calendar
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

days

明日、明後日は出張販売です。

詳しくはnews、scheduleのページ参照して下さい。

よろしくどーぞ。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

出張販売のお知らせ

詳細は後日アナウンスいたしますが、今週の土日は出張販売に出かけます。

土曜日は、本町のホテル「SIENA」の1Fに新しく出来た「十二ヶ月」というお店。こちらは、いつもお世話になっている元町「工芸舎」の姉妹店です。隣にローソンがあって、その裏に駐車場もありますので、是非どうぞ。元町「工芸舎」同様、キルトや器など、長く使える良質な商品が並んでいます。

日曜日、こちらは昨年から継続している根崎町のcafe+B&B「ククム」にて。もはやここのご飯、ドリンク、スイーツの旨さは説明の必要なし。行った事ないって?行ってみて、つーか日曜日来てみて食ってみんしゃい。そのクオリティーと有得ないコストパフォーマンスに何が詰め込まれているのか?是非、食って感じてもらえれば。

web 通販と宅配のアナウンスはもうちょっと待ってね。今年も怒涛の勢いで作物が生長してます。つーか、雑草もだけど。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

「事故の原因も究明されていない中での再稼働なんて有り得ない」とは、新潟県知事の弁。

んー、確かにそれは有得ない、とは思う。

でも、事故原因を究明したら、それは何処に辿り着きますか?

「事故の原因?」「自己の原因?」「自公の原因?」。

みなさんは原因が何だとしたら納得できますか?

津波ですか?地震ですか?天災ですか?人災ですか?耐震構造ですか?防潮堤の高さですか?危機管理ですか?ハザードマップですか?東電の根本的体質ですか?日本の高度経済成長には、仕方がなかったことですか?所謂、世界を牛耳る闇の組織ですか?

自分ではないどこかに原因があるといいなーとは思う。原因は「あなたです」と言われたら僕も嫌ですし、えっ俺が原因っすか?って思うよ、フツー。

でもさー、
もう事故の原因は明らかではないのかと思うのです。自分ではない何処かに原因があれば、そんな都合のいいことはありませんが、自分と世界がどう繋がっているのかって考えた時に、事故の原因は一人一人の「心」の中にあるとは思いませんか?事故調が犯人捜しのようなことをしても、何にもなりませんし、責任の所在を明らかにしたころで、責任なんて取るはずもないのです。何故なら、このような原発利権構造に「何となく、ちゃっかり」みんなで乗っかってきた挙句、「何だか危なそうだけど、日本なら大丈夫だろー」という他人事プラス無自覚に恩恵を受けてきた、僕ら一人一人の「心」がそれを生んでしまっているからで、誰も責任を取らないような社会を生み出しているのは、紛れもなく僕ら一人一人の「心」だからだと思うのです。責任があるとすれば、僕ら一人一人にある、そう認識できなければ、未来なんてどこから勝手にはやってこないと思うのです。

話は逸れるけど、僕は自分のライフワークとして仲間達と共にずっーとしつこくライブシリーズ企画しています。よく聞かれる言葉として、「函館は誰も来ない」「来ても客が入らない」「所詮、田舎」エトセトラ。だから、なんだ?って思うのです。イベンター任せだったり、何処かの主催者に期待したり、ただ願っているだけで、何が変わるのでしょう?よく「頑張って下さい、期待してますんで」みたないことを言われますが、いつもピンとこないのです。オーディエンスもイベンターも、会場のハコも、音響会社も、主催者も、立場なんてどーでもいいのです。音楽を本当にリスペクトしているというならば、どんな立場であれ、自分が出来ることは無限、不可能なんてないのです。

「私は何十年も前から反対運動をしている」という人もいれば、「私は募金程度しかしていないし」という人もいました。どちらが正しい訳でも間違っている訳でもありません。僕も何をしてきたのかと言われれば、言葉に詰まります。意味もなく自分を追い詰めて罪悪感に苛まれる必要はありませんが、誰もが無実ではないということを心に持たなければならない、そこから始めるしかないと思いませんか?彼らが躍起になって事故原因を究明したり、犯人捜しをしようとしているのは、自分ではない何処かにその原因を作ろうとしているようにしか思えないのです。そして僕たち一人一人もまた、それぞれの心の中にあるはずの「事故原因」から目を背け、逃げているだけかもしれません。恐ろしく早いスピードで世の中が何もなかったかのような風潮になっているというならば、それを作り出しているのも僕たち一人一人だと思うのです。

そう考えると、被災してようが、してまいが、福島県人であろうが道産子だろうが、大間の住民であろうが函館市民であろうが、反対活動をしてようが、募金しかしてなかろうが、そんなものは何も関係ないと思うのです。どこにいようが、どんな立場であろうが、一人一人の「心」の向かう先に、あるべき「未来」があるだけだと思うのです。

自分に出来ることはこれしかないと言うのは、ストレスを抱え込まないで出来る一番安易な落としどころの言い訳にしかなっていませんか?少なくても僕は、「オマエの心の何処か隅っこのほうに、その言い訳を用意してはいないか?」ということを常に突きつけられてきました。色んな人から、或いは自問自答の中から。今も迷いと葛藤の狭間で、振り幅激しく自分自身に翻弄され続けています。

「日本は世界有数の地震国です」
「格納容器の真下に活断層の可能性があります」
「使用済み核燃料の行き場は何処にもありません」
「原子力は実は高コストです」
「原発ゼロでも電気は足ります」

どうしてなのかはわかりませんが、もはやこのような言葉を並べられても、僕の「心」は何も響かなくなってしまいました。逆に言うと、このような言葉を持ってしても、未だ再稼動しようという人達の「心」に触れて疲れてしまっているのかもしれません。

同じように疲れたニンゲン達の多くが、やがて「自分に出来ること」に辿り着き、いつしか「自分の事」だけに夢中になって行く様を、嫌と言うほど目撃してきました。

答えなんてわかりません。僕には僕の、人それぞれにやり方はあるはずです。ただ僕は、毎日いろんなニンゲンと交差していく中で、誰の指図も受けずに「首尾徹底自分がルール」という譲れない部分を持って、「自分に出来ること」や「自分の事」に夢中になっています。その反面、「誰かに巻き込まれ、振り回され、翻弄され、問い質されることから逃げない」という一見相反することに向かい合うことで、とても大きな意味があると、実感としてそう思っています。相当、ストレスもかかりますけど。僕にとっての他者との会話・対話というのは、ある意味そういうことなのかもしれません。

人から「面倒くさい人だ」と言われ続けるのは、そんなところに起因するのかもしれないけど、でも、世の中面倒くさい事だらけじゃないですか。その面倒くさいことに向かい合おうとすれば、自ずと面倒くさくなるのは当たり前だと思うんすよ。だからこそ、色んなものをくぐり抜けて、よりシンプルに、本質ってなんだろうと考え、そこに立ち返りたいだけ。人それぞれ、これは僕の資質だからしゃーないのです。

若者から「もっと肩の力を抜いて、物事をややこしくしないで、楽しくできないんすか?」みたいに言われても、しょうがないっす、資質なんだからとしか言えないんすよ。別に肩の力を入れたくて入れてるわけでもないし、わざと楽しむ過程を避けてややこしくしてるなんてこともない。がむしゃらに、ウリャーとやれば、楽しみは結果としてもたらされるギフトみたいなもんだと、経験上そう思うだけで。

春くらいのことだけど、とあるニンゲンが、「キミたちの主体性の無さや言いたいことを言わないのは、まさしく今のリアルジャパンそのものだよ」と、僕らに言って去っていきました。もちろん、沢山の経緯の中で、前後の話の脈略の中で出てきた言葉なのですが。

僕は、今の世の中には「逆説」があまりに欠如しているのでは?と日々感じます。発する側も受け取る側も。そして、言葉尻だけ捉えるのではなく、その言葉の真意を主体的且つ客観的に深く考える必要性があるとも思っている。

その言葉を発したニンゲンの「言いたいことを言え」というメッセージは、つまりは逆説的に捉えると、「口を慎め」ということであり、「言った以上は言葉に責任を持て」、「外野席で自分の手を汚さない意見は意見とは言わない」、というふうに僕は受け取りました。6,7名のニンゲンがいただろうから、他の人はどう受け取ったのか知らんけど。

発したニンゲンに言葉の真意を確認することも出来るけど、そんなことはどうでもいいことです。要はそれを受けた自分が、勝手にそれぞれどう解釈してどう応えるのか?大事なのはそれだけです。

ニセコでアニキ二人から口が酸っぱくなるほど言われた「オマエの志は何処を向いているのか?」という問いかけは、本当に日々僕に重くのしかかっています。でも、決して重苦しくはないのです。

僕の中にある境をどんどん消して、無限に広がる荒野に路が出来ていく、そんな景色を見せてくれるのです。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

札幌にて

今年初の出張販売、at札幌「秀岳荘」camper's marche。足を運んでくれた皆さん、どーもありがとーです。僕が留守の間、直売所のほうにも足を運んでくれた皆さんも沢山いたようで、こちらも感謝max。

で、初の札幌。完全「アウェイ」の状態で、初日は1本のシュートも決められず、撃沈。もはや俺には成す術がなかったのだが、信頼のおける隊長こと「オーガニックケルプ」吉川隊長が、そんな状況を素早く察して、自分のところの商品は後回しにして、自ら怒涛のドリブルで猛進し、何本ものシュートを決めてくれる。お陰で、持って行った野菜は、ほぼ完売した。

いやー、改めて隊長の人脈、そして行動で示す思いやりに頭が下がります。さて、僕はどうやって彼の行動に返したらいいのだろう?

自分の現場で頑張るだけ?いや、決してそうじゃないことは、彼が身を持って教えてくれた。

003 (3).jpg
蘭越町付近、爆走中。羊蹄山は、まだ残雪あり。

004.jpg
ニセコ付近、爆走中。また、冬に来るぜー。

005.jpg
秀岳荘にて、テントの展示中。今のテントは凄い。つーか、秀岳荘の品揃え、ハンパないっす。

006.jpg

007.jpg
camper's marcheなう。新たな出会いも沢山ありました。行って見なければわからない事、多数。お世話になった皆さん、どーもありがとー。

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

出張販売、始まるよー。

明日、明後日は、今年初の出張販売、札幌編です。

「camper's marche」と題して、極上のキャンプギアの展示と、どうせキャンプするなら北海道の食材でダッチオーブンとか使って楽しみませんか?という催しです。道内各地から面白い商品が集まりそうですよ。お近くの人は是非遊びに来て下さい。

明日は収穫して、選別して、車に搬入してだから、3:00起きの6:00出発かな?昨夜は後輩と飲み過ぎたので、今夜は控えめにしとこ。

ダイコン、カブ、サニーレタス各種、エンダイブ、生ニンニク、ルッコラ、バジル、スナックインゲンなど、種類は少ないけど、新鮮なものを持って行くのでよろしくです。

直売所のほうは、3連休も当社婦人部が切り盛りしてますので、こちらも是非遊びに来て下さい。

会場の「秀岳荘」はキャンプギアのみならず、スキー関係もかなり充実しているようなので、今シーズンのマテリアルチッェックもしてきます。楽しみだー。


campersmarche-vol.3.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223