行けないのは拷問です。

明日から久しぶりに雪山へ逃亡、頭、すっからかんにしてきます。

DSC05322.JPG
今年新調したブーツ、すこぶる快適、ノーストレス。

近藤 智洋 ライブ情報

「タテタカコ ライブ情報」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

2月

2月だよ。早っ。

しばし、雪山から離れて、今年の営農計画その他諸々の季節。

毎年リセット、そしてゼロから。

どんだけ収穫できるのか、どんだけ売れるのか、本当に毎年わからない。

毎年、ギャンブルしているみたいな感じ。

だからやれることは全部やる。

種をまき、苗を育て、何もない畑にデッサンしていくように植えつける。すべての収穫を終え、また白紙に戻す。

多分、何度やっても答えがないから続けられるのだと思う。

*ライブシリーズも、下記に二つに加えてジャンジャン決まりつつあるよー。昨年、おじゃんとなったスペシャル企画も進行中、必ず実現するよ。まずは、唯一、真冬に来てくれる奇特な男、近藤智洋からー。よろしくねー。



近藤 智洋 ライブ情報

「タテタカコ ライブ情報」

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223