calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

days

前にも記したかもしれないけど、かつての僕は3流アスリート。

分かりやすくプロ野球に例えるなら、消化試合のリリーフピッチャー、しかも万年2軍のBクラスみたいな。

大学卒業と同時に一旦は身を引き、色々あって30歳目前にしてまた復帰した。

3年ほどそれで細々と生計を立て、今度こそ本当に身を引いた。

それからスコップ1本で開墾をはじめ、全く無縁な生活を送ってきて、雪山には何の未練も縁もなかった。

ところが昨年、敬愛するミュージシャンの「アニキ」から、山へ行こうぜーとの誘いを受けて、15年ぶり位に雪山へ連行された。

敬愛するミュージシャンの「アニキ」が、スキーにハマっていった経緯は断片的には知っていたけれど、また雪山に引き戻してくれたのが彼だった。「life」は時に不思議かつ必然で、然るべきタイミングで然るべき時にやってくる。

昔のように、誰よりも早く上手く滑ることを目標として、それをタイムや得点という客観的な指標で評価されることは、もうない。

かつての「スキル」という貯金は、加齢というどうにも抗えないやつによって完全に食い尽くされているのだが、それでも今は今で、もっと上手くなりたいと思う。つーか、上手くなることが目標ではなく、ちゃんとしたスキルを持ってフィールドに出なければ、それは山をナメているということと一緒。

それにしても、スキーというやつは金がかかる。ざっと、用具を揃えるだけでも、板とビンディングで10万、ブーツで7万、ウェアで9万、グローブ、ゴーグル、帽子、ヘルメット、ザック、ストックで8万、インナーウエアで4万、それにワックスだのバックカントリーに行くためのギアやら何やらで、ざっと40万強。嗚呼。

さらに、その元を取ろうと思って行けば行くほど、交通費だリフト代だ宿泊費だと費用はバカにならない。

しかし、道具も含めてそれをケチるのはスカン。

雪山の怖さを身をもって知っているニンゲンとして、ナメたマテリアルで行くということは、ある意味自然に対する冒涜なのだと思っている。畑も一緒で、金をかけずにいいものを作ろうということが、時に自らのエクスキューズにすり替わることもある。つーか、あった。

スピード、スリル、コントロール、翻弄、勇気、撤退する勇気、玉砕、調和、快感、エトセトラ。

得られるものは、目には見えない形のないものばかりだが、これほど肉体と五感と精神と自然が釈然一体となって感じられるものはない。

一度のライディングで、自分の満足のいくターンを描けるのは、1回か2回。つまり、スキーはほとんどの場合、失敗とリカバリーの連続だ。まるで誰かの「life」のように。

ただひたすら、自分の気持ちよさだけを求めるためだけに、金も時間も労力も使うのっていうのは、そう悪くはない。


みんないい顔してるつーか、いい顔にならなきゃおかしい。

来週は、第2次強化合宿inニセコ。その矢先に本日このニュース。ナメてかからんようにしよう。

ニセコで雪崩 3人巻き込まれけが(NHK)
1月16日 12時48分


16日昼前、北海道ニセコ町の山で雪崩が発生し、スキーをしていた男女3人が巻き込まれました。
3人はおよそ4時間後に救助されましたが、手や足にけがをして病院で手当を受けています。

16日午前11時ごろ、北海道ニセコ町にある標高1308メートルのニセコアンヌプリの山頂付近で雪崩が発生し、スキーをしていたフランス人とみられる男女と日本人ガイドの男性の合わせて3人が巻き込まれました。
3人は近くのスキー場のパトロール隊などによっておよそ4時間後に救助されましたが、警察によりますと、手や足を打つけがをして病院で手当を受けています。
気象台によりますと、当時、ニセコ町には雪崩注意報が出されていて、前日までに降り積もった雪の表面が崩れる表層雪崩が起きやすい状況だったということです。
ニセコアンヌプリには4つのスキー場がありますが、雪崩が起きたのはこれらのスキー場のコースではない斜面だということで、警察は当時の詳しい状況を調べています。


近藤 智洋 ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

毎日、何かに憑りつかれたように、夕暮れまでアホみたいに滑ってます。

1日が終わると、ものすごい疲労感。スキーってこんなに疲れるんだっけ?

3日滑って1日休む。今のところ、このペースがいい。というか、これ以上は無理。

さあ、来週はまたニセコにて第二次強化合宿。コンディションは上々だ。

DSC05272.JPG

DSC05273.JPG

DSC05274.JPG

DSC05275.JPG

今日は久しぶりに晴れていた。でも、トップはマイナス15度だったけど。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

毎日、いい感じに降っております。

今朝も、起きたらどっさりと。

近くの山へ基本練習でも、と思って行ったら何故かガラガラ。

きれいにパックされたグルームバーンを見たら、俄然ロッキンな気分になって、ガンガン飛ばす。

スポーツでもなく、レジャーでもなく、趣味でもなく、健康作りの為でもなく、ましてや気分転換や、ストレス解消でもなく。

何だろうねー、この感覚。

ストレッチして、ウィスキー飲んで、明日に備えて就寝なり。

DSC05271.JPG

近藤 智洋 ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

雪中訓練強化合宿も、ケガなく無事終了。

今週は、地元のスキー場で基本練習をして、来週はまた第二次強化合宿in ニセコ。

色んな意味で強化されるよ、本当に。

だいぶ感覚が戻ってきたけど、かつてのパフォーマンスを追い求めようとすると、命の危険があるので、そこだけはセーブしている。

しかし、パウダー用の板があれば、さらに理想のライディングに近づけると思うのだが、、。

来週の強化合宿では、よーく吟味してレンタルしてみよう。


オイラも、同じpeak performanceのウェアを身にまとっているので、その名に恥じないようにがんばろ。今年47やけど。


近藤 智洋 ライブ情報

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ニセコにて、その2。

引き続き、雪中訓練強化合宿、ニセコ編。

DSC05260.JPG
宿にて、羊蹄山の隙間から昇る朝日。

DSC05261.JPG
そして、アンヌプリのトップが見えたー。いざ突撃。

DSC05266.JPG
この時期としては珍しく、お天気サイコー。極寒やけど。


DSC05269.JPG

DSC05268.JPG

そしてまた、アドレナリン大放出の「G8」。

DSC05263.JPG
トナカイに遭遇、滑りながら撮影。

近藤 智洋 ライブ情報











comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223