calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201607 (2) 201606 (13) 201605 (7) 201604 (6) 201603 (7) 201602 (6) 201601 (11) 201512 (4) 201511 (6) 201510 (14) 201509 (9) 201508 (8) 201507 (15) 201506 (6) 201505 (11) 201504 (4) 201503 (9) 201502 (6) 201501 (12) 201412 (10) 201411 (9) 201410 (16) 201409 (14) 201408 (14) 201407 (15) 201406 (9) 201405 (6) 201404 (5) 201403 (10) 201402 (6) 201401 (12) 201312 (10) 201311 (10) 201310 (13) 201309 (13) 201308 (15) 201307 (16) 201306 (11) 201305 (13) 201304 (9) 201303 (11) 201302 (9) 201301 (10) 201212 (14) 201211 (13) 201210 (15) 201209 (11) 201208 (13) 201207 (9) 201206 (11) 201205 (11) 201204 (8) 201203 (9) 201202 (8) 201201 (9) 201112 (13) 201111 (10) 201110 (13) 201109 (16) 201108 (19) 201107 (16) 201106 (16) 201105 (13) 201104 (16) 201103 (16) 201102 (14) 201101 (16) 201012 (16) 201011 (15) 201010 (13) 201009 (22) 201008 (22) 201007 (14) 201006 (13) 201005 (16) 201004 (15) 201003 (15) 201002 (12) 201001 (14) 200912 (13) 200911 (14) 200910 (16) 200909 (17) 200908 (18) 200907 (13) 200906 (9) 200905 (11) 200904 (10) 200903 (12) 200902 (9) 200901 (11) 200812 (11) 200811 (12) 200810 (14) 200809 (7)
tags
雑記 (961) 音楽 (228) (117) イベント (105) ニュース (80) 薪ストーブ (10) (1)
others
admin
search this site.

コタロウ、2years

コタロウが我が家に来て、今日で2年。

2年前も、今日みたいにとても暑い日だったなー。

コタロウが我が家に来たいきさつは、去年の今頃ここで書いたような気がするので割愛。

それからというもの、我が家の生活はある意味一変した。

僕のコタロウに対する接し方に関しては、大変ご批判が多く、一度でもその溺愛ぶりを目撃した方々は、ほぼ例外なくこの世の終わりかのような反応を示します。

だからどうってことはありません。

僕はコタロウが我が家に来てくれて、本当に色んなことを教えてもらってるし、ただただ無償に可愛いだけで、溺愛と言われようが、この世の終わりであろうが、これからもたくさん楽しい時間を過ごしたいだけなのです。

これからも、野菜ともども、どーぞよろしく。

今週末の「tombolo」&「ククム」の出張販売にも、いつものように販売促進課課長として奮闘します。今週末の予定はnewsを参照してね。

001.JPG
今夜の御馳走。

003.JPG
溺愛、激愛。何か?

004.JPG
中年オス2匹、涼を求めたはずの裸の付き合いが、余計に暑苦しく。

「藤井一彦(THE GROOVERS)ライブ情報」

「THE GROOVERS official web site」

web shop 「季節のやさい箱」

「季節の野菜 delivery」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

残暑は続くなり

本日も配達&発送なり。

相変わらず小さなお子さんがいるお宅への配達が多い。

加えて、このクソ暑いのに、いくつかの飲食店のオーナー&シェフは、仕込みの時間の合間を縫って、足しげく畑まで野菜を求めてやってくる。何度も配達するよって言ってるのに、わざわざ自分の足で来る。頭が下がります。

ウチの野菜を継続して使い続けると言うのは、色んな意味で大変なこともあると思う。

だけど、彼らの思考はいたってシンプルだ。

何処かの店と差別化したいわけでもなく、有機野菜を全面に出すわけでもなく、ましてお付き合いや、しがない小作農への哀れみでもなく、僕の無意味に暑苦しい性格にひれ伏した訳でもなく。

僕らの間には、たぶん互いの仕事へのリスペクがあるだけで、それを行動として継続するという以外にないと、互いに思っているハズ。

無言のコミュニケーションで互いの信頼に応えるって、ありそうで、そうそうないんだよね。

昨日、ここで転載したキヨシローさんのコメントにもありました。
「わかってない奴らが実に多いこの世界で。俺とTHE GROOVERSはステージの上でわかり合えたりするんだよ。たった、笑顔ひとつでね。つまり、それがグルーヴってやつさ。」


*newsのページに藤井一彦(THE GROOVERS)ライブ情報をアップしておきました。覗いてみてね。

「藤井一彦(THE GROOVERS)ライブ情報」

「THE GROOVERS official web site」

web shop 「季節のやさい箱」

「季節の野菜 delivery」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

本日も酷暑なり

昨日お伝えした、いくつかのライブ。

取り急ぎ、確定したものからアナウンスしておきます。

まずは、10/14(日)藤井一彦(THE GROOVERS)です。

近日中にウチのサイトでも詳細を掲載いたしますが、オフィシャルサイトでは既に告知済みで予約も開始しております。

なんというか、そのー、やっと実現します。

僕が言えるのは日本最強のロックトリニティ、「モノホン」ですよ、というくらいで、まずは入り口として以前発売されたアルバムに寄せられたミュージシャンからのコメントを転載しておきます。

今井智子(音楽ライター)
 この3人でなければ出せない音がある。続けてこなければ生まれなかった曲がある。グルーヴァーズの作品には常に「この3人でなければ演れない曲」で満ちているが、『Modern Boogie Syndicate』は、ひとしおだ。
 やるせない現実が理想をどこかに吹き飛ばした、この時代のブギー。腰の据わったビートに乗って、上滑りの主張でなく確かな生き様が滲み出る。それは、ブルースも小さな命も同じように愛するロックンローラーが、自分の足で進み自分の目で未来を見ているから。
 いま聴きたいのは、こういうロックだったと、聴いたら納得するはずだ。

忌野清志郎
 THE GROOVERSがやって来た、軋んだ音が埃だらけの道をやって来る。またTHE GROOVERSがやって来たんだ。新しい歌を10曲ほど、ひっさげてあいつらが帰ってきた。とても素晴らしいことだ。すごいぞ、さすがTHE GROOVERS。グルーヴという言葉は、そうとうな自信が無くては使えない言葉だ。そうとうな実力者か物事がわかってないバカかどちらかしか使えない特別な単語なのだ。やってくれ、かまわないからいっちゃってくれ、お前ら3人はTHE GROOVERSなんだから。いいぜ、好きにやっちまえ。それでいいんだ。すべてはオーライだ。
 わかってない奴らが実に多いこの世界で。俺とTHE GROOVERSはステージの上でわかり合えたりするんだよ。たった、笑顔ひとつでね。つまり、それがグルーヴってやつさ。

岸田 繁(くるり)
THE GROOVERSが日本最強のロックバンドやっちゅうことくらい、みんな知ってるやろ?
藤井一彦が日本最強のギタリストやっちゅうことくらい、常識やろ?
でも、このモダンなブギーは、そんな生易しいもんとちゃう。
微塵の迷いもなく、でっかくてあったかいメロディー。それを突き放すかのような剃刀のようなブギー!!!
誰もTHE GROOVERSには追い付けやしない。

佐野元春
ハートランドからの手紙#187
THE GROOVERSの新譜が届いた。前作「SETZNA」の余韻が今だ残る中、さらに磨きのかかった続編を聴かせてもらったような本作。僕は好きだ。この時代に、したたかなデラシネであるために、彼らは正直であり自由な術を得た。聴き手との絆を誇らしくかざして活動を前進させるTHE GROOVERSは、僕の中で綿々と連なる勇者の群れの一角だ。進め、THE GROOVERS。リアル・ロックを体得している君なら、僕の言っていることはわかるだろう?

田中和将(GRAPEVINE)
前作の「SETZNA」と比べると、滋味のあふれる、大人の余裕が感じられる作品かもしれない。とは言え、ぶん殴られるようなアンサンブルは、車で聴いてると事故りそうになります。巷でよく「泣きのギター」とか「歌うギター」という様な言葉を耳にするが、一彦先生のギターは「語りかけるギター」だと思う。こんなギターは、モダン・ブルーズ以前のブルースマンからしか聴いたことが無い。乾いた風の中で、ふと横切るセンチメンタリズム。ロザリー、さらに、いつかライブで聴いて気になっていた乱気流ガール、この流れで何度も何度も涙を流しました。たまらん。

中島優美(GO!GO!7188/チリヌルヲワカ)
歴史に残るべきこの最高傑作で、奇跡的にも私の大好きなあの曲に参加できたことを幸運に思います。無駄のない研ぎ澄まされた音楽、そして、歌詞に、音に、歌声に三人の生き様が見えるのです。THE GROOVERSの音を聴くといつも音楽の素晴らしさと底知れない力を感じさせられます。



web shop 「季節のやさい箱」

「季節の野菜 delivery」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

本日も残暑なり

いやー、毎日暑いっす。

昨日、今日と出張販売に足を運んでくれた皆さん、暑い中ほんとうにありがとー。

とにかく今年は野菜がモーレツ過ぎて、毎日自分の事だけで精一杯。自分のキャパを思い知らされる毎日どす。

そして毎日自分の事だけで精一杯な自分が、モーレツに嫌になってきます。

いつまでもアホみたいに汗を流すことだけを美徳と勘違いしていてはいけない。

信頼のおけるニンゲンに任せるべきは任せ、ちゃんと効率とかも考えんと。

そんな中でも、僕が畑仕事以外に熱くなれるライブがいくつか決まりつつあります。

当たり前ですが、サクッとミュージシャンがやってきて、サクッとやって、サクッと終わる訳ではないのです。

当たり前ですが、僕一人でこの街でそれが成り立つあろうはずもなく、いつも地元の有志が一銭の儲けもなく、骨を折り、汗をかいて成り立つものです。

理由はただ一つ。音楽を最大限リスペクし、その無限の力と可能性を信じているからに他なりません。

詳細は後日発表いたしますが、それぞれに是非足を運んでみて下さい。

取り急ぎ、日程だけ。

10/6(金) 若いけど素晴らしいソングライテインングとメロディーメーカーです。初のソロ・ワンマン。心あるオーディエンスが若いミュージシャンを育てていくのです。ひとつ夜露死苦!

10/7(土)昨年に引き続き2度目。笑っちゃうような笑えない日々をシュールに、そしてやんわりとした毒で明日への希望に変えて見せてくれます。

10/14(日)やっと実現。日本が誇るモノホンのロッカーです。弾き語りをナメんといて下さい。観なくてどうすんの?

11/7(水)長のご無沙汰と言う訳ではないけれど、2年振り。ひたすら旅を続けるなかで生まれた新しい歌がたくさん聴けると思います。待たされました。

004.JPG
いつもの「tombolo」。じゃがいも4種です。

002.JPG
暑い中、園主になり代わり必死の笑顔で接客する販売促進課課長。

008.JPG
「工芸舎」はバザーも兼ねて店内で。

010.JPG
トマト地獄の日々。

016.JPG
とうもろこし、始まりました。

017.JPG
ヘロヘロになって家路に着いたら、「ククム」から差し入れ(涙)。親子そろって思いやりmaxな人達。いつもありがとー。

PS:web shop「季節のやさい箱」vol.4、予約開始しました。じゃがいもやとうもろこし、トマト地獄などなど入ります。よろしくワン。

web shop 「季節のやさい箱」

「季節の野菜 delivery」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

days

明日からの週末2日間は、元町「工芸舎」での出張販売です。両日ともバザーも開催されるようなので、色々と賑わうことでしょう。

明日土曜日の「tombolo」での出張販売もいつも通り行ないます。

つまり明日は、「工芸舎」と「tombolo」の2箇所で出張販売を行ないます。

お時間のある方は遊びに来てちょん。新じゃが、4種もありますワン。

詳しくはnewsのページを参照して下さい。

web shop 「季節のやさい箱」

「季節の野菜 delivery」

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223